シリーズごと PRあり

「ぐりとぐら」シリーズの読む順番と新刊情報まとめ

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

絵本「ぐりとぐら」シリーズの読む順番と新刊情報をまとめます。

セット↓

created by Rinker
Bjdesign
¥7,700
(2024/04/16 00:35:14時点 Amazon調べ-詳細)

 

広告

作者名「ぐりとぐら」シリーズとは?

まずは概要です。

タイトル ぐりとぐらシリーズ
作者 中川李枝子(作)・山脇百合子(絵)
出版社 福音館書店
既刊
メディア化 メディア化の話は出るがされてはいないはず
(宮崎駿がアニメーション映画化を検討したが断念など)

双子ののねずみを主人公にした絵本です。

ぐりぐらぐりぐらという独特の掛け声や絵本にしてはかなり簡素な絵、子どもに夢のあるストーリー(大きなカステラを作るなど)が魅力。

なんか微妙に頭に残る作品です。

ちなみに赤い方がぐら、青い方がぐりです。

「ぐりとぐら」シリーズの読む順番と新刊情報まとめ

続いては読む順番です。

現在の刊行情報は以下の通り。

ショップ付き一覧↓

1~10巻を開く

1.『ぐりとぐら』(1967)

created by Rinker
株式会社 福音館書店
¥1,100
(2024/04/16 00:35:15時点 Amazon調べ-詳細)

2.『ぐりとぐらのおきゃくさま』

3.『ぐりとぐらのかいすいよく』

4.『ぐりとぐらのえんそく』

created by Rinker
株式会社 福音館書店
¥1,100
(2024/04/16 00:35:17時点 Amazon調べ-詳細)

5.『ぐりとぐらとくるりくら』

6.『ぐりとぐらのおおそうじ』

created by Rinker
株式会社 福音館書店
¥1,100
(2024/04/16 00:35:18時点 Amazon調べ-詳細)

7.『ぐりとぐらとすみれちゃん』(2003/10)

セットを開く
created by Rinker
Bjdesign
¥7,700
(2024/04/16 00:35:14時点 Amazon調べ-詳細)

 

タイトルのみ一覧↓

  • 1.『ぐりとぐら』(1967)
  • 2.『ぐりとぐらのおきゃくさま』
  • 3.『ぐりとぐらのかいすいよく』
  • 4.『ぐりとぐらのえんそく』
  • 5.『ぐりとぐらとくるりくら』
  • 6.『ぐりとぐらのおおそうじ』
  • 7.『ぐりとぐらとすみれちゃん』(2003/10)
  • 8.『ぐりとぐらの おまじない』(2009
  • 9.『ぐりとぐらの しりとりうた』(2009

セットは1〜7の7冊のものが多いので、8と9は番外編に入れる人もいるかもです。

ぐりとぐらシリーズの番外編

ちなみに番外編としてカルタやアイウエオ図鑑みたいなのが出ています。

ぐりとぐらのあいうえお

「あいうえお」、「かきくけこ」・・から始まる言葉で文章が作られている教育系コンテンツ。

「あさ いもほり うでまくり えんやらやっと おおきなおいも」

みたいな感じ。

ぐりとぐらの1・2・3

こちらは数字を覚えるようのやつです。

リズミカルに数字の数え方を色々しれます。

いのししが いっぽんみちで みつけた いちご ひとつ

created by Rinker
¥770
(2024/04/16 00:35:20時点 Amazon調べ-詳細)

ぐりとぐらの1ねんかん

1月、2月・・・とそれぞれの月に合わせた文章と挿絵が描かれています。

1年のはじめに、ずっと365日がよい日でありますようにと祈ります。
2月、仲間達とそりに乗って雪の上を走るぐりとぐら。

月を覚えるための本!

created by Rinker
株式会社 福音館書店
¥1,540
(2024/04/16 00:35:21時点 Amazon調べ-詳細)

英語版もあります。

created by Rinker
¥3,275
(2024/04/16 00:35:21時点 Amazon調べ-詳細)

しりとり+月の『ぐりとぐらの しりとりうた』もあります。

ぐりとぐらの てづくりブック

50周年記念でのクラフト本。

折り紙などでぐりとぐらを作る方法が描かれています。

owarini

簡単ですがぐりとぐらシリーズの解説でした。

自分も小さい頃よく読んでたので、2023年10月の作者訃報を受け、悲しかったので記事を書きました。

ぜひ読んでみてください。

ではまた。良い読書ライフを!

別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

シリーズ本をまとめる本好き
たkる
たkると申します。大学生のとき読書に目覚めてそれからは年100~300冊くらい読んでます。 読書傾向は乱読で、本を買っては読み、読んでは書き、を繰り返しています。 本サイトではシリーズものの小説や読書グッズのおすすめをメインに紹介していきますのでよろしくお願いいたします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA