読書のためのオススメグッズ

目黒の雅叙園でラグジュアリー読書(900円~)

gajyoen-top

なんかたまにはいい感じのホテルとかで読書がしたいなーと思うこともあるかと思います。

地上40階の絶景とか、海の目の前で波の音を聞きながらとか、そういうやつです。

とはいえ、実際には時間的にもお金的にもそんなに頻繁にそんなスペースには出かけられない・・!

という人も多いかと。

そんなときにオススメなのが「目黒の雅叙園」です。

東京近郊にお住いの方限定ではありますが、ラグジュアリー読書が800円~で楽しめます

今日はこの目黒雅叙園のカフェを紹介していきます。

目黒駅から徒歩5分、最高級ホテル「雅叙園」とは?

まずは雅叙園って何?叙々苑の仲間?と思う人もいると思うので、簡単に雅叙園について紹介します。

雅叙園というのは、東京の目黒駅付近にある高級ホテルです。

特徴として日本美のミュージアムホテルというコンセプトで、内装に池とか日本庭園とかがあります。

gajyoen-top

映画「千と千尋の神隠し」の湯屋のモデルにもなったホテルとして有名ですね。

 

雅叙園のオシャレさ!ここは果たして東京なのか?

じゃあ、実際雅叙園ってどんな感じなのか、というのを写真付きで紹介していきましょう。

まず正門っぽいところを入ってまっすぐ続いた廊下を進んでいくと、こんな感じのがでてきます。

gajyoen-rouka

なぜ室内に池があるのか?とかそういう細かいことは気にしてはいけない、そんな場所です。

で、この廊下を進んでいくと、左手にカフェエリアが見えてきます。

gajyoen-cafe

ちなみに上の写真は、カフェ側から廊下を見た感じです。

なんかめっちゃオシャレな感じが伝わるかと。

で外を見るとさらに凄くて、こんな感じの銀閣寺感があります。

gajyoen-kesiki

スクリーンとかではなくて、ふつうに建物の外にこの景色があって、わりと人も通ります

中はわりと洋風なオシャレさなのに外は京都!みたいなそんなギャップが魅力!

雅叙園のコスパ!コーヒー1杯800円からで意外に安い

で、そんなにオシャレさ高かったら値段もヤバいんとちゃう?と思うところですが、カフェ利用だけだとコスパは意外といいです。

コーヒーの値段は800円~と、ふつうにちょっといいカフェと同程度。2スタバくらいです。

そのお値段で上記の景色とか雰囲気を楽しめるわけです。

アクセス的にも目黒駅から徒歩5分とかだし、まさに都会の楽園

ラグジュアリー読書がしたいぞ!と思い立った人とか、低予算でいい感じの場所で読書会を開催したいとか、そんな感じの人にオススメです。

ウインナーコーヒーなのにコクがあり感動した(900円)

gajyoen-coffee

ちなみにこれはこないだ自分が雅叙園に行ったときに頼んだウインナーコーヒーです。

感動したのは、ウインナーコーヒーなのにコーヒーの味がしっかりコクが感じられたこと。

ウインナーコーヒーってクリームで乱されてコーヒーの味あんまりわからない!みたいななのも多いですが雅叙園は一味違います。

クリームとコーヒーで二度楽しめます!

おすすめ。

雅叙園で作業をしてみたら・・スケールがワンランク高い会話が聞こえてきたよ

最後に自分がこの雅叙園で作業をしてみたときの感想を紹介していこうかなと思います。

感想は以下のツイートに凝縮したんですが、まあそんな感じでした。特徴は会話のスケールがふつうのカフェよりやや大きいこと。

実際、自分がちょうど雅叙園で読書をしつつこの記事を書いていたときは、両隣で遺産相続の話と婚活初顔合わせの話がなされていました。

どちらもふつうのカフェではなかなか聞こえてこない会話だなと思いました。(小並感)

終わりに

という感じの雅叙園でした。

ちょっといい感じの場所で作業をすると、クリエイティブなアイデアが浮かびやすかったり、やけに高い意識で集中できたりするのでオススメです。

ぜひ近くに立ち寄りの際は使ってみてください。

遠い人は泊まってみるのもありです!

なお1泊の宿泊費は1人利用時で6万円くらい、4人利用時で1人2万円くらいです!高級ですね!

ではまた。良い読書ライフを!

◇雅叙園からの鳥貴族という落差ムーブが個人的にオススメ!

izakaya-read
【高度な本好き裏話】夜に読書ができるオススメの居酒屋はTORIKIZOKU高度な本好きの裏事情シリーズ第2弾です。 今日はこれの元ネタを紹介していきます。 https://twitter.com/t...

◇こういうアイデア系のやつは、雅叙園ですごい降りてくる

koudonahonsuki-top
高度な本好きの会話まとめ【SSシリーズ】高度な本好きともなると、会話も一味違ってくることもあるかと思います。 今日はそんな高レベルな本好きたちにあるかもしれない、ちょっと...
RELATED POST