WindowsServerを学ぶオススメ本まとめ!入門書から応用まで

WindowsServerを学ぶオススメ本まとめ!入門書から応用まで

WindowsServerについてのオススメ本を紹介していこうかなと思います。

基本はWindowsServer2012ベースで紹介してきますが、2016についても同じ出版社が同じ方針で2016版を出しているので参考にはなるかな、と思っています。

では参ります。

これ1冊で大体わかる!Windows Server2012R2テクノロジ入門

まずは、最もオススメの1冊から紹介します。

1冊買うなら間違いなくこれ!というのが『Windows server2012テクノロジ入門』です。

本書では、WindowsServer全般についての機能とか、最小構成での検証環境の作り方とかが、かなり詳細に書かれていて1冊読んだら、一通りなんでもできるようになりました。

全体的に詳しいですが、ActiveDirectoryについては比較的軽めです。
ADに詳しくなりたい人は別でAD本を買うといいかも。


Amazon:Windows Server 2012 R2テクノロジ入門 (TechNet ITプロシリーズ)
楽天:Windows Server 2012 R2テクノロジ入門【電子書籍】[ 山内和朗 ]

初心者向けはこれだ!よくわかるWindows server2012ネットワーク構築、管理入門

続いては初心者向けの1冊を紹介します。

上記のテクノロジー入門は確かに詳しいのですが、文系出身の1年目社員とかでまったくのIT初心者だとよくわからなくなってしまうこともあるかと思います。

(自分がそうでした笑)

そんなときに、超初心者であった自分の理解に役立ったのが、こちらの1冊『Windows server2012ネットワーク構築、管理入門』です。

本書では、キャプチャー多数でサーバ構築の一連の流れを説明してくれており、本書の通りにやれば、とりあえず流れは理解できるはず。

ただ、本当に一本道なので応用はできないです。あと2012R2対応ではないので、WindowsServer2012R2で手順をなぞると、たまに画面が違ったりするので注意。


Amazon:TECHNICAL MASTER よくわかるWindows Server 2012 ネットワーク構築・管理入門編
楽天:TECHNICAL MASTER よくわかるWindows Server 2012 ネットワーク構築・管理入門編【電子書籍】[ 長岡秀明 ]

一問一答形式で学ぶ!一目でわかるWindowsServer2012r2

続いても比較的初級者向けの参考書です。

こちらの『一目でわかるWindowsServer2012R2』では、サインインの方法とかハードウェアの安全な外し方、とかの本当に基礎の基礎の手順についても書かれている親切設計です。

内容構成としては、「こうしたいときはこう」みたいな感じで一問一答形式で書かれているので、便利だけど流れとして理解するのには向かないかも。

パスワード変えたいんだけどどうするのかわからない、とか設定変更でつまったときに読むのがオススメです。


Amazon:ひと目でわかる Windows Server 2012 R2 (TechNet ITプロシリーズ) 楽天:ひと目でわかるWindows Server 2012 R2【電子書籍】[ 天野司 ]

システム運用者向け!プロが教えるWindows server2012システム管理

続いては、システム管理者向けの参考書になります。

『Windows server2012システム管理』では、DNSの構成とか、WindowsUpdateの自動でのやり方とかADの操作とか、システムを保守運用していくうえでの内容に特化して書かれています。

Hyper-V上でのサーバ追加などについても割と詳しく書かれています。

理論よりもまずは実務を覚えたい!という人はこれから入るのもありですね。


Amazon:プロが教える Windows Server 2012システム管理 (アスキー書籍)
楽天:プロが教える Windows Server 2012システム管理【電子書籍】[ 横山 哲也 ]

AD移行などにも詳しい!パーフェクトガイド

続いては、割と詳しめの本です。

『標準テキスト Windows Server 2012 R2 構築・運用・管理パーフェクトガイド』は、マイクロソフト社監修の本で、Hyper-Vでの仮想化環境構築、ADの構築、ネットワーク、ストレージなどかなり詳しく書かれています。

最初に紹介した『Windows server2012テクノロジ入門』と比較しても情報量は同じくらいはあります。ADに関しては『標準テキスト Windows Server 2012 R2 構築・運用・管理パーフェクトガイド』のほうが詳しいぐらいだと思います。

ただページ数がべらぼうに多くて読むのが大変なので、根気は必要です。


Amazon:標準テキスト Windows Server 2012 R2 構築・運用・管理パーフェクトガイド
楽天:[標準テキスト]Windows Server 2012 R2 構築・運用・管理パーフェクトガイド [ 知北直宏 ]

現場で役立つ エッセンシャル

WindowsServerEssensialバージョンに特化して書かれた本です。

Essensialバージョンというのは中小企業向けに作られた一部機能が制限された廉価版ライセンスのことで、個人的にはあまり使われている企業などを聞いたことはないのですが、うちエッセンシャルだわ、という人は最適です。

簡単な構築の流れとバックアップ方法などの運用の仕方が書かれてます。エッセンシャルとスタンダード以上の特徴の違いとかを知りたい人にもオススメ。


Amazon:現場で役立つWindows Server 2012 R2 Essentials 構築・運用ガイド (Small Business Support)
楽天:現場で役立つWindows Server 2012 R2 Essentials構 (Small Business Support) [ 澤田賢也 ]

 

終わりに

ここまでWindowsServer2012のオススメ本をまとめてきましたがいかがだったでしょうか。

いや、もう2016の時代だろ、と思う方もいるかと思いますが、2016においても、『テクノロジ入門』と『パーフェクトマスター』といった定番本が発売されているので本記事の延長で考えていただければ幸いです。

2016の初心者向けとしては、『ネットワーク構築・管理ガイド』がオススメです。

あと、ADに関しては別記事でまとめる予定です。