作者ごと

乾くるみの読む順番!初心者にオススメな作品はこれだ!

本記事では乾くるみを初めて読む人にオススメな作品を紹介します。

  • 乾くるみってどんな作家なんだろう?
  • 初心者はまずどの作品から入るべき?

と言う悩みがある人はぜひ参考にしてください。

では始めていきます。

広告

乾くるみとはどんな作家?作風と魅力を解説

まずは概要です。

推理小説作家で、主にミステリを中心に作品を出していますが、特に終盤でガラリと様相を変える『どんでん返し』を得意としています。

こんな作家です。ちなみに作風が近い作家としては、

が挙げられています。

理由↓

同じミステリ作家で、どんでん返しの結末の作品も多く執筆している

minatokanae-top
湊かなえの読む順番!初心者におすすめな作品はこれだ!本記事では湊かなえを初めて読む人にオススメな作品を紹介します。 湊かなえってどんな作家なんだろう? 初心者はまずどの作品...

乾くるみの読む順番!初心者におすすめな作品はこれだ!

kankurumi-order-top

ここからは乾くるみを初めて読む人におすすめの作品を3冊紹介します。

ぜひ参考にしてください。

◆読む順番の注意点は?

『カラット探偵事務所の事件簿』はシリーズ作品で、現在1〜3まで発売されているので、1から読むことをおすすめします。

 

『リピート』

まずは『リピート』です。

created by Rinker
¥815
(2022/11/22 19:24:34時点 Amazon調べ-詳細)

◆こんな作品!

ある特殊な能力を持った謎の男から主人公にかかってきた電話から始まるストーリーですが、とにかく設定が秀逸です。そして、登場人物の共通点も推理要素の一つになっていて、読み進めるにつれて少しずつ真相に迫る感じが堪りません。驚愕のラストも必見です。

 

『セブン』

続いては『セブン』です。

created by Rinker
¥574
(2022/11/22 19:24:34時点 Amazon調べ-詳細)

◆こんな作品!

乾くるみ作品では珍しい短編集ですが、どれも奇想天外なトリックが仕掛けられています。

特に一番最初に収録されている『ラッキーセブン』は、『カイジ』や『ライアーゲーム』にも通じるような奇抜なルールのゲームが題材になっていて、夢中で読み進められると思います。

 

『イニシエーション・ラブ』

続いては『イニシエーション・ラブ』です。

created by Rinker
¥631
(2022/11/22 19:24:35時点 Amazon調べ-詳細)

◆こんな作品!

松田翔太と前田敦子主演で映画にもなった筆者の代表作ですが、これぞ「どんでん返し」ミステリ小説の醍醐味という、あまりにも鮮やかな叙述トリックが爽快です。特にミステリ小説を読んでことが無い方には読みやすくておすすめです。

>>イニシエーションラブに嵌った人はジグソーパズル48を次に読むべき!

まとめ

乾くるみを初めて読む人にオススメな作品は以下の3冊です。

  • 『リピート』
  • 『セブン』
  • 『イニシエーション・ラブ』

ぜひ読んでみてください。

ではまた。良い読書ライフを!

別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

関連コンテンツ(広告あり)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。