読む順番

館シリーズの読む順番!最新刊は『鬼面館の殺人』【綾辻行人著】

綾辻行人さんの「館シリーズ」の読む順番をまとめていきます。

2019年7月現在の最新刊は『鬼面館の殺人』です。

綾辻行人「館シリーズ」とは

まずは綾辻行人「館シリーズ」とはどのような物語なのかを簡単に紹介していきます。


十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

この館シリーズは文字通り館の中というクローズドサークルで起こるミステリーを解いていくことになります。

第1巻の『十角館の殺人』では、ミステリ研究会の学生たちが孤島に存在する十角館を訪れ、そこで連続殺人に遭遇し・・・

というストーリー。

アガサクリスティ『そして誰もいなくなった』をリスペクトしているという話もあり、そんな感じの話が好きな人にオススメ

 

綾辻行人「館シリーズ」の読む順番

続いて綾辻行人「館シリーズ」の読む順番をまとめていきます。

現在刊行中の作品は以下の通り。

1.十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

 

2.水車館の殺人〈新装改訂版〉 「館」シリーズ (講談社文庫)

 

3.迷路館の殺人<新装改訂版> (講談社文庫)

 

4.人形館の殺人〈新装改訂版〉 「館」シリーズ (講談社文庫)

 

5.時計館の殺人 (講談社文庫)

 

6.黒猫館の殺人〈新装改訂版〉 (講談社文庫)

 

7.暗黒館の殺人 上下巻セット (講談社ノベルス)

 

8.びっくり館の殺人 (講談社文庫)

 

9.奇面館の殺人 (講談社ノベルス)

 

館シリーズのゲームソフト「ナイトメアプロジェクトYAKATA」

実は館シリーズはゲーム化もなされています。


ナイトメア・プロジェクトYAKATA

それがこちらの「ナイトメアプロジェクトYAKATA」です。

原作の1~5巻をもとにして作られたゲームで、ディスク三枚組という大ボリュームな作品。

宮部みゆきさんはこのゲームでゲーマーになったそうです。

 

青崎有吾『体育館の殺人シリーズ』は館シリーズをリスペクト

ちなみに館シリーズは他の小説家にも影響を与えています。


体育館の殺人 (創元推理文庫)

例えば、青崎有吾さんの『体育館の殺人シリーズ』は館シリーズをリスペクトして作られた作品で、同じく『〇〇館の殺人』というタイトルで続くシリーズです。

青崎有吾『裏染天馬シリーズ』の読む順番あらすじまとめ【平成のエラリークイーンの実力】平成のエラリー・クイーンと呼ばれる作家の青崎有吾。 その代表的シリーズ本の一つである『裏染天馬シリーズ』の読む順番をまとめていきま...

終わりに

ここまで綾辻行人「館シリーズ」の読む順番とあらすじを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

国内のクローズドサークルといえばこれ!というような作品です。

ぜひ読んでみてください。

ではまた。良い読書ライフを!

大聖堂で完結!周木律『堂シリーズ』の読む順番周木律さんの小説『堂シリーズ』の読む順番をまとめていきます。 2019年2月15日に最終巻『大聖堂の殺人』が発売予定とのことで、今...
屍人荘の殺人シリーズの読む順番!続編は魔眼の匣の殺人【映画化キャスト決定】「このミステリーがすごい!」2018年度版国内編第1位、第18回本格ミステリ大賞など数々の賞を受賞した今村昌弘さんの小説「屍人荘の殺人」...
青崎有吾『裏染天馬シリーズ』の読む順番あらすじまとめ【平成のエラリークイーンの実力】平成のエラリー・クイーンと呼ばれる作家の青崎有吾。 その代表的シリーズ本の一つである『裏染天馬シリーズ』の読む順番をまとめていきま...
別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?

nicoichi-top「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」

「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番をまとめています。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も知れちゃいます!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認していってはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く