ブックオフ

ブックオフの本の並び順を覚えて効率よく本を購入するコツ

初めに

ブックオフに初めてきた人はその独特の並び順に驚くことが多いといいます。
価格別の配置というのは普通の本屋ではありえないし、新刊が平積みされていたりはしません。
ブックオフをすばやく見て回るには並び順を覚えるのが重要です。
今日は、ブックオフの並び順のポイントを紹介します。

ブックオフと新刊書店の並び順の違い

普通の書店では本は、分野ごとで分かれており、新刊は平積みされてわかりやすくなっています。
なので、話題の本を探す場合、新刊書店で迷うことはまずありません。
平積みされている本をみれば、広告やCMなどで見たことのある本が並んでいてフィーリングで買うこともできます。また、平積みされている本以外の本は基本的にはロングセラーばかりです。売れないかこの本を置いていることはほぼありません。
そういった意味では新刊書店はある程度餞別された本のみが並んでいるといえます。
一方でブックオフは、そういった選別は一切ありません。
新刊から過去の本まで一律に棚に差し込まれています。
なので初めのうちはどの本を選べばよいのかわからず、戸惑ってしまうかもしれません。
しかし、逆にいえば新刊書店では出会えない本と出あえるチャンスとも言えます。
これだと思う本を選んでみるのも面白いのかもしれません。
以下にブックオフの並び順についてもう少し詳しくまとめました。

ブックオフで素早く本を選び出すコツ

ブックオフは価格別で棚が違う

ブックオフの最大の特徴として、価格帯によって棚が分かれていることが挙げられます。
ブックオフでは100~200円のエリアとそれ以上のエリアは明確に分離されており、同じ分野の本の売り場が2分されています。まずはここを抑えましょう。
つまり、例えば心理学の本を探していて200円以上のエリアを探してなかったので帰ったら、実は100~200円のエリアにあった!というようなこともあり得ます。
本を探すときは、必ず100~200円のエリアと200円以上のエリアの両方を探すようにしましょう。

作者と出版社を抑えよう!

ブックオフでは、ノンフィクションなどは大まかに分野で分かれていることが多いですが、小説や自己啓発書などは作者の名前順か出版社の名前順で並べられていることが多いです。
なので、欲しい本は本のタイトルだけでなく、出版社と作者の情報を抑えておくとスムーズに目的の本を探し出すことができます。
特に漫画などは雑誌と出版社の名前が異なるため、予め調べておかないと迷うことになります。

並び順を覚えよう!

ノンフィクション系の本は、どこの店舗でも同じ順番で分野が並べられています。そのため、自分がよく買う本の分野がある人はその分野の前後の分野を覚えておくと、広い店内でもスムーズに本を探し出すことが可能です。

まとめ

ブックオフの分類体系は値段による分類がポイントですね。
また店舗によっては電波が悪いこともあるのであらかじめ出版社や作者を調べておくことは重要です!
その他の分類については図書館に近いような感じなので、慣れてくると普通の書店よりも探しやすいと個人的には感じています。
RELATED POST