シリーズごと PRあり

警察庁特捜地域潜入班・鳴瀬清花シリーズの読む順番と新刊情報まとめ

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

内藤了「警察庁特捜地域潜入班・鳴瀬清花」シリーズの読む順番は「刊行順」がおすすめです。

「警察庁特捜地域潜入班・鳴瀬清花」シリーズの読む順番と新刊情報をまとめます。

最新情報

2023.11.25 第3巻「BEAST 警察庁特捜地域潜入班・鳴瀬清花 (角川ホラー文庫)」発売

第1巻↓

最新刊(3)↓

広告

内藤了「警察庁特捜地域潜入班・鳴瀬清花」シリーズとは?

まずは概要です。

タイトル 「警察庁特捜地域潜入班・鳴瀬清花」シリーズ
作者 内藤了
出版社 角川ホラー文庫
既刊 3
メディア化 なし

 

ファンによる評価は以下の通り!

□総合評価

0.0
Rated 0.0 out of 5
星5つ中の0.0(0人のレビュー)
とても良い0%
良い0%
普通0%
イマイチ0%
つまらなかった0%

 

みんなのコメント!

まだレビューがありません。あなたの意見をぜひ聞かせてください。

 

シリーズのレビューをお願いします!!




 

「警察庁特捜地域潜入班・鳴瀬清花」シリーズの読む順番と新刊情報まとめ

続いては読む順番です。

現在の刊行情報は以下の通り。

◆「警察庁特捜地域潜入班・鳴瀬清花」の読む順番

  1. FIND 警察庁特捜地域潜入班・鳴瀬清花
  2. LIVE 警察庁特捜地域潜入班・鳴瀬清花
  3. BEAST 警察庁特捜地域潜入班・鳴瀬清花

※タイトルを押すと該当部分まで飛べます。

では、それぞれを見ていきましょう。

 

1.FIND 警察庁特捜地域潜入班・鳴瀬清花

まずはシリーズ第1巻の『FIND 警察庁特捜地域潜入班・鳴瀬清花』です。

あらすじは以下の通り。

被疑者を勾留中に自死させたことで県警捜査一課を追われ、家庭にも居場所を失った刑事・木下清花。
異動先の「警察庁特捜地域潜入班」は、組織のはみ出し者が集められた新設部署だった。
最初に捜査対象となったのは栃木の村落で発生した「児童連続神隠し事件」。
その地では古くから、子供をさらう「ヤマヒト様」伝承が存在しており……。
清花たちは事件の真相を追い、村落への潜入捜査を開始する!

 

2.LIVE 警察庁特捜地域潜入班・鳴瀬清花

続いてはシリーズ第2巻の『LIVE 警察庁特捜地域潜入班・鳴瀬清花 』です。

あらすじは以下の通り。

新設部署「特捜地域潜入班」の一員となった刑事・鳴瀬清花。かつての上官・返町から、潜入班の許へ奇妙な調査依頼が舞い込む。「青森の旧家で起きた火災の現場から、“変なもの”が発見されたので調査してほしい」–現場に潜入した清花たちが目にしたのは、焼け残った土蔵に保管された14体の花嫁人形だった。謎の鍵を握る屋敷の当主は焼死。人形の秘密を探っていく中で、清花は戦慄の真相に辿り着く!

 

3.BEAST 警察庁特捜地域潜入班・鳴瀬清花

続いてはシリーズ第3巻の『BEAST 警察庁特捜地域潜入班・鳴瀬清花』です。

あらすじは以下の通り。

秩父山域で行方不明になっていた男性が遺体で発見された。ニホンオオカミの研究家だった男性の身体に残されていたのは、人とも獣ともつかない生物の複数の歯形。事故死か、それとも何かに襲われたのかーー真相を探るべく、潜入班は現地での調査に乗り出す。レコーダーに録音された謎の遠吠え、奇妙な“人狼”の目撃談……手がかりを辿り、狼信仰の伝わる神秘の地で清花たちが直面した恐るべき真実とは。

 

owarini

簡単ですが警察庁特捜地域潜入班・鳴瀬清花シリーズの解説でした。

ぜひ読んでみてください。

ではまた。良い読書ライフを!

別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

シリーズ本をまとめる本好き
たkる
たkると申します。大学生のとき読書に目覚めてそれからは年100~300冊くらい読んでます。 読書傾向は乱読で、本を買っては読み、読んでは書き、を繰り返しています。 本サイトではシリーズものの小説や読書グッズのおすすめをメインに紹介していきますのでよろしくお願いいたします。
\ Follow me /
関連コンテンツ(広告あり)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA