自宅のインテリアをカフェ風に変える方法10選!【カフェ本書評】

自宅のインテリアをカフェ風に変える方法10選!【カフェ本書評】

たまにインテリア系の本を読みたくなるたkるです。

現在自分はワンルームタイプのマンションに住んでいるので、模様替えしようと思ったら全とっかえが必要で腰が重いのですが、インテリアとかレイアウトを変えたい欲求はちょこちょく来ます。

ちょうど、その部屋の模様替えしたい流れが来ていたので『カフェのインテリア』という本を読みました。

今日はその本の内容から、自宅をカフェ風にするための方法をシェアしたいと思います。

『カフェのインテリア』の内容

東京近郊のお洒落なカフェの内装を紹介しながら、カフェ風のインテリアのコツや置き方などを解説した本。

写真の撮り方がうまいのでページ全体でカフェの世界観が見えてきて楽しいです。

カフェの紹介というのがメインテーマですが、それぞれのインテリア自体は自宅でも導入可能なので本書を参考に部屋をカフェ風にレイアウト変更することも可能!

では、以下で本書で紹介されていた10のアイデアを紹介していきます。

カフェインテリアのアイデア10選

紹介していきたい10のポイントはインテリア別に以下の通り。

1.ランプ

2.スツール

3.ラック

4.シェルフ

5.ウォールアンドクロック

6.ウインドウ

7.キッチン

8.フード

9.レストルーム

10.プランツ

では、それぞれについて見ていきましょう。

カフェ風インテリア1:ランプ

知恵の輪のようなIQライトとか、小鳥の形のランプとか、そういったやつを置くと部屋全体の雰囲気がかなりお洒落になります。

 

カフェ風インテリア2:スツール

スツールとは背もたれのないイスのこと。サブチェア、サブテーブルにもなるスツールは、インテリアの名脇役です。

用途が広いので、本棚、イス、机、ちょっとした物置などいろいろ便利。

マスターすると幅が広がります。

 

カフェ風インテリア3:ラック

お洒落なカフェは、本棚の他にディスプレイ用のラックがあることが多いです。

本棚のように床に置くタイプの他に、壁にかけるタイプや天井から吊るすタイプなどもあり、うまく使いこなせばスペースを有効活用できる!

 

カフェ風インテリア4:シェルフ

本棚です。お洒落なカフェに本棚は必須ですね。

所狭しと本を詰めるのもいいし、本以外のものを入れるのもあり。

戸棚やタンスを本棚にする技とかも紹介されています!

 

カフェ風インテリア5:ウォールアンドクロック

壁のデコレーションをすると部屋全体の印象がガラッと変わります。

壁掛けをしたり、お洒落な時計をかけたり小物を吊したりするのもありです。

剥がせる壁紙の専門店「Harokka」↓

カフェ風インテリア6:ウインドウ

窓です。窓際は光が差し込むベストスポットなので光を生かした配置が大事です。

窓際には、ドライフラワーなどの小物と机を置いて、雑貨と窓の外を同時に眺められるようにすると良い。

 

カフェ風インテリア7:キッチン

お洒落なカフェ風にするには、裏方であるキッチンも「見せる収納」をすることが大切。

スポンジをカラフルにしたり、食器を光の当たる窓際において清潔感を出したりなどがコツ。

 

カフェ風インテリア8:フード

食器や盛り付けについてです。

お盆やお皿などを机のテイストと合わせるといい感じ!

 

カフェ風インテリア9:レストルーム

意外と忘れがちなのがトイレです。

トイレだけがお洒落じゃないとがっかりしてしまうので、ここも気合を入れていきましょう。

ほかの部屋の世界観と合わせつつも、清潔感がある程度にシンプルなのがポイントです。

 

カフェ風インテリア10:プランツ

観葉植物や造花などの緑要素。

ちょっとした鉢植えなどを置くだけでもだいぶナチュラルな感じが出せる。

手入れが面倒な人はブリザードフラワーとかハーバリウムもおすすめ。

ハーバリウムのベルビーフルール↓

◆ハーバリウム作りを始めたい人におすすめの参考記事

初心者向け!ハーバリウム作りのオススメ本まとめ!

終わりに

久々に読んだインテリア本でしたが、かなりよかったです。

自宅のレイアウト変更のアイデアだけでなく、東京近郊のオシャレなカフェとかも見つかるので、一石二鳥なオススメ本です。

インテリアカフェブームが来ている人はぜひ読んでみてください。