ビジネス書・実用書レビュー

焼き鳥の飲食店に関するおすすめ本の比較レビュー

焼き鳥って大体どこで食べてもそれなりにおいしいと思うのは私だけでしょうか。
日本の居酒屋になくてはならない存在である焼き鳥ですが、その歴史は意外と浅く、高度経済成長期くらいからだそうです。

今日は焼き鳥に関する本を2冊紹介します。

紹介する本は以下の通り

  • やきとりと日本人
  • 鳥貴族「280円均一」の経営哲学

前者は日本のやきとりの歴史全般の話、後者は鳥貴族にフォーカスしての話になっています。

広告

古き良き文化と歴史のおすすめ本「やきとりと日本人」

ある調査によると、外国人が好きな日本食第一位は寿司ではなく焼き鳥だといいます。

本書では焼き鳥の歴史(焼き鳥の流行り始めがブロイラーの発明による鶏肉価格の低下に伴うこと)や、鶏の育て方による肉質の違いなどを紹介してくれます。

おいしい焼き鳥の焼き方などのページもあるので、バーベキュー好きな方、焼き鳥好きな方は本書を読むと楽しめるはずです。

焼き鳥チェーンを学ぶおすすめ本「鳥貴族「280円均一」の経営哲学」

こちらは280円均一という安価なメニューでブイブイ言わせている焼き鳥居酒屋チェーンの鳥貴族に特化して書かれた本です。

国産の焼き鳥を使って、店舗でくぎ打ちして、なぜ280円で提供できるのか。

多角化経営しない、炭火焼きをしないなど鳥貴族がコストダウンのために行ってきた取捨選択を知ることができます。

焼き鳥屋をやりたい人、鳥貴族の経営に興味がある人にオススメです。

ちなみに、本書の中では日本の居酒屋チェーンの歴史についても言及されており、日本のチェーンの走りは「村さ来」だそうですね。

created by Rinker
¥1,540
(2020/09/30 00:23:29時点 Amazon調べ-詳細)

本を読んだ後に!自宅で焼き鳥を作るおすすめアイテム

ここからは番外編となります。

自分のイメージでは、焼き鳥は自宅ではなかなか食べられない系料理だと思っていたんですが、最近では自宅で焼き鳥を簡単に作れる装置も開発されつつあります。

それがこちらの自動で回る焼き鳥マシーン。

created by Rinker
サンコーレアモノショップ
¥8,750
(2020/09/30 00:23:30時点 Amazon調べ-詳細)

これを使えば、半自動で本格焼き鳥を作ることが可能となります。

たkる
たkる
これすごい欲しい!

焼き鳥のチェーン店というと、鳥貴族が強いイメージですが、こじんまりとしたおいしい焼き鳥屋はいっぱいありますね。

「俺の~」シリーズの俺のやきとりもオープンしており、焼き鳥業界は今後さらに発展していきそうです。

海外でも人気なので今後は海外でもおいしい焼き鳥が食べられるようになるといいですね。

ではまた。良い読書ライフを!

kamonegi-menu
【鴨とネギのおすすめメニューまとめ】カモネギちゃんとイメージできてる?★突然ですが、皆様はカモネギのイメージはできていますでしょうか。 カモがネギを背負ってやってくるという諺がありますが、自分はこのイメ...
izakaya-read
夜に読書ができるオススメの居酒屋はTORIKIZOKU★【高度な本好き裏話】高度な本好きの裏事情シリーズ第2弾です。 今日はこれの元ネタを紹介していきます。 https://twitter.com/t...
別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く