アフィリエイト

物販商品リンクのサービス比較!Rinker、ポチップ、カエレバの使い分けについて

みなさん商品リンクって何を使っていますか?

硬派にHTMLでベタ打ちしています!という人はほとんどいなくて、みんな何かしらのサービスを使っているのではないでしょうか。

たkる
たkる
2018年ごろから2021年くらいまでで結構盛衰があります。

今日は物販ブロガー歴のそこそこ長い自分が、商品リンクのおすすめを紹介します。

結論を言うと、ぽちっぷ、Rinkerのどちらかとカエレバ(ヨメレバ)の併用がおすすめ。

以下で詳しく解説します。

広告

商品リンクを作るサービスの一覧

まずはサービスの一覧です。

代表的なのはこの3つ。

  • カエレバ(ヨメレバ)
  • Rinker
  • ぽちっぷ

それぞれ見ていきます。

カエレバ(ヨメレバ)

kaereba

まず最も最初に流行ったのがカエレバ(ヨメレバ)です。

勘吉さんというアフィリエイターが作ったWebサービスで、ブラウザ上でリンクを作りそれを貼り付けるという形となります。

リンクは静的なHTMLなので、商品の販売が終了するとリンク切れとなります。

その後に出てきた毎日取得型のサービスにより人気は下がりましたが、ただ軽いため、長文ページなどではいまだに使っている人は多いです。

自分も5万文字とかのページはこれを使います。

Rinker

rinker

続いて出てきたのがRinkerです。こちらは同じくアフィリエイターのやよいさんの作。

特徴となるのは、APIで商品情報を毎日抜いて来れると言う点で、これによりリンク切れをチェックしたり、商品価格、画像を引っ張ってきたりができます。

経緯として、Amazonの画像が元々はカエレバ(ヨメレバ)でも持って来れたのがある時から不可となり、それにより代替サービスとしてRinkerが着目されました。

ただRinkerについてもAmazonAPIの利用条件として、Amazonアソシエイトに合格していないといけないため、初心者には使いこなせないみたいな点はありました。

あとはSONICと連携してセール時にマイクロコピーをつける有料サービス(月額980円)のCOPIAがあったり、月額199円以上のファンボックス会員ならエラー改修依頼を出せたりする点も良い。

弱点はキャッシュ系とは相性が悪いことで、商品画像がでないトラブルなどが多発しました。(自分の環境だと)

Pchipp(ぽちっぷ)

pochipp

さらに後発で出てきたのがぽちっぷです。

ぽちっぷはAmazonアソシエイトに合格していなくても楽天APIを利用して商品画像を持ってくるなどができ、現状のブロックエディター(昔はクラシックエディターというレトロなやつだった)に対応しているなど、2020年以降にブログを始めた人も優しい作りとなっています。

また、マイクロコピー機能なども無料で有効となっており、有料サービス(月額で400円)ではさらに

  • クリック率計測機能
  • セール複数設定機能
  • 商品画像カスタム機能
  • セール自動取得機能
  • お知らせバー表示機能

などがあります。

直感的なわかりやすさとリンクの作りやすさはピカイチで、Rinkerが「リクエスト回数が多過ぎます問題」が出たこともあり、現状はこちらが主流。

商品リンクサービスのおすすめ比較・使い分けの話

shouhin-link-hikaku

ここからは使い分けについて解説します。

おすすめはPochipp

とりあえずのおすすめで言うと、ぽちっぷが現状最強です。

初心者はまずこれを覚えましょう。

ただぽちっぷはブロックエディター限定なので、昔ながらのブロガーでいまだにクラシックエディターなんだよなぁみたいな人(自分とか)はRinkerを使います。

有料化はお好みで良いと思います。便利ちゃ便利ですがなくても良いです。

ワンポイントのカエレバ

カエレバ、ヨメレバ、トマレバなどの「〜レバ」サービス系については、文句を言いたいところはちょいちょいある(最新化して等)けど、いまだにワンポイントで有用なサービスです。

具体的には、旅行サイトではないサイトで旅行系のリンクを入れるときなどは、トマレバを使うと便利ですし、書評系ならヨメレバが速いです。

(BOOKWALKERがないなどちょっとイマイチな面はある9

あとはプライムデー記事などの長文でリンクぐりぐりなやつはHTMLにしないと詰むので、そんな時もカエレバを使うと良いです。マクリンさんのサイトのコード見てもカエレバのクラスで作っていました。

(ただデフォはAmazonのリンクにならないはずなのでクラスだけ使っているのかも?)

まあたまに役立つので、使ったことない人はそんなのもあると覚えておくと良いですね。

リンク張り替えが面倒な人はCSSで寄せる

あとこれはズボラな人向けの技ですが、今RinkerだけどPochippに変えるのめんどくさいなーみたいな場合は、併用しつつ、CSSでデザインだけ寄せてしまうのもありです。

見た目的に大体同じにしておけば、まあ2つあっても問題ないと言えます。

(自分は面倒なのでそうしてますw)

 

終わりに。ASP系は結局テキストリンク最強説もある

そんな感じで物販だと、どこで買うかは人によるから全リンク入れとけ!ってなってこんなサービスを使いますが、ASP案件とかだと結局あんまり使わないみたいです。

なので物販系じゃないよ!と言う人は本記事の内容は参考程度で大丈夫です。

そんな感じ!なんかあったら聞いてください。気が向いたら答えます。

終わり。

おすすめ↓

Pochipp Pro
別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。