シリーズごと

レゾンデートルの祈りに続編が登場!新刊「誓い」を見逃すな!

本記事では、楪 一志さんの小説『レゾンデートルの祈り』シリーズについて紹介します。続編第2巻が2022/9/5に発売予定です。

第1巻『レゾンデートルの祈り』

created by Rinker
¥1,683
(2022/11/29 20:08:19時点 Amazon調べ-詳細)

第2巻『レゾンデートルの誓い』

広告

楪 一志さんの小説『レゾンデートルの祈り』とは?

まずはシリーズの概要を紹介します。

タイトル 『レゾンデートルの祈り』シリーズ
作者 楪 一志, ふすい(絵)
出版社 ドワンゴ
既刊 2巻(2022/9/5に第2巻発売)
メディア化 なし

安楽死が合法化された世界を描いた作品。

死へと向かう人とそれに寄り添う医師(<アシスター>)の葛藤を描きます。

作者の楪一志さんは『レゾンデートルの祈り』がデビュー作、第2巻の『レゾンデートルの誓い』が2冊目となります。

ちなみにレゾンデートルは「存在意義」「存在理由」という意味です。

第1巻↓

『レゾンデートルの祈り』シリーズの読む順番!続編第2巻が登場

raison-detre-top

続いては続編情報です。

現在刊行中の作品は以下の通り。

No タイトル 発売
1 『レゾンデートルの祈り』 2021/6/25
2 『レゾンデートルの誓い』 2022/09/05

それぞれのあらすじを見ていきましょう。

1.『レゾンデートルの祈り』

まずは第1巻の『レゾンデートルの祈り』です。

あらすじは以下の通り。

「あなたも、生きたくても生きられないのでしょうか」

2035年、神奈川県・江ノ島の<ラストリゾート>。
この場所で遠野眞白が出会う人は、誰もが「死にたい」と願っている。
安楽死が合法化された日本。
人命幇助者<アシスター>の眞白は、死に救いを求める人々と正面から向き合う。
暗闇の奥底に微かな「生きたい」があると信じ、希望の光を照らしたい。
もう二度と、あの日の後悔を繰り返さないために。

苦しくても、生きる理由を見つめ直す。
新鋭作家が紡ぎだす、切なくも温かい命の物語。

2.『レゾンデートルの誓い』

続いては第2巻の『レゾンデートルの誓い』です。

created by Rinker
¥1,870
(2022/11/29 20:08:21時点 Amazon調べ-詳細)

あらすじは以下の通り。

「何のために生まれてきたのか、答えられますか?」
安楽死が合法化されている2040年、神奈川県・江ノ島を望む<ラストリゾート>。
この場所で死を願う人々と向き合う人命幇助者<アシスター>の東峰渚(とうみね・なぎさ)は、かつて自らも安楽死を望んでいた。
だからこそ、寄り添える痛みがあると信じたい。
あの時の自分を照らしてくれたような、誰かの希望の光になりたいと願っている。
それがたとえ、最も許せない人であっても。

生きる辛さ、その孤独に優しく寄り添う。
SNSで話題を呼んだ『レゾンデートルの祈り』、待望の続編。

 

終わりに。知念実希人「レゾンデートル」は別作品

簡単ですが、以上が楪 一志さんの小説『レゾンデートルの祈り』シリーズの紹介でした。

ちなみに似たタイトルで『レゾンデートル』という本が知念実希人さんから出ています。

created by Rinker
¥676
(2022/11/29 20:08:21時点 Amazon調べ-詳細)

こちらもテーマは存在意義で医療系という点は似ていますが、シリーズとしては(作者も異なるため)別物となります。

間違えないように注意しましょう。

ではまた。良い読書ライフを!

1

2

created by Rinker
¥1,870
(2022/11/29 20:08:21時点 Amazon調べ-詳細)

別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

関連コンテンツ(広告あり)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。