シリーズごと PRあり

西條奈加「金春屋ゴメス」シリーズの読む順番と新刊情報まとめ

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

西條奈加「金春屋(コンパルヤ)ゴメス」シリーズの読む順番は「刊行順」がおすすめです。

「金春屋ゴメス」シリーズの読む順番と新刊情報をまとめます。

最新情報
2023/07/28 第3巻「金春屋ゴメス 因果の刀」発売

created by Rinker
新潮社
¥935
(2024/06/03 23:58:00時点 Amazon調べ-詳細)

西條奈加「金春屋ゴメス」シリーズとは?

まずは概要です。

タイトル 「金春屋ゴメス」シリーズ
作者 西條奈加
出版社 新潮文庫
既刊 3巻
メディア化 なし

鎖国した近未来の日本(と江戸国)を描いた ファンタジーノベル。

倍率300倍の江戸国へ入学した主人公の奉公先はハチャメチャな「金春屋ゴメス」だった・・!

ファンによる評価は以下の通り!

□総合評価

0.0
星5つ中の0.0(0人のレビュー)
とても良い0%
良い0%
普通0%
イマイチ0%
つまらなかった0%
みんなのコメント!

まだレビューがありません。あなたの意見をぜひ聞かせてください。

シリーズのレビューをお願いします!!









第1巻⇩

created by Rinker
¥663
(2024/06/03 23:58:02時点 Amazon調べ-詳細)

「金春屋ゴメス」シリーズの読む順番と新刊情報まとめ

続いては読む順番です。
現在の刊行情報は以下の通り。

◆「金春屋ゴメス」の読む順番

  1. 金春屋ゴメス
  2. 金春屋ゴメス 芥子の花
  3. 金春屋ゴメス 因果の刀

※タイトルを押すと該当部分まで飛べます。

では、それぞれを見ていきましょう。

1.金春屋ゴメス

まずはシリーズ第1巻の『金春屋ゴメス』です。

created by Rinker
¥663
(2024/06/03 23:58:02時点 Amazon調べ-詳細)

あらすじは以下の通り。

近未来の日本に、鎖国状態の「江戸国」が出現。競争率三百倍の難関を潜り抜け、入国を許可された大学二年生の辰次郎。身請け先は、身の丈六尺六寸、目方四十六貫、極悪非道、無慈悲で鳴らした「金春屋ゴメス」こと長崎奉行馬込播磨守だった! ゴメスに致死率100%の流行病「鬼赤痢」の正体を突き止めることを命じられた辰次郎は――。「日本ファンタジーノベル大賞」大賞受賞作。

 

2.金春屋ゴメス 芥子の花

続いてはシリーズ第2巻の『金春屋ゴメス 芥子の花』です。

created by Rinker
¥781
(2024/06/03 23:58:03時点 Amazon調べ-詳細)

あらすじは以下の通り。

人が月に住む近未来の日本に、独立を宣言し、鎖国状態の「江戸国」が出現した。上質の阿片が海外に出回り、その産地として日本をはじめ諸外国から槍玉に挙げられた江戸国。老中から探索を命じられた「金春屋ゴメス」こと長崎奉行馬込播磨守は、阿片を祭祀に使用する異人たちが住む麻衣椰村に目をつけ、辰次郎や松吉に真相の究明を命じるが――。直木賞作家、西條奈加の幻のデビュー作「金春屋ゴメス」シリーズ第二弾。

 

3.金春屋ゴメス 因果の刀

続いてはシリーズ第3巻の『金春屋ゴメス 因果の刀』です。

created by Rinker
新潮社
¥935
(2024/06/03 23:58:00時点 Amazon調べ-詳細)

あらすじは以下の通り。

ゴメス、人を殺して逮捕!  開国以来の危機に瀕する江戸国の行方は?
江戸国からの阿片流出事件について、日本から査察が入った。団長は大御所議員の印西茂樹。江戸城で評定が開かれる中、印西は秘密裡にゴメスに接触し、江戸国の開国と明け渡しを迫る。印西の目的は江戸国深くに眠る白緑石で、この資源を元にロケット燃料を開発し暴利を貪る算段だ。拒絶すれば江戸国は消滅――。開国以来の危機に襲われる江戸国をゴメスは守り切れるか。書き下ろし長編。

owarini
簡単ですが金春屋ゴメスシリーズの解説でした。
ぜひ読んでみてください。
ではまた。良い読書ライフを!

別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

シリーズ本をまとめる本好き
たkる
たkると申します。大学生のとき読書に目覚めてそれからは年100~300冊くらい読んでます。 読書傾向は乱読で、本を買っては読み、読んでは書き、を繰り返しています。 本サイトではシリーズものの小説や読書グッズのおすすめをメインに紹介していきますのでよろしくお願いいたします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA