ニッチ記事からフィニッシャーにつなげる内部リンクアフィリエイト術

ニッチ記事からフィニッシャーにつなげる内部リンクアフィリエイト術

アフィリエイトのジレンマとして、ニッチな分野はSEO上競合が少なく、検索トップを取る難易度は低いが大きな稼ぎにならず、カードや金融などの黄金テーマは成約1件あたりで10000万円以上と稼ぎはよいが、検索上位になる難易度が高く、度どちらを選ぶべきかという葛藤があります。

自分の答えは、両方選ぶ方がよいということです。
とはいえ、需要の多いテーマでトップに躍り出るのは難しい。

だから稼ぎの大きい分野をあきらめるしかないのか、といえば必ずしもそうではありません。
検索上は下位でもしっかり一定の成約を取れるやり方があります。今日はそれを紹介します。

アフィリエイトの稼ぎの9割は検索流入経由

まずは一般的な話として、アフィリエイトの稼ぎは9割が検索エンジンからの流入によるものといわれています。

当然ですが検索結果上位のサイトがクリックされやすいため、SEO対策を行い自分のサイトや記事を検索結果上位に乗せることが重要になります。

とはいえ、金融・カード・保険などの分野は妖怪のひしめくような初心者にはきつすぎるテーマです。
もしあなたが毎日、実のいい記事を書き続けたとしても検索結果上位に来る日はないのかもしれません。

意外と強い内部リンク

では、どうすればいいのか。

ここで重要になるのが内部リンクです。
内部リンクとは自サイト内の別記事からリンクを貼って別記事に飛ばしていく手法です。

例えば、麻雀牌の記事に麻雀マットの記事のリンクを飛ばせば、一緒に読まれる可能性は高く、効率的というようなやり方が可能です。一見関係のないものでも、例えばスーパーのレジにビールとおむつを近くに置くと売り上げが増加するというデータがあったりするそうで、組み合わせ次第では無限の可能性があります。

では、内部リンクを効率的に使うためにはどうすればよいのでしょうか

まずはニッチ分野で検索トップを

内部リンクを有効活用するためには、記事同士の相性も重要ですが、リンク元のサイトのPV数が多いことが重要です。

リンク元の記事が全くアフィリエイトと関係のない、1円も稼げない記事であっても、そこからリンクを飛んだ先で10000円の稼ぎにつなぐことができれば、元の記事は有効活用されたことになります。

内部リンクにおいては、検索結果上位ではないけど利率の高い成約につながるフィニッシャーサイトと、ニッチな分野で直接の稼ぎはないが検索結果上位な記事を組み合わせることが重要となります。

なので、まずはとにかく手当たり次第にニッチな分野で記事を書いて、検索結果上位を勝ち取ることが第一です。

フィニッシャーサイトを充実させろ

そしてニッチな検索上位記事から利率の高い記事へのリンクを飛ばすことに成功したとしたら、次にやるべきことがフィニッシャーサイトの充実化です。

せっかくクレジットカードの記事を読んでくれる人がいたとしても、その先の記事に説得力がなければ訪問者はほかのサイトに移動し、そこから商品を購入してしまうでしょう。

リンク元からリンク先への移動は、化学でいう精製のようにリンク先に飛ぶにつれPV数は少なくなるので、フィニッシャーサイトまでたどり着いた購買意識の高い訪問者は確実に制約できるようにする必要があります。

まとめ

まとめると以下のような感じになります。

・まずは検索上位の記事を量産する
・利率の高いフィニッシャーサイトを作る
・内部リンクを張る

このやり方ならステップアップで成功のイメージが付きやすいのではないでしょうか。

実際アフィリエイトは当たるかどうかはやってみるまで分からないという面も強いので、初心者のうちは内部リンクを有効活用していくというのも一つの手です。

ある程度流入はあるけど、なかなか稼ぎにならないという方もぜひフィニッシャーサイトへの内部リンクを意識してみてはいかがでしょうか。

個人でアフィリエイトするならもしもアフィリエイト↓