企業・ビジネス

【2030年はこうなる】「ビジネスを変える100のブルーオーシャン」のレビュー

hundred-blueocean

「ブルーオーシャンはどこかに落ちてるのを見つけ出すものではなく、レッドオーシャンを泳ぎきった先に行き着くもの」

そう「ブルーオーシャン戦略」という本では書かれていたけれども、それでもどこかにブルーオーシャン落ちてないかなーと思うときもある。

たkるです。

今日は、そんな自分の楽しようとする心を狙いすましたかのようなタイトルで、「く、これは買わざるを得ない…!」となった1冊『ビジネスを変える100のブルーオーシャン』について簡単にレビューをしていきます。

一言で言うと、これから伸びる分野と市場を知れる本です。

では始めていきます。

動画版↓

「ビジネスを変える100のブルーオーシャン」の概要!どんな本かをざっくり紹介

まずは「ビジネスを変える100のブルーオーシャン」という本がどんな内容なのかを簡単に紹介します。

この本は日経BP総研の研究員80人がそれぞれ「ここが伸びる!」と思う分野を予測し、その規模などを調査したという内容。

ターゲットとする時期は2030年で、約10年後に伸びそうな将来性のある分野を100個紹介してくれる本となっています。

分野は大きく以下の5つに分かれており、それぞれ10〜30個くらいが選ばれています。

・健康、食、QoL

・人のデジタル化、超人化

・働き方を変える術

・シェアリング・サービス

・社会問題、SDGs、ESG

各項目の粒度はまちまちで、市場規模や起こり得るサービスまでしっかり調査されてるな!と思うのもあれば、まだあんまり分かっていない分野なのかな?と思うようなものまでいろいろですが、とにかく今後伸びる分野は大体全部知れると言うのがこの本の魅力です。

本書を読み込むことで、5年後くらいに「あーその分野ね。伸びると思ってたわー!」ってなれるはず。

 

解説レビュー「ビジネスを変える100のブルーオーシャン」で面白かった点をいくつかピックアップ

では本書の中で、個人的に面白いと思った項目をいくつかピックアップして解説していきます。

具体的には以下の4つです。

  • 火葬渋滞
  • リアルタイムマッチング
  • ブロックチェーン遺言信託
  • アシストスポーツ

それぞれ簡単にみていきます。

火葬渋滞

まずは2030年に起こると予測されているという火葬渋滞です。

どういうことかと言うと、高齢化が進み死亡する人の数が増えることで、火葬場が予約待ちになってしまうという現象が発生するというのです。

その結果どうなるか、火葬待ちの遺体を一時的に預かる「遺体ホテル」などがサービスとして生まれるかもとのこと。

・・・生者でなく死者を泊めるというのは、完全にブルーオーシャンすぎてびっくりしました。

リアルタイムマッチング

続いてはAIの発達によるリアルタイムマッチングです。

これは出会い系のマッチングアプリとかの進化形で、もし目の前からあなたにとって相性の良い人が歩いてきたら「目の前の人、すごく良いです!」みたいなのを教えてくれるというもの。

ちょっといい場合は「ちょっといいかもです」くらいに控えめに教えてくれるところを、すごく相性が良さそうな人が来たら、音楽とかをストップして優先的にスマホが緊急地震速報のように教えてくれるとのこと。

・・・これもし、一方通行でなく両方から見てお互いに相性がいい場合に教えてくれるとしたらかなり良さそうだな!と思いました。

ブロックチェーン遺言信託

3つ目は遺言と遺産相続をブロックチェーンにしてしまおうという潮流について。

遺産相続の場合って、税理士に相談して100万円くらいの手数料を払いつつ、やっと成立するみたいなのが一般的らしいんですが、これをブロックチェーンにすることで、その中間流通を省いてしまおうという作戦みたいです。

・・・「遺言はブロックチェーンに書いた。遺産もブロックチェーンに託した」みたいなハイテクな高齢者が出てくるかもですね!

アシストスポーツ

4つ目はアシストスポーツです。

これは何かと言うとアシストスーツをつけてスポーツを行うというもの。

特に障害がある人だけでなく、例えば山登りのリスクを下げたり、怪我をしていても山に登れたりというように、レベル差がある人が同じ場所(山)に行く場合などにも役立ちます。

・・・これいいですね!面倒くさがりの人とそうじゃない人が一緒に山登りするときとかに使えそう!あと、子育て中で子供背負うのが重たいみたいな時にも使えそう!

終わりに。2020年の未来予測姉妹本「日経テクノロジー展望2020 世界を変える100の技術」も登場

ここまで「ビジネスを変える100のブルーオーシャン」について簡単に解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

本記事で紹介した内容はほんの一部分だけで、本書は100個も項目があるので、ブルーオーシャンに興味がある方は是非読んでみてください。

ちなみに本書とセットになるような本も登場しました。

 

こっちは2020年にターゲットを絞っているので、より具体的です!

より近未来を知りたい人はこちらもどうぞ!

ではまた。良い読書ライフを。

sorosoro-sukinakoto
本レビュー『そろそろ、大好きなことで生きていこうよ!』クリス・モンセン世界的なYouTuberである著者が自身のやって来た内容をまとめた『そろそろ、大好きなことで生きていこうよ!』という本。 世界のY...
UVERworldの歌詞の意味を解説する実はUVERworldファンのたkるです。 うーばーの歌詞って、熱いだけじゃなくて、ちゃんと意味がしっかり込められているものが多い...
meishikawari-bussiness10
名刺代わりのビジネス書10冊!おすすめ本を解説する自己紹介名刺代わりのビジネス書10冊。 そんな魅力的なタグを見かけてつけてみたはいいけど、タイトルを列挙しただけでは、「私、こういうもので...
別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?

nicoichi-top「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」

「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番をまとめています。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も知れちゃいます!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認していってはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く