【感想】enherb監修の入門書『メディカルハーブのすすめ』

【感想】enherb監修の入門書『メディカルハーブのすすめ』

ハーブというとどうもいかがわしいイメージが付きまとうのは自分だけでしょうか。

以前友人宅で「ちょっとハーブ入れてくるわ」と言われたときは、かなりドキドキしながら待っていた記憶があります。

で、飲んでみるとかなりおいしい。

「これはなんぞや?」ときくと「エンハーブだ」と。

調べてみると、バーブティー業界で「enherb(エンハーブ)」というのはかなり有名みたいですね。

ほうほう、今度買おう!と思ってそのまま忘れていたのですが、今日読んだ本『メディカルハーブのすすめ』が、たまたまエンハーブ監修の1冊だったので、妙な縁を感じるとともに、ハーブ買おうと思ってたの思い出しました。

ハーブティはお悩みや不調に働きかけてくれる成分はもちろん、ビタミンやミネラルを含むものも多い

ただし、妊娠中は避けたほうがいいハーブ、2歳以下の幼児には与えないほうがいいハーブなどもあるので、正しい知識は重要です。

本書でハーブについて正しく理解していきましょう。

では、以下に本書を読んで学んだハーブについての知識と、オススメレシピいくつか、を紹介していきたいと思います。

メディカルハーブとは

香りのある草のことをハーブといい、その中でも多様な成分をもち、予防に活用できるなどするものをメディカルハーブというそうです。

例えばネトルというハーブは、ビタミンCとその吸収を高めるミネラルの両方を同時に成分にもつので、一つで相乗効果を発揮できるとのこと。

これはかなりありがたいですね!

ハーブの購入は学名を確認

ハーブには、大きく分けてドライハーブとフレッシュハーブがあるが、初心者は長期保存できて劣化しにくいドライがおすすめ。

ハーブは店によって呼び名が違うこともあるので、どの店でも共通な「学名」を確認して購入するのが間違えなくてよいそうです。

購入したハーブは密閉した容器にいれ冷暗所に保存します。遮光性の瓶とかだとさらによし。冷蔵庫に入れておくだけでOKです。

ハーブのある生活

本書を読むと、ハーブのある生活のイメージについて掴むことができます。

ハーブは、朝起きて、頭をすっきりさせたいとか、忙しくてコンビニ弁当が続くから健康を気にしたいとか、甘いものを食べすぎた後のデトックスのためなど、用途別でブレンドが変わります。

ほかにも、花粉症緩和とか夏バテ防止、冷え性対策などにも最適なハーブあるそうですね。

…用途に合わせて最適なハーブを飲む生活とかオシャレすぎるなと思いました。

ハーブティーの作り方

「でもハーブティーなんて難しいんでしょう?」

自分はそう思っていたんですが、実はけっこう簡単に作れます。本書で書かれていた手順をまとめると以下の通り。

1.ブレンドを作りティーポットにフィルターをセットしてハーブを入れる。カップ一杯に大さじすりきり一杯のハーブが適量。

2.ティーポットに95〜98度のお湯を入れる

3ふたをして約3分蒸らす

4.ハーブフィルターを取り出す。

5.カップにお湯を注ぐ

簡単ですね!

ちなみにハーブの有効成分は1回目の抽出でほとんど出てしまうので、健康目的なら2杯目以降は新しくハーブを入れ直した方が良いそうです!

一人分ならカップでそのまま抽出する茶こしも楽でおすすめ。

アイスハーブティは、熱湯で抽出してから冷やし、水出しハーブティーは約6時間かけて抽出する。

 

オススメハーブティレシピはこれだ!

本書に書かれていたハーブティのレシピの中で、個人的にいいなと思ったオススメを紹介します。

綺麗な色で来賓ように最適!ブルーマロウ

最初は薄い青色でやがて紫になる。色が綺麗なのでおもてなしに最適。

 

集中力アップブレンド

ローズマリー:マテ:レモングラス=1:2:2でにブレンドした集中力アップに最適な一品。

さらに集中力を上げたいときはゴツコーラをローズマリーと同じだけ入れよう!

 

失敗に負けない強い心ブレンド

レモンバーム:レモンバーベナ:レモングラス=1:1:1

シトラス系の香りが気分転換に良いそうです。堂々巡りが抜け出せないときは、パッションフラワーを1/2配合!

…この追加のハーブが強そうな名前のやつ多いですね。気になる。

 

頭痛を和らげるブレンド

ホワイトウィロウ:フィーバーフュー:レモンバーム=4:3:12

ホワイトウィロウは天然のアスピリンとも呼ばれ鎮痛効果高い。

 

冷え性対策

ジンジャー:シナモン:ルイボス=1:1:1

血流循環を助けるジンジャーとシナモン。この2つは味がスパイシーなのでマイルドなルイボスを入れてバランスよくしたブレンド。

エンハーブのこだわり

最後に本書の監修のenherbのコダワリについても紹介しておこうかなと思います。

enherbでは、世界中から野生に近い環境で育ったワイルドハーブを採用。力強い風味と香りが売りだといいます。

また、食品としての高い品質基準を設けており、収穫時期が変わるごとに産地からサンプルを送ってもらい品質チェック。もちろん防腐剤や人工香料、着色料は使っていません。

さらに日本人のための設計で、本来は西洋風な味付けのハーブティーを日本人の口に合うようにブレンダーが設計。日々商品改良を進めているそうです。

デメリットはやや高いこと。ハーブの相場はよくわからないのですが、コンビニとかスーパーで売っている紅茶とかよりは当然ながら高いです。

 

◆終わりに。

本書では、エンハーブ店舗情報やハーブの効能一覧なども載っており、組み合わせを選んだりもばっちりできます。

ハーブデビューにオススメの一冊です!!

ぜひ、本書を読んでハーブティーデビューからの健康ライフを送っていきましょう。

ちなみにエンハーブオンラインショップはこちらから。

ハーブ専門店enherb公式サイト↓