書評(シングル)

【1gの金は2800mの糸になる】「知られざる金属の不思議」【本レビュー】

metal-book

「金属光沢、延性展性、伝導性」

これが何かわかりますか?

金属の3つの条件だそうです。自分は完全に忘れてました。

あー、金属の性質って高校生くらいのときに習ったなー
・・・ちょっと復習しておくかー。

と思って読み始めたのが、こちらの1冊「知られざる金属の不思議」です。

今日はこの本をレビューしていきます。

たkる
たkる
復習がてらで読み始めた1冊だったんですが、めっちゃ面白かったです。化学の教科書もこんな感じにしてほしいレベル

「知られざる金属の不思議」の内容をざっくり紹介

metal-book-synopsis

まずは本書「知られざる金属の不思議」の内容をざっくりと紹介していきます。

本書では私たちの生活に欠かせない「金属」について、大まかな性質からそれぞれの金属ごとの性質の違い、そして雑学的な情報や金属とその他の素材の戦いと今後、など、金属関連の事情がこれでもか!とまとめてある1冊

個人的には特に金属雑学みたいなところがすごい面白くて、金属の中で最も延性(伸びる性質)が高いのは「金」で、1gの金が最大で2800mの針金にまでなるとか本書で初めて知りました。

たkる
たkる
2019年9月発売の新刊本です。最新の金属情報を知れちゃいます。

 

「知られざる金属の不思議」で個人的に面白かった点

metal-book

では本書の中で特に面白いと思った内容をいくつか紹介していきます。

  • 金は伸びる
  • 透明な金属
  • 宝石業界と化学業界の貴金属の定義の違い

こんなところ!それぞれ見ていきましょう。

金は伸びる

まずは冒頭でもちょっとだけ書いたんですが、金属の三要素の一つ、延性・展性についてです。

一応おさらいしておくと延性・展性とは以下のような性質。

延性・・物質に引っ張る力を加えた際の変形する能力

展性・・圧縮する力を加えた際の変形する能力

まあ大体一緒ですね。要は伸ばしたり薄くしたりがどこまで行けるか、みたいな話です。

たkる
たkる
動物で言うとネコとかけっこう延性高いと思う

で、この延性・展性が最も高い金属は何か、という話が本書の中で書かれていてそれが「金」なんだそうです。

どのくらいすごいかというと1gの金塊がなんと2800mの針金になるレベルだとか。

これは蜘蛛の糸よりも細い状態だそうです。

たkる
たkる
金すげえ!能力バトル漫画とかで使えそうなネタや!
私の「金」は2800m先まで届くぞ・・・?

みたいな。実際、金箔とかもかなり薄くできるので金は使い勝手よさそう!

透明な金属

で、続いても金つながりなんですが、透明な金属ってあるみたいです。

それは何か、というとこれも「金」です。

たkる
たkる
金すげえ!

どういうことかというと、金を限りなく薄くすると光を透過するようになり、ブルーシートみたくなるんだとか。

ちなみに何故ブルーかというと、黄色の補色だから。黄色は金が吸収するので青色が抜けてきます。

たkる
たkる
これも厨二系バトル漫画とかで使えそうですね。
信号は確かに青だったはず!?
くくく、それは奴の金で偽装された色よ・・・!?

みたいな。ありそう(ない)。

宝石業界と化学業界の貴金属の定義の違い

最後は真面目なテイストに変わり、貴金属と定義の話。

貴金属というとレアなメタル!みたいなイメージがありますが、実は宝石業界と化学業界での定義が違うんだそうです。

宝石業界ではただ単に貴重な金属を貴金属と呼んでいて、化学業界では反応性が乏しい金属のことを貴金属と呼んでいます。

たkる
たkる
化学の授業で習った・・・かも?

化学貴金属でいうと以下の金属たちが入ります。

  • ルテニウムRt
  • ロジウムRh
  • パラジウムPd
  • オスミウムOs
  • イリジウムIr

あと、レアアースとレアメタルもちょっと意味が違うみたいで、違い以下の通り。

レアメタル47種のうち、3属とランタノイドの17種をレアアースという。

たkる
たkる
レアメタルのうち、より科学的に重要なものがレアアースというイメージ。

終わりに「金属はその真価を問われていると言ってよいでしょう」

本書を読んでると金属ごとの性質の違いとか、金属全般の話とかを楽しく学ぶことができます。

もう教科書これでいいよ!と思う1冊でした。

あと、本書の後半部分で「著者の金属への思い」みたいなのが書かれていて、これもアツいのでちょっと紹介してレビューを終わろうかなと思います。

(金属、特にレアアースはこれまでは絶対的に盤石な地位にいたが、近年はその他のマテリアルに猛追を受けており安泰ではない、という文脈の中で)

しかし、レアアースも安心していられるわけではありません。追撃の火の手が追っています。アモルファス金属、金属ナノ粒子、炭素化合物など。かつては金属の独壇場であった領域に有機物が侵入してきています。金属はその真価を問われていると言って良いでしょう。

たkる
たkる
何この総論!めっちゃカッコいいんだけど!

と全体的に楽しい本でした。楽しく金属を学びたい人にオススメです。

ではまた。良い読書ライフを!

この表紙を見て思いついてやった遊び。

ほんとに終わりっ!ついでに別記事でも読んでいただけると!

金属を貯めこむ植物についての本【ファイトレメディエーションまとめ】憂鬱な梅雨シーズンを彩ってくれるアジサイ。 赤や青など様々な色があり、色彩的にとてもきれいなアジサイの花ですが、実は毒があるため食...
世界の国鳥本で知った中で特にオススメなBirdsをまとめてみた。ブックオフのウルトラセールに行って、「これは…!?」と思って買ってきたのが『世界の国鳥』という本。 内容はタイトルの通り、世界各国...
雨の宮殿で傘デート!個人的に欲しい施設アイデア個人的に「こんな施設あったらよくね?」と思うものをまとめていくコーナーです。 簡単にいえば妄想ですが、もしかしたらこれをみた誰かが...
別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?

nicoichi-top「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」

「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番をまとめています。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も知れちゃいます!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認していってはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く