雑談

季節感を感じる空気の話(伝わらないと言われがち)

season-different-air

外に出たとき、季節感を感じるときってないですか?

自分はちょくちょくあって、しかもその季節感が本来あるべき季節と異なるときがあります。

例えば、春の4月くらいに「今日のこの空気は9月の季節を感じる!」とか秋の11月くらいに「む、この空は1月くらいに雪が降った次の日と同じ感じだ!」みたいに感じたりそんな感じです。

これ友人と一緒にいるときに「今日の空気春っぽくない(今は秋)」みたいに言うとだいたい伝わらないんですが、もしかしたら伝わる人がいるんじゃないかと思って、今日はそんな話をしていこうかなと思います。

空気感を感じる理由!多分パターンマッチング

まずは空気感ってなに?みたいな人が多いかと思うので簡単に定義します。

自分が考えている空気感は、家の中など屋内から外に出たときに、最初に感じる空気を指してます。

「あ、今日肌寒いな」とか「あれ、やけに暖かいな」とかそんなやつです。

ポイントは3つかなと思っていて、

  • 気温
  • 湿度

この3つの組み合わせで季節感を感じているのかなと思います。

例えば、以下のような感じ。

気温:暖かい
湿度:低い
風:やや強い
⇨春先の空気感だ!

みたいな。そんなイメージです。

ズレた季節を感じた瞬間3選

では本題に入りまして、なぜか本来の季節と異なる季節感を感じやすい空気の流れについて紹介していきます。(地域は全部、関東の東京・神奈川あたりで考えています。)

以下の3つです。

  • 春なのに秋っぽい(ややジメッとした温かさ)
  • 秋なのに冬っぽい(雪降った次の晴れた日の空気感)
  • 秋なのに春っぽい(暖かくてカラッとした陽気)

それぞれ解説していきます。

春なのに秋っぽい(ややジメッとした温かさ)

spring-fall

まずは春先の4月くらいに「お、これは秋の空気感だな」と感じる場面です。

春は三寒四温といいますが、肌寒い日と暖かい日が混在していて、ただ晴れた日は一般に生暖かい(?)けどそこまで湿度は高くないのが特徴かなと思っています。

で、これがたまーに春なのに夏の終わりのようなジメッとした温かさを感じるような日があって、そういうときは「あ、これは秋の台風の前の感じだ!」みたいに感じます。

秋なのに冬っぽい(雪降った次の晴れた日の空気感)

fall-winter-air

続いては秋なのに冬を感じる瞬間についてです。

もうちょい具体的に言うと、「冬に雪が降った次の日、あたり一面雪景色だけどよく晴れている」みたいな感じの空気を感じるときです。

これは多分伝わらないと思うんですが、「RPGツクール4」のデフォルトストーリーの街みたいなイメージです。

で、この特徴を見てみると、「気温は低くて、湿度は普通、風は北風というほどでないけどちょっと涼しいみたいな感じ」かなと思っています。

秋の風って大体木の葉とか落ち葉の匂いが載っていますが、冬の風は無臭な感じもあるかなと思います。

秋なのに春っぽい(暖かくてカラッとした陽気)

spring-air

最後は秋なのに春を感じるときです。

これは一つ目の裏返しですが、暖かくてややカラッとした空気で、かつ風が暖かいみたいなイメージかなと。

秋は暖かい日は夏の残りみたいな感じでじわっとした日が多いので、暖かいけどやや湿度低い!みたいな日が来ると「今日は、春っぽいな」と思います。

終わりに

ここまで季節感とイメージについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

ぶっちゃけ各々の項目については、自分でも書いている中で、あれ、こんな感じだったっけ?ちょっと忘れてるかも!みたいな点も多々あったんですが、主題としては本来の季節と違う空気を感じることがあるか?というところで見ていただけると幸いです。

あーあるある!という人はコメントいただけると嬉しいです。

ではまた。良い読書ライフを!

季節感のある読書のすすめ!春夏秋冬に合わせた本を読むメリットとは?なんかどうでもいい話のときの方が生き生きしているいると評判のたkるです。 今回もどうでもいい話なのですが、「季節感のある読書ってか...
aki-event-itiran
「○○の秋」45選!秋のイベント一覧にしてみた「○○の秋」という言葉を聞いたことがある人も多いかと思います。 スポーツの秋、食欲の秋、芸術の秋とかそんなやつですね。 今日...
新年の抱負作成に最適な、目標のリスト化ができるオススメ本まとめ!「新年あけまして、今年の目標を立てていきたい!でもどうやって立てればいいかわからない!」という人もいるかと思います。 せっかく目標...
別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?

nicoichi-top「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」

「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番をまとめています。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も知れちゃいます!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認していってはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く