おすすめグッズ

【風呂読書のオススメ!】Kindlepaperwhiteとかいう文明の利器がすごく良い!

kindlepaperwhite-review

KindlePaperWhiteというKindleの比較的新しいモデルを2019年のサイバーマンデーで購入しました。

そしてそれが購入から数日たった今日、ついに届いた!ということで、さっそく使ってみました!

以下でその使い勝手とか簡単な感想を述べていきたいと思います。

動画版も作りました↓

風呂読書に耐えうる防水性!KindlePaperWhiteとは?

kindlepaperwhite-top

まずはKindlePaperWhiteとは何か、という概要について簡単に紹介します。

Kindlepaperwhiteとは、Amazonの電子書籍を読めるKindleシリーズの最新モデルです。

特徴としては、薄くて軽い上に防水(IPX8等級)で、さらに1回の充電で数週間使えるとかそんな感じ

たkる
たkる
池ぽちゃしてもまあ30分くらいは大丈夫だそうです

という要は最新にして最強の電子書籍リーダーなんです。

たkる
たkる
値段は普段は13000円くらいしますが、サイバーマンデーのセールでは7980円になっており、目玉商品の一つでした!

これを買うまでは風呂での読書にはこんな感じのめっちゃめんどくさいアイテムが必要でした!

yubumi

で、こんなん毎回付けてられないので、満を持して電子書籍を購入していて、今日届きました!

中身はこんな感じ↓

箱の中に本体、説明書、充電ケーブルが入っています!

で、最初に5分くらいで終わるWifiとかAmazonアカウントの紐付けがあって、それを完了すると読書に入ることができます。

じゃあ、さっそく使ってみましたというところで、以下でKindlepaperwhiteの感動ポイントを紹介します!

 

KindlePaperWhiteの機能!防水だけじゃないここがすごいおすすめポイントまとめ!

では続いては、KindlePaperWhiteをさっそく使ってみた上での、機能として個人的にすごいと思ったところを紹介します。

具体的には以下の3つです。

  • IPhoneより軽い
  • 水で濡れてもフリックできる
  • 紙の本に近い色使い

それぞれ画像付きで紹介していきます。

IPhoneより軽い

Kindlepaperwhiteを触ってみてまず驚いたのが、その圧倒的な軽さでした。

Kindlepaperwhiteはサイズ的には、文庫本よりやや大きいくらいで割と横幅はあるんですが、超圧倒的に軽量ボディです。

kindle-size

どのくらい軽いかというと、サイズ的には半分にも満たないi-phoneよりも軽いくらい!

全然ストレスがないです。

たkる
たkる
ベッドでゴロゴロしながら見るなら携帯よりKindlepaperwhite!

なんでそんなに軽いのか、というと端末の厚みがとにかく薄いからです。

見る向きだとこんな感じですが・・・

kindle-package

縦にするとこうなる!

kindle-package-yoko

・・・え、これ、すごない?

水で濡れてもフリックできる

kindlepaperwhite-kinou

Kindlepaperwhiteが来たということで、次に紙の本では絶対に進出できなかった風呂読書をしてみたんですが、そこで驚いたのが防水耐性の高さです。

具体的には、水がついた状態でも普通にフリックしたり、スクロールしたりできる点がすごいなと思いました。

防水携帯とかって多いけど、普通携帯はタッチパネルが濡れるとうまくフリックできなかったりするんですが、Kindlepaperwhiteは水濡れ御構い無しでした!

たkる
たkる
お風呂利用を想定された作りで、マジ便利!

あと水没を恐れなくても良いという安心感は精神的にリラックスできる!

紙の本に近い色使い

3つ目にすごいなと思ったのはKindlepaperwhiteの色合いです。

これは自分の偏見ですが、電子書籍リーダーってめっちゃパサパサした色ですごくみづらいというイメージがあったんです(10年前くらいのイメージ)。

ただ、これは科学技術の進歩によっていつの間にか改善されていたみたいで、今日使ってみた感想は、なんなら紙の本より目が疲れないかもしれない、でした。

こんな感じ↓

kindle-miyasusa

あ、これなら無限に読めるな!と風呂場で確信・・・!(2冊読みました笑)

たkる
たkる
普通ディスプレイをを見ると目が疲れるものですが、風呂場でKindlePaperWhiteなら逆に目が回復する!

読んだ本↓


武器としての書く技術 (中経出版)


三人打ちフリー雀荘なんて怖くない サンマフリーのルール・京都編 三人打ち麻雀ルールシリーズ

Kindlepaperwhiteの広告ありかなしか問題!読書中はそんなにウザくない

ちなみにこのKindlepaperwhiteですが、広告ありと広告なしのバージョンが購入時に選べます。

広告なしだと確か端末代が2000円くらい高くなるけど、広告が出ない!

逆に広告ありだと端末は安いけど広告が出る、という仕様です。

で、ぶっちゃけ広告ってどのくらいの頻度で出るの?とかどのくらい読書の邪魔になるの?とかが気になるところかなと思います。

まだ1日使ってみただけですが、所感としてはそんなに広告はうざくないです。

読書中は全く広告は出ないので読書そのものが阻害されることはなく、選書中は下の方にちょっと出ていますが、別に無茶苦茶うざいというほどでもない。

気にしない人は多分問題なく使えるはずですが、きっちりしている人は広告なしを選ぶのもアリだと思います。

番外編:KindlePaperWhite到着までのAmazon配達員のお兄さんとのやりとりで知った住所の話

という感じでKindlepaperwhiteめっちゃ良さげだったので、風呂読書に乗り出したい人や、電子書籍リーダー買い替えどきだな!って思っていた方はぜひどうぞ!

というのがこの記事の主旨でした。

 

最後にこれは余談なんですが、普段Amazonをあまり使わない勢にとって重要かもしれない、一応シェアしたい情報がありますのでそれを紹介して終わろうかなと思います。

それがAmazonの登録情報に記載する住所の話

自分は市区町村と番地、そしてマンションの部屋番号を書いていたんですが、これだけだと荷物が届かない場合があるんだそうです。

なぜかというと、マンション名がないから。

マンション名がなくても住所があれば届くのでは?と思っていたんですが、そうではないことがわかりました。

具体的にいうと、実はうちの近所はマンションが密集していた関係もあり、住所だけだと隣のマンションと同じになってしまっていたんだそうです。

しかもどっちのマンションも大体高さが同じで部屋数も同じくらい。

ぶっちゃけ届くかどうかは50%だったそうです。

・・・なんだってーーー!すみませんでした(土下座)!

となりました。マンション名めんどく下がりがちな人でマンションがいっぱいある地域にお住いの方はお気をつけください。

という雑学的な情報で終わる。

たkる
たkる
住所はマンション名までちゃんと書こう!たkるさんとの約束だ!

ではまた。良い読書ライフを!

風呂場での読書には防水ブックカバーユウブミを!以前読んだ本に『朝リーディング』という本があって、その本の中で「朝早起きして湯船につかりながら本を読むと、満足度高いよ!」というような内...
【本好きにおすすめ2019年編】「俺、このサイバーマンデーが終わったらKindleデビューするんだ」2019年のサイバーマンデーが近づいていますね。 こういったお祭り系にはあんまりこれまで乗ってこなかったんですが、今年はちょっと乗...