シリーズごと PRあり

浅田次郎「きんぴかシリーズ」の完本の読む順番と新刊情報まとめ【2023年最新】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

浅田次郎「きんぴか」シリーズの読む順番は「刊行順」がおすすめです。

「きんぴか」シリーズの読む順番と新刊情報をまとめます。

最新情報

2023.5.10 「真夜中の喝采 きんぴか③ 完本 (光文社文庫)」発売

広告

浅田次郎「きんぴか」シリーズとは?

まずは概要です。

タイトル 「きんぴか」シリーズ
作者 浅田次郎
出版社 光文社文庫(完本)
既刊 3巻
メディア化 漫画化、ドラマ化、映画化

浅田次郎のデビュー作です。ヤクザ・自衛官・元大蔵官僚の3人が手を組んで立ち回る!

ファンによる評価は以下の通り!

□総合評価

4.0
Rated 4.0 out of 5
星5つ中の4.0(1人のレビュー)
とても良い0%
良い100%
普通0%
イマイチ0%
つまらなかった0%

 

みんなのコメント!

Rated 4.0 out of 5

今読むと荒削りな部分もあるが、それでもコメディも面白さや勢いなど著者の片鱗を感じさせるものがある。プロットも大胆でおすすめできると思う。

匿名

 

シリーズのレビューをお願いします!!




 

「きんぴか」シリーズの読む順番と新刊情報まとめ

続いては読む順番です。

現在の刊行情報は以下の通り。

◆「きんぴか」の読む順番

  1. 三人の悪党 きんぴか
  2. 血まみれのマリア
  3. 真夜中の喝采

※タイトルを押すと該当部分まで飛べます。

では、それぞれを見ていきましょう。

 

1.三人の悪党 きんぴか

まずはシリーズ第1巻の『三人の悪党 きんぴか』です。

created by Rinker
光文社
¥858
(2024/04/16 02:13:25時点 Amazon調べ-詳細)

あらすじは以下の通り。

敵対する組の親分を殺し、十三年余りの刑期を終えて出所した、ピストルの健太、通称〝ピスケン〟こと阪口健太。自衛隊の湾岸派兵に反対し単身クーデターを起こし、自殺未遂した〝軍曹〟
こと大河原勲。大物政治家の収賄の罪を被った大蔵官僚出身の元政治家秘書〝ヒデさん〟こと広橋秀彦。個性的すぎるこの三人が奇妙な縁でタッグを組み、彼らを陥れた巨悪に挑む。「悪漢小説の金字塔」決定版!

2.血まみれのマリア

続いてはシリーズ第2巻の『血まみれのマリア』です。

あらすじは以下の通り。

〝ピスケン〟こと阪口健太、〝軍曹〟こと大河原勲、〝ヒデさん〟こと元大蔵官僚の広橋秀彦は、銀座の砦で静かな毎日を過ごしていた。と、ピスケンは突如、警察のターゲットになり、ヒデさんは世紀の疑獄スクープを
した知人のジャーナリストに異変が。三人の悪党に降りかかる難題。そこで彼らは想像を絶する行動に。著者のデビュー作にして最高のコメディ、ますます快調の第二弾。

3.真夜中の喝采

続いてはシリーズ第3巻の『真夜中の喝采』です。

created by Rinker
光文社
¥858
(2024/04/16 02:13:27時点 Amazon調べ-詳細)

あらすじは以下の通り。

〝ヒデさん〟こと元大蔵官僚の広橋秀彦を「あなたは私のライフワークだった」と慕い、大疑獄事件をスクープしたジャーナリストの草壁明夫が殺された。三人の悪党のうち〝ピスケン〟阪口健太、〝軍曹〟大河原勲は、持ち前の度胸、体力を使い独自に動き出したが、広橋が選んだ行動とは――。そして、三人についに別れが訪れる。「きんぴか劇場」終演で、感動に包まれる第三巻!

 

owarini

簡単ですがきんぴかシリーズの解説でした。

ぜひ読んでみてください。

ではまた。良い読書ライフを!

別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

シリーズ本をまとめる本好き
たkる
たkると申します。大学生のとき読書に目覚めてそれからは年100~300冊くらい読んでます。 読書傾向は乱読で、本を買っては読み、読んでは書き、を繰り返しています。 本サイトではシリーズものの小説や読書グッズのおすすめをメインに紹介していきますのでよろしくお願いいたします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA