小説レビュー

2021最新『本と鍵の季節』の続編『栞と毒の季節』が小説すばる連載開始!するらしいです

米澤穂信さんの小説『本と鍵の季節』に続編が登場予定らしいとの情報をキャッチしました。

タイトルは『栞と毒の季節』とのこと!

2021年に『小説すばる』で連載が開始し、年内に1冊の本にまとまる予定だそうです。

まだ詳細情報は分かっていないんですが、せっかくなので第1巻を振り返って行きましょう!(何か発表があったら追記します)

たkる
たkる
『本と鍵の季節』実はわりと好き!
広告

第1巻『本と鍵の季節』のあらすじを振りかえってみよう!

というわけで第1巻を振り返って行きます。

hontokagi1

登場人物は以下の2名。

  • 堀川次郎…主人公。男子高校生(2年)。図書委員。
  • 松倉詩門(しもん)…同じく高校二年の図書委員。目立つ存在だが皮肉屋な側面もある。

2人の男子高校生が謎に挑んでいくというストーリーです。

この2人はどちらがワトソン役みたいなのはあんまりなくて、フラットに捜査を進めます。

たkる
たkる
善意と悪意のどっちを重視して人の行動を読み解くかの立場が違うという新しいスタイル!

内容は短編全6編となっており、表題作である『本と鍵の季節』では、3年生の先輩女子に頼まれて自宅のダイヤル式金庫の解錠番号を推理するというお話になります。

たkる
たkる
作者特有の人が死なないミステリーです。

シリーズの特徴は同じ作者の別シリーズである「古典部シリーズ」がハッピーエンド気味に終わることが多いのに対し、本作は爽やかなほろ苦さと言われています。

詳しい話は(ネタバレを避けるべく)本書を読んでほしいのですが、確かにそんな感じです。

たkる
たkる
またキャラクターの特徴(ややシニカル)的にも、古典部シリーズよりは小市民シリーズに近いテイストですね!

『本と鍵の季節』の続編『栞と毒の季節』は小説すばるで連載予定

hontokagi-zokuhen

そんな感じが第1巻『本と鍵の季節』のあらすじでした。

第2巻となる『栞と毒の季節』は「小説すばる」という月刊誌で2021年から連載予定とのこと。

  • 1.『本と鍵の季節』
  • 2.『栞と毒の季節』

…2021年に小説すばるで連載するらしい!

ソースは「このミステリーがすごい!2021年度版」です。

また何かあったら追記していきます。とりいそぎそんな感じ!

ではまた。良い読書ライフを!

別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です