書評(シングル)

【ブレスト会議にAIが緊急参戦!】「AIで楽しく発想強化する本」のレビュー

ai-burest

広告代理大手の博報堂と独立系SIerのTISのコラボで作られた最新のAIサービス「ブレストスパーク」

新しい企画の発想などを生み出すブレインストーミング(略してブレスト)を自動化するAIです。

そして今日本屋をウロウロしている時に、そのブレストスパークに関する本を見つけたので早速読んでみました!

結論から言うと、AIは私たちのかなり身近なところまで迫っています

「AIで楽しく発想強化する本」の内容

まずは本書「AIで楽しく発想強化する本」の内容をざっくりと紹介します。

ai-hassou-book

この本は、TISと博報堂コラボの開発されたブレストスパークというAIサービスを解説した内容となっています。(主に機能とか使い方について)

ただ、それだけでなく、なぜ、ブレインストーミングをAIで自動化するのか、とか、他にも会議を自動化するスマートスピーカーなどのAIを用いた新サービスが色々と紹介されており楽しいです。

 

以下で個人的に面白かった内容をいくつか紹介していきます。

なぜ、ブレインストーミングをAIで自動化する必要があるのか

ai-burestまずはなぜブレストをAIで自動化するのか?という理由について。

ブレストスパークが開発された根拠の部分ですね。

これは以下の2つの理由があります。

  • 混沌
  • 時短

それぞれ見ていきましょう。

混沌

まずはブレストスパークを開発した博報堂が掲げる以下のフレーズを見てみましょう。

混沌に至るまで激しく拡散しなければ、そのブレストは失敗である。

ブレストはとにかくアイデアを思いつく限り出して、その中からいいものを選ぶという手法ですが、ぶっちゃけ最初のうちはありきたりなしょうもないアイデアばかり出てきます。

そしてアイデアが出尽くしたあたりからジワジワ良いのが出る、というのがブレストの通例なんですが、しかし、人はどうしても最短ルートでゴールに向かおうとしてしまうので、混沌に至るまで激しくアイデアを拡散することが難しい

そこで、人間には出せないレベルの混沌とした大量作成するためにAIを導入する。

すると、AIには早く帰りたいとか、お腹減ったとか、そういうメンタルブロックはないので、無限にアイデアを出せます。

時短

続いてのメリットは時短です。

さっきも書きましたが、ブレストでいいアイデアが出てくるのってよくあるアイデアが出尽くしたあとなんですが、実際にブレストをやるとその頃にはもう疲れているし、時間もなくなっているので、じゃあ、この中から選びますか。。みたいになりがち。

これがAIを導入することで、この最初の消化試合みたいなめんどくさいだけの初期案出しステップは省略できて、たたき台ありの状態からスタートできる。

ので、自担が図れます!

ブレストスパークの機能!何を自動化できるのか?

という理由を踏まえた上で、ブレストスパークというAIを使うと何ができるのか、という話を紹介します。

具体的には以下の3つを行ってくれるそうです。

  • 最初の案出しを省略
  • マッピングまでしてくれる
  • 言葉同士を接着して面白い組み合わせをつくサービスもある

・・・もう全部じゃん!

と思うんですが、一応それぞれ見ると、一つ目はさっきも書いた内容で、案をたくさん出す場面

これを人間がやると、無意識に手を抜いたり、あるいは本気を出しすぎるとここで力尽きてしまうのでAIが代行してくれるのはいいですね。

そして、次は出てきた案のマッピング。

ブレストでは、案を出した後、出てきたアイデア同士をマッピングして分類するというステップがあるんですが、ここもブレストスパークが自動化してくれます。

さらにマッピングするだけでなく、言葉同士を組み合わせてフレーズ作製までしてくれるようで、「他人の頭で考える」機能というやつを使うと、J-pop、アニソン、演歌などの歌詞からフレーズを持ってくる「作詞頭」、ビジネスっぽい用語を用いるビジネス頭、生活感のあるフレーズを使う主婦頭など、好みのテイストを選択してAIが自動で作ってくれるとのこと。

・・・何それ強い!

実際、企画のブレストは最後にキャッチフレーズを決めたりして終わることも多いので、このフレーズ機能はゴールまで伸びてていい感じだなと思う。

これ使ったら、人間としては、このブレストスパークのAIが出してきたアイデアにダメ出ししつつ、ちょっと付け加えたりいいのを選んだりするだけで良いので超楽そう!

自身も会議に参加!ブレストを加速させるスマートスピーカー!

aori-smartspeakerブレストスパーク以外にも本書で面白いなと思ったのが、2020年発売予定だというスマートスピーカーの最新アイテム。

これは何をしてくれるのか、というとAI自身が会議の参加者となるという機能なんだそうです。

どういうことかというと、ブレスト会議を全記憶し、キーワード自動抽出をしてくれるなどはもちろんのこと、AI自身が音声を発してブレストに参加。

参加者が沈黙するとファシリテーターもしてくれるという。

「○○の視点から考えたらどうなるでしょうか?」とか言ってくれるんだそうです。

他にも、発言の少ない参加者へ「○○さんはどう思いますか?」と厳しい質問で詰めかけることもあるとのこと。

・・・ウゼェ笑、でも楽しそう!

(真面目な話でいうと、ボスとかに部下から意見出してくださいよ!とは言いづらいのでAIが言いにくいこと言ってくれるのは良さげ!)

終わりに

そんな感じで、結構切り口が面白い本となっています。

AIが意外と身近なところまで来ているんだなというのを感じられる1冊でした。

ブレストを効率化したい人や、会議の議事録取るのめんどくさい人などはぜひブレストスパークを導入してみてはいかがでしょうか。

無料体験版もあるみたいです。

ではまた。良い読書ライフを!

madanai-gijyutu-kaseguhouhou
新刊本レビュー「まだない仕事で稼ぐ方法」AIと仲良しドラえもんを目指せ!「まだない仕事で稼ぐ方法」という斬新なタイトルの本についてレビューしていきます。 かなり斬新なタイトルですが、内容は割としっかりし...
yayoi-ai-power
【業界第1位の実力!】会計ソフト弥生のAI力がすごい件について【確定申告セミナー行って来た】お疲れ様です、ブロガー歴2年のたkるです。 コツコツと地道にブログ記事を更新し続けた結果、徐々にPV数も上がってきて、メルカリとか...
別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?

nicoichi-top「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」

「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番をまとめています。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も知れちゃいます!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認していってはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く