風呂場での読書には防水ブックカバーユウブミを!

風呂場での読書には防水ブックカバーユウブミを!

以前読んだ本に『朝リーディング』という本があって、その本の中で「朝早起きして湯船につかりながら本を読むと、満足度高いよ!」というような内容が書かれていました。

この本がかなり面白くて、朝から風呂場で本とか超優雅じゃん!

と思い、それから風呂場で読書をしたい欲が上がっていました。

風呂場で読書は難しい

ただ、実際風呂場で読書をしようとすると、結構障害が多くて、自宅であれば家族からの早よ上がれプレッシャーだったり、本が湿気でフニャフニャになってしまう問題であったり。

特に水と紙というのはアンパンマンと水くらい相性最悪で、フニャフニャになるリスクはかなり高いです。

いずれ本を貸したり売ったりすることもあるかもなーと考えると、もう手元に残し続けることが確定した本以外は、なかなかお風呂読書に踏み出せませんでした。

ちなみに、風呂場で足を滑らせて、お気に入りの本を1冊水没させてしまったことも。

その本は偶然予備を買っておいたので事なきを得ましたが、借り物の本などは絶対風呂場では読めないな!とそのとき思いました。

あと、家族のプレッシャーもあったので自宅では午前2時くらいとかに風呂場で読んでました。

そうすると途中ウトウトしてきたりして自分自身も水没しそうになったり(笑)

風呂場の読書は結構難しいなという印象でした。

防水カバーというアイデア

その後一人暮らしを始め、家族からの早よ出ろプレッシャーはなくなったものの、水没のリスクは依然として残りました。

そんなときに出会ったのがこちらのアイテム。

防水性ブックカバーというやつです。


丸隆 防水ブックカバー 文庫本サイズ 透明

使ってみた感想としては、まあ正直完全にフニャらないかといわれれば、そうでもないですが、髪から水滴が本に落ちるような場面はしっかりガードしてくれます。

とはいえ、ページをめくるときとかにやはり少しは濡れてしまうので気休め程度という印象でした。

という話を友人にしたところ、いいのがあるとのことで紹介されたのが、防水ブックカバーの完全形態とも言える以下の商品です。

完全防水ブックカバーはすごい!

完全防水ブックカバーという商品があるとのことで、探してみると、確かにすごいやつがでてきました。

このジェコルの完全防水ブックカバーは、真空パックのような密閉されたブックカバーに本を入れてしまいます。

そして、ページをめくるときは外側に設置されたから指サックのような突起を通して行うため濡れた手で本を触る必要がありません。

…密閉してしまえば確かに濡れることはないし、水没しても大丈夫!これ確かにこれ考えた人天才かよ!と思いました。

ただ、個人的な理由なんですが、その当時大学の研究室でよく見かけていた真空作業用ドラフトにちょっと似ていてそこだけはなんか嫌でした(笑)

ともあれこのアイテムを手に入れたことで風呂場での読書という悲願は達成されました。めでたし。

 


ジェコル 完全防水ブックケース ユウブミ~湯文~ブンコ YB05−BL ブルー

まとめ

風呂場で読書は最近ではKINDLEの防水版も出たということでそちらもなかなかアツいなと思っています。

紙の本で風呂場で読書したい人はこの完全防水ブックカバー「ゆうぶみ」がオススメです。

この商品、完全に発想の勝利ですね!


Kindle Oasis、電子書籍リーダー、Wi-Fi、8GB、キャンペーン情報つきモデル