ブックオフ

ブックオフでビジュアル本をお得に購入する方法!

写真のたくさん入った本をビジュアル本といいますが、このビジュアル本はフルカラーの場合などは製作にお金がかかるため、定価も3000円など高めのものが多いです。

欲しいけど少し高いので買えない。

そんなときはブックオフで購入するのがオススメです。

定価が3000円、4000円の本が200円で売られているようなことも!

値引き率で考えると90%オフなどもざらです。

以下にビジュアル本をブックオフで買うコツを紹介します。

1.写真の多いものを買おう

ビジュアル本は写真さえあればだれでも出版することができるという側面もあります。

そのため、内容についてはピンキリで序盤だけカラーで後は白黒というものや、オールカラーでいい材質の写真紙を使っているもの、あるいは写真は一部で文章がメインという本など色々です。

よいビジュアル本を選ぶ一つの基準は写真の多さが挙げられます。

フルカラーで写真がふんだんに載っているビジュアル本は一般によい本である可能性が高いです。

このような本は出版社も気合を入れて作っている本である可能性が高く、また、仮に文章が拙かったとしても、きれいな写真をみることができるので元を取れます。

2.旅行本は高い

一般に値引き率の高いビジュアル本ですが、「旅行ガイド」のようなジャンルの本だけは結構高い値段になる傾向があります。

おそらく高い値段でも需要があるからなんでしょう。

なので、旅行をするために本を買うという人は仕方ないですが、写真をただ楽しみたいという人が賢く買いものをするにはジャンルをずらしてみるのがオススメです。

例えば、花畑の本がほしいときは、旅行ジャンルにある『世界のきれいな花畑』とかでなく、写真ジャンルや、植物のジャンルにあるビジュアル本を選ぶようにするなどです。

お城の本なら建築本なども有効です。

3.好きな写真家を持とう

写真の構図、文章との親和性などでビジュアル本は好みが分かれやすい分野でもあります。

なので、自分とフィーリングの合う写真家を知っておくと、買う際の判断が正確になります。

写真は文章に比べ当たり外れが少ないといわれており、好きな写真家の新作であれば、気に入る可能性が高いといえます。

まとめ

ビジュアル本は基本的に値段が高めのモノが多いので、ブックオフで買ってしまいましょう!

夜寝る前にきれいな景色の写真を見ると眠りが深くなるという研究結果もあるそうですね。

夜遅くまでパソコン画面を見るという方は、夜の日課としてもビジュアル本を1冊買ってみてはいかがでしょうか。

自分のおすすめは『色の風景』シリーズです。