書評を書くのに回転式本棚がおすすめな3つの理由

書評を書くのに回転式本棚がおすすめな3つの理由

本が好きでいろいろ読んでいるとだんだんと蔵書が増えてきますよね。

本が増えてくると置き場所に困ります。

本棚に入りきらなくなると、本棚が前後2列になったり、押し入れにしまわれたりと日の目をみない本が出てきてしまうものです。

しかし本の書評を書く人であれば、関連した本を引用したりするときに、手に届く位置に関連本があると嬉しいですよね。

そんな悩みをお抱えの方にオススメなのが回転式本棚です。回転式本棚なら省スペースですべての本を視界に入れることができます。

今日は、そんな回転式本棚の3つの魅力とオススメの回転本棚について紹介します。

回転本棚の3つの利点

回転本棚というと本屋などでよくみかけますが、実は一般でも販売されています。

この回転本棚には、大きく3つの利点があります。

それは省スペースであること、背表紙が一覧で見れること、本棚メンテナンスがしやすいことです。

それぞれについて説明します。

省スペース

まず回転式本棚の魅力の一つ目は、省スペースであることです。

回転式本棚は基本的には正方形のモノが多く、部屋の隅やちょっと空いてしまった隙間などに配置することができます。

また、床に置くタイプのモノのほかに卓上に置けるタイプの回転式本棚もあり、ちょっとした資料などを卓上に効率よく配置することができます。


プラス 回転式帳簿立 ライトグレー 【パイプ直径:φ9.5㎜】 87-610 BN型

全ての本の背表紙が視界に入る

回転式本棚の2つ目の魅力としては、すべての本を視界に入れられるということです。

普通の本だなであれば、本が増えてくると1列目、2列目となりがちですが、回転式本棚であれば、そんな不平等はありません。

4つの面を回転させることで、収納したすべての本の背表紙を確認することができるのです。

また、作業中に資料を取り出しやすいというのも回転式本棚の魅力です。
デスクサイドにおいておけば下の図のようにさっと必要な本を取り出すことができます。


回転式 コミックラック 本棚 7段 高さ166cm ホワイト ( 送料無料 CD DVD コミック マンガ 文庫 収納 ラック 書棚 大容量 省スペース 漫画 コミック収納 )

本の整理がしやすい

回転式本棚の3つ目の魅力は本の整理がしやすいことです。

普通の本棚であれば、本の整理をしようと思ったら、一度すべて出して配置を考えて、またしまうという3段階が必要になり大変です。

もし整理の途中で本を読みだしてしまったりしたら1日かかってしまうことも…

しかし回転式本棚なら、それぞれの面ごとに区画が区切られているため、面ごとで整理整頓を行うことが可能です。

今日はこの面だけ整理しよう、といったように区切って整理できるのが魅力です。

オススメの回転式本棚は?

オススメの回転式本棚については、以前別ブログでも書いたので詳細はそちらを参考にしていただければ幸いです。

個人的には山善の8段回転コミックラックがオススメ。
45cm四方という省スペースで、コミックなら320冊入ります。

Amazon:山善(YAMAZEN) 本棚 回転コミックラック 8段 ホワイト DSRR-8(JW)
楽天:山善(YAMAZEN) 360度 回転コミックラック 8段 DSRR-8 本棚 書棚 ブックシェルフ 回転式コミックラック 回転式コミックラック すき間 文庫本 【送料無料】

番外編:回転式以外のオススメ本棚

回転式本棚以外にも、便利な本棚があります。せっかくなんでそれも紹介しておこうかなと思います。

スライド本棚

まずは、とにかくたくさんの本を収納したいという人にオススメなスライド本棚です。

スライド本棚にも種類があって、よくある後列が止まっていて前列の棚のみが移動するタイプと全ての本棚が移動するタイプがあります。

本の収納という観点では後者のほうが強いですが、背表紙を見たい人は前者がオススメ。

前列だけ移動するタイプ↓


山善(YAMAZEN) マンガ収納 スライド本棚(幅90 高さ92) ダークブラウンCRSS-9090(DBR)

全て移動するタイプ↓


Amazon:【予約販売4月下旬予定】3連 スリムラック 本棚 薄型 スライド コミック収納 漫画収納 マンガ収納 キャスター付き 書棚 大容量 木製 ダークブラウン TCP348BR

終わりに

回転式本棚は書評を行う上では本当に便利ですね。

「あーあの本どこしまったっけー?」問題が一気に解消されました。

自宅でのデスクワークが多いという方はぜひ回転式本棚を導入してみてはいかがでしょうか。