シリーズごと PRあり

テメレア戦記シリーズの読む順番と新刊情報まとめ!歴史改変SFファンタジーを紹介

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

本記事では、ナオミ・ノヴィクさんのテメレア戦記シリーズを紹介します。

あらすじ、読む順番、新刊情報などがわかります。

では参ります。

最新情報

2023/5/12 「テメレア戦記 7 黄金のるつぼ」発売

2022/10/11 第6巻「テメレア戦記 6 大海蛇の舌」の文庫版が発売

created by Rinker
¥2,530
(2024/05/21 01:04:09時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
静山社文庫
¥924
(2024/05/21 01:04:10時点 Amazon調べ-詳細)

テメレア戦記とは?あらすじとシリーズ概要を解説

まずはシリーズの概要を紹介します。

タイトル テメレア戦記
Temeraire(原題)
作者 ナオミ・ノヴィク
出版社 ヴィレッジブックス(日本)
デル・レイ・ブックス(アメリカ)
既刊 7巻(日本)
9巻(アメリカ)
メディア化 未定

テメレア戦記はアメリカ合衆国の歴史改変SFファンタジー小説です。

アメリカでは2006年3月からスタートしていますが、日本では2007年12月から那覇かおりの翻訳で日本語版が刊行されています。

ナポレオン戦争時代の話で、ドラゴンと人が関わりを持っているというパラレルワールドが描かれており、実在する国家や人物が登場。

そして物語の中でドラゴンが重要な役割を果たしています。

テメレア戦記シリーズの読む順番と新刊情報

続いては読む順番を紹介します。

刊行作品は以下の通り。

No タイトル 発売年月日
1 第1巻「気高き王家の翼」 2007年12月1日
2 第2巻「翡翠の玉座」 2008年12月20日
3 第3巻「黒雲の彼方へ」 2009年12月26日
4 第4巻「象牙の帝国」 2011年11月30日
5 第5巻「鷲の勝利」 2013年12月20日
6 第6巻「大海蛇の舌」 2015年3月28日
7 第7巻「黄金のるつぼ」 2023年5月11日

文庫版は順次出ており、2022年10月に第6巻まで追いつきました!が、単行本は第7巻が発売!

ではそれぞれのあらすじを見ていきましょう。

1.「気高き王家の翼」

まずはシリーズ第1巻の「気高き王家の翼」です。

created by Rinker
¥841
(2024/05/21 01:04:11時点 Amazon調べ-詳細)

◆あらすじ

テメレア―それは誉れ高きドラゴン。漆黒の翼はためかせ、この世に舞い降りた。清廉なる海軍将校ローレンスと深き絆を結びしその竜は、高貴なる血がため、苛烈な戦いへと赴く宿命にあった…全世界で話題沸騰、壮大なる歴史ファンタジー、ここに開幕!ローカス賞、ジョン・キャンベル新人賞受賞。

2.「翡翠の玉座」

続いてはシリーズ第2巻の「翡翠の玉座」です。

3.「黒雲の彼方へ」

続いてはシリーズ第3巻の「黒雲の彼方へ」です。

created by Rinker
¥906
(2024/05/21 01:04:13時点 Amazon調べ-詳細)

4.「象牙の帝国」

続いてはシリーズ第4巻の「象牙の帝国」です。

created by Rinker
¥946
(2024/05/21 01:04:15時点 Amazon調べ-詳細)

5.「鷲の勝利」

続いてはシリーズ第5巻の「鷲の勝利」です。

単行本

created by Rinker
¥906
(2024/05/21 01:04:15時点 Amazon調べ-詳細)

文庫・Kindle

6.「大海蛇の舌」

続いてはシリーズ第6巻の「大海蛇の舌」です。

created by Rinker
静山社文庫
¥924
(2024/05/21 01:04:10時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
静山社文庫
¥946
(2024/05/21 01:04:17時点 Amazon調べ-詳細)

7.「黄金のるつぼ」

続いては第7巻の「テメレア戦記 7 黄金のるつぼ」です。

created by Rinker
¥2,530
(2024/05/21 01:04:09時点 Amazon調べ-詳細)

あらすじは以下の通り。

過酷な戦いと長旅の末、軍務から離れる決意を固めたローレンスは、オーストラリア内陸の地“緑の谷間”でテメレアとともに隠遁生活を送っていた。ところが、安息の日々を打ち破るように、意外な英国の使者がやってくる。南米大陸に勢力を拡大するナポレオン軍に対抗するため、英国政府がローレンスに軍務復帰を求めていた。胸に秘めた愛国心とテメレアの闘志を支えに、ローレンスたちはふたたび大海原へ、そして未だ見ぬインカ帝国へ――!

引用元:Amazon

 

8巻以降の新刊も英語版は出ている!

邦訳は以上となりますが、ちなみに原作の英語版は先が出ています。

なので、今後順次和訳されていくものと思われます。

◆原作新刊情報

  • 7.Crucible of Gold: A Novel of Temeraire (2012/3/6)
  • 8.Blood of Tyrants: Book Eight of Temeraire
  • 9.League of Dragons: A Novel of Temeraire (2016/6/14)

日本語版は第6巻まで!

まとめ

主人公であるドラゴンが人間と共に戦い、その絆の強さに心惹かれました。

また物語の舞台がイギリスから中国、そしてアフリカへと移っていくので、毎回どのような展開になるのかワクワクします。

日本語版はまだ6巻までの刊行ですので続きに期待したいと思います。

別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

シリーズ本をまとめる本好き
たkる
たkると申します。大学生のとき読書に目覚めてそれからは年100~300冊くらい読んでます。 読書傾向は乱読で、本を買っては読み、読んでは書き、を繰り返しています。 本サイトではシリーズものの小説や読書グッズのおすすめをメインに紹介していきますのでよろしくお願いいたします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA