小説レビュー

病葉流れてシリーズの続編と読む順番まとめ!大学生のギャンブル麻雀を知る小説

白川道さんの小説「病葉流れてシリーズ」のあらすじと続編の読む順番を解説していきます。

大学生になって麻雀や競輪などのギャンブルにハマっていく様子を描いた無頼派小説です。

たkる
たkる
麻雀好きの自分はわりと好きですが、麻雀を全く知らないと理解が難しいかも。

では、参ります。

広告

白川道さんの小説「病葉流れてシリーズ」とは?大学生で上京しギャンブルにハマる主人公を描く…!

まずは白川道さんの小説「病葉流れてシリーズ」の概要です。

wakurabanagarete1

本書が書かれたのは1998年のことで、けっこう古めの小説になります。(その後、2012年から続編が出始めた)

内容としては、大学生になって伊豆から東京に上京してきた主人公が、寮で麻雀を覚え、雀荘通いをするようになり競輪などもかじりつつ、ギャンブラーへの道を進んでいくというもの。

いうなれば阿佐田哲也さんの『麻雀放浪記』を学生運動時代の大学生風にしたような感じで、ビリビリくるようなギャンブルの雰囲気とかもしっかりあって面白いです。

あとはギャンブラーならではの移り変わる女性関係とか、牌フォントを使ったけっこう深い戦術の話とかその辺もかなりコアで作り込まれています。

麻雀を知らないとちょっと苦労するかもですが、ルールを知っている人なら楽しめること間違いなしの作品です。

白川道さんの小説「病葉流れてシリーズ」の続編と読む順番!

wakurabanagarete

では続いてはそんな「病葉流れてシリーズ」の読む順番情報を解説します。

実は続編がけっこう出てまして、順番としてはこんな感じ。

たkる
たkる
第3巻までが大学生編。第4巻からが社会人編です。

同姓同名の主人公が登場する番外編『流星たちの宴』もある!

wakurabanagarete-sidestory

あと余談ですが、本作の主人公・梨田雅之は、実は著者の別作品『流星たちの宴』でも同姓同名のキャラが出てきます。

設定も似ているのでほぼ同一人物と言っても過言ではなく、こちらでは投資顧問会社に勤める社会人となっています。

なので本作の大学生編の続編として読むことも可能。その場合は、(厳密にはつながっていないので)どこのタイミングで読んでも大丈夫です!

created by Rinker
¥2,138
(2020/10/01 00:10:23時点 Amazon調べ-詳細)

「病葉流れてシリーズ」のドラマ化情報

続いてはドラマ化情報です。実は2007年に実写ドラマ化がなされており、主なキャストは以下の通り。

  • 梨田雅之役: 村上淳
  • テコ: 吉野紗香
  • 永田一成: 田中哲司

ちなみに麻雀打ちの中には村上淳と聞いて「んん?プロか?」と思う人もいるかもですが、colors カラーズの村上淳さんです。

created by Rinker
¥1,000
(2020/10/01 00:10:23時点 Amazon調べ-詳細)

終わりに!病葉流れてシリーズは麻雀好きにおすすめ!

こんな感じが病葉流れてシリーズでした。

鉄火場の雰囲気、刹那的な青春の勢い、麻雀の詳細さなど、麻雀好きな人はきっと楽しめるはずです。

ぜひ読んでみてください。ではまた。良い麻雀ライフを!

created by Rinker
¥755
(2020/10/01 00:10:24時点 Amazon調べ-詳細)

その他おすすめの麻雀小説まとめ(別サイト)↓

別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です