ブックオフ

メルカリで売却すべき本、ブックオフで買い取りすべき本

もう読まないかもしれない本や、読むかもしれないけど引っ越しや大掃除でやむなく本を減らさねばならないような場合、古本屋に売るのは一つの手です。

古本屋に売れば本を捨てずに済むし、新たな本を購入するための代金の足しになります。

しかし、何でも古本屋に売るというのは得策ではありません。

大量の本を古本屋にもっていっても二束三文にしかならなかったという話もよく聞きます。

古本屋がほしい本を古本屋に売り、その他の本はほしい人にダイレクトで売る。
これが理想です。

今日は、読まなくなった本のうち、古本屋(ブックオフ)に売った方がよいものと、その他の売り方をした方がよいものについて違いを紹介します。

大掃除などを考えている方はぜひ参考にしていただけると幸いです。

1.ブックオフに売った方がよい本

古本大手のブックオフ。非常に幅広い種類の本を買い取ってくれる大掃除の心強い味方です。

ブックオフに売るべき本としては、新しい本、全巻セットです。

ブックオフは基本的に、本の出版年度と本のきれいさ、話題性などをかんがみて買取査定を行います。
そのため、新刊で買って読んだけど全然響かなかった本などは意外と高く買い取られる可能性があります。

また、全巻揃っている漫画などは、買取り後に全巻セットとして売却しやすいので高値で買い取られる可能性が高いです。

2.古本屋に売った方がよい本

古本屋は基本的にその店舗ごとに強みのある分野があります。大抵は店主の趣味嗜好によるところも多いのです。その分野に合った本などは高値で取引される可能性が高いです。(むしろその他の本を買い取ってくれないところも多い)

また、希少な本(初版本や流通量の少ない本)などは価値のわかる古本屋に売るといい値が付くことがあります。

3.メルカリなどフリマアプリで売った方がよい本

ブックオフでも古本屋でも買い取ってもらえない本は、フリマアプリで出品すると意外にも売れたりします。

ブックオフでは1冊10円とかの買取り金額のものがメルカリなら送料込みで500円とかで売れるようなこともあります。発送の手間がかかるのと、出品してすぐに売れるわけではないという欠点はありますが、長期的に蔵書を減らしていきたいという人はフリマアプリがオススメです。

書き込みや汚れのある本も、その旨をしっかり書いて10冊500円とかで売りに出すと買い手がつくこともあり、そういった本が多い方もチャンスありです!

まとめ。

自分は読んだ本はとりあえず売って、また読みたくなったら再度買うスタイル(家が狭いので泣く泣く(笑))ですが、フリマアプリやブックオフはよく利用しています。ブックオフの出張買取はお店まで行かなくてよいので引っ越しまで期限がないときや、年末の大掃除などで重宝します!

フリマアプリはメルカリがオススメです。売上金を使って、さらに本が買えたり、出店するだけでポイントがもらえるキャンペーンがやっていたりするので、本を減らしたい人は登録だけでもしておくのがオススメです。