作者ごと

西加奈子さんのおすすめ小説と新刊・新作情報まとめ!

本記事では西加奈子さんの小説の新刊とおすすめを解説します。

たkる
たkる
心理描写が絶妙なアンニュイさがあると評判の西加奈子さん、今日はそんな彼女のおすすめ小説をいくつか紹介してもらいました。
本記事は西加奈子さんに詳しい本好きの方に書いてもらいました。
広告

西加奈子さんの作風は?海外色もある身近な人間関係が読みやすい

西加奈子さんはイラン・テヘラン生まれで、幼少期はエジプトのカイロで過ごされています。

小学校6年生の時に大阪に移り住み、今はバリバリの大阪人です。このような稀有な経験により、作品にも独特の雰囲気を漂わせています。

身近な人間関係を題材にした作品が多いため読みやすく、割とライトに読むことができます。

一方で繊細な心理描写や胸を刺す言葉の数々で、読み終えた後には心がほんわか温まりとてつもない満足感を得られます。

西加奈子さんのおすすめ小説3選!初心者はここから!

nishikanako-osusume-top

続いてはそんな西加奈子さんのおすすめ小説を紹介します。

さくら

さくらは2020年に映画化された作品です。

長谷川家の家族5人(父、母、長男の一、次男の薫、妹のミキ)と飼い犬の「サクラ」、それを取り巻く人々の物語です。

あらすじとしては、4年前に長男の一が亡くなってしまいます。それを機に幸せだった家族が崩壊してしまいます。

家族が「サクラ」をきっかけに徐々に修復していく様子が繊細に書かれているんです。

また、薫の目線で語られる過去の思い出により、それぞれの兄弟の恋愛や身近な人の愛に触れることができます。

読んでいて苦しくなる場面もありますが、最終的にはハッピーエンドになるため気分よく読み終えることができ、おすすめです。

オーディオブック版もあり↓

「i(あい)」

主人公のワイルド曽田アイは、シリアで生まれアメリカ人の父と日本人の母により養子として育てられました。

アイは同じ境遇の子どもを差し置いて、自分だけ日本という安全な国でのうのうと生きていることに苦悩します。

題名の「i」に込められた意味や様々な思いが、生きることへの絶対的な肯定をしてくれます。

とてもメッセージ性が強い作品で1冊読むのにすごく気力が入りますが、読んだ後には読み手によって様々な感情や思考が生まれ、最後に大きな感動をもたらしてくれること間違いなしです。

単行本↓

文庫↓

サラバ!

サラバ!は直木賞受賞作品です。

上下巻に分かれており、主人公の幼少期から大人になるまでの物語が丁寧描かれています。

文庫は3巻↓

主人公の歩はイスラム革命直前のイランに生まれます。そして父親の転勤でエジプトのカイロにて幼少期を過ごします。

イラン革命後に日本へ帰国した歩は破天荒な姉とは反対に気配を消し空気のように生きる少年になっていました。

歩が経験する出会いと別れが読み手の様々な感情を呼び起こします。

長編ではありますが、読み進めたい気持ちが抑えきれず、あっという間に読んでしましました。登場人物の1つ1つの言葉が胸に刺さります。刺激的な作品を求めている人におすすめです。

西加奈子さんの新刊・新作情報(単行本と文庫でそれぞれ解説)

続いては西加奈子さんの新刊・新作を紹介します。

両方おまじないが最新

単行本の新刊「おまじない」

短編集です。西さんのやさしさがにじみ出ています。今回も生きることを全力で肯定してくれています。言ってほし言葉が詰め込まれた1冊です。まさにおまじない。

文庫の新刊「おまじない」

2018年著書の単行本の文庫版です。思い悩む女子のカバンに入っていたら、いつもそっと背中を押してくれるでしょう。

西加奈子さんが好きな人におすすめしたい作品

最後に西加奈子さんが好きな人におすすめしたい作品を3冊紹介します。

  • 劇場 又吉直樹
  • 幸福な食卓 瀬尾まいこ
  • 対岸の彼女 角田光代

劇場 又吉直樹

西加奈子さんもおすすめしている作品です。西さんも又吉さんもお互いの作品に思い入れがあるようです。不器用な人間とそこに寄り添う女性の恋愛小説です。劣等感から暴言を吐く主人公はやけにリアルで人間臭いです。最後は切なさに心が揺さぶられます。

オーディオブック版↓

幸福な食卓 瀬尾まいこ

家族愛に触れたいと思う時、この作品が頭に浮かびます。変わった家族関係に最初は違和感を覚えますが、それぞれの登場人物の個性を考えると妙に納得してしまい、いろいろな家族の形があるのだと考えさせられる作品です。

対岸の彼女 角田光代

専業主婦の主人公とバリバリ働く女社長といった正反対の2人の過去と現在を行き来する物語です。多様化する現代女性の心情や生き方を繊細に描いています。それぞれの立場で感じる葛藤や孤独感がリアルに伝わってきます。

オーディオブック↓

終わりに

そんな感じが西加奈子さんのおすすめと新刊情報でした。

ぜひ読んでみてください。ではまた、良い読書ライフを!

別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です