スーパーフード酵素玄米を使って食事制限なしのダイエットをする本

  • 2018.09.27
スーパーフード酵素玄米を使って食事制限なしのダイエットをする本

「3週間、主食を白米から酵素玄米に置き換えると、2〜3kg、多い人は5kg痩せられる」と著者はいいます。

酵素玄米とは、玄米を大豆とともに炊飯器の中で数日間放置し、発芽させていくことでうま味を増したもの。

ふつうの玄米の栄養をそのままに味をパワーアップさせた上位互換のスーパーフードらしいです。

この酵素玄米を用いれば、食べる量を減らすことなくお腹いっぱい食べつつも、健康的に痩せることができるというのです。

その方法が本書『毒出し酵素玄米ダイエット』で解説されています。食事制限なしで痩せたいという人にオススメの本です。

では、本書で学んだ内容をいかにまとめます。

◆白米よりも玄米が栄養価が高い理由

白米より玄米のほうが栄養がある!というのが通説ですが、その理由については意外と知らなかったので本書で確認しました。

本書によると、白米の場合精米されるときに、切り取られてしまう胚乳以外の部分(胚芽や米ぬか)が非常に栄養価が高いんだそうです。

玄米には40種類以上の栄養素が含まれているので、副菜で補うべき栄養素は少なくてよくなり、玄米を食べるだけでバランスよく栄養が取りやすい点が魅力となります。

玄米にのみ含まれる特に重要な栄養素は以下の4つだそうですね。

GABA…ストレスの軽減・イライラの解消などが期待できる

フィチン酸…アルツハイマー型認知症の予防

γ-オリザノール…ポリフェノールの1種。脳機能の劣化を防ぐ。

フェルラ酸…ポリフェノールの1種。高い抗酸化作用。

実際白米よりも数倍栄養価が高いそうです。

◆玄米の弱点は味がまずいこと

とはいえ、ではなぜそんなに栄養があるのに玄米は一般的でないのか。

それは玄米が味や製法の面で弱点があるからだ、と著者はいいます。

ふつうの玄米もビタミンBやカリウム、食物繊維などが含まれており栄養面は素晴らしいのですが、ただ炊くのが難しいのと、炊き上がりがパサパサで美味しくないというのが弱点で、それにより敬遠されがちであるそうです。

◆スーパーフード酵素玄米とは何か

で、その玄米の弱点を補ったのが酵素玄米です。

酵素玄米とは、玄米に小豆を加えて炊き、保温したまま3日以上熟成させたもの。

炊飯器の中で玄米を育てる感じで作ります。

熟成させることで、消化も良く、もちもちした食感が魅力。

また炊き方としても、ただ放置するだけでよいので簡単です。ふつうに炊き出し1日目に食べるとただの玄米としても楽しめるとのこと。

一度作れば数日は食べられるかなり便利な健康メニューです。

◆酵素玄米ごはんの作り方

酵素玄米は、玄米モードのある炊飯器か、あるいは圧力鍋を用いて作ることができます。

作り方は簡単で、玄米と大豆を混ぜて3分間かき混ぜる。それを進水させて炊けばOK。炊き上がったら、均一になるように全体を混ぜ返し15分ほど蒸らします。

その後は炊飯器にふたをして保温して熟成するだけ。1日1回くらいは上下をかき混ぜるとよいそうです。

かなり簡単ですね。

◆玄米は農薬が心配?なら国産有機玄米を買え!

玄米は白米よりも取り除く部分が少ないので農薬が心配という意見がある。

これは確かにそうなので、なるべく有機栽培の国産玄米を使用せよとのこと。



終わりに

酵素玄米かなりよさそうですね。

本書では後半で酵素玄米を用いた料理のレシピとかも載っていて読むとかなりおなかが減ってきます。

お腹いっぱい食べつつやせるというのは、かなり理想的なダイエット方法なので、長く続けられてリバウンドしなさそうですね。

ダイエットしたいけど食事制限は嫌、という方はぜひ酵素玄米を試してみてはいかがでしょうか。

 

酵素玄米炊飯器で有名ななでしこ健康生活↓