シリーズごと PRあり

今野敏「横浜みなとみらい署」シリーズの読む順番と新刊情報まとめ

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今野敏「横浜みなとみらい署」シリーズの読む順番は「刊行順」がおすすめです。

「横浜みなとみらい署」シリーズの読む順番と新刊情報をまとめます。

最新情報

2023/5/17 第7巻「トランパー」発売

created by Rinker
徳間書店
¥1,980
(2024/04/16 00:27:34時点 Amazon調べ-詳細)

 

広告

今野敏「横浜みなとみらい署」シリーズとは?

まずは概要です。

タイトル 「横浜みなとみらい署」シリーズ
作者 今野敏
出版社 徳間文庫
既刊 7
メディア化 なし

 

ファンによる評価は以下の通り!

□総合評価

0.0
Rated 0.0 out of 5
星5つ中の0.0(0人のレビュー)
とても良い0%
良い0%
普通0%
イマイチ0%
つまらなかった0%

 

みんなのコメント!

まだレビューがありません。あなたの意見をぜひ聞かせてください。

 

シリーズのレビューをお願いします!!




 

「横浜みなとみらい署」シリーズの読む順番と新刊情報まとめ

続いては読む順番です。

現在の刊行情報は以下の通り。

では、それぞれを見ていきましょう。

 

1.逆風の街 横浜みなとみらい署暴力犯係

まずはシリーズ第1巻の『逆風の街 横浜みなとみらい署暴力犯係』です。

あらすじは以下の通り。

神奈川県警みなとみらい署。暴力犯係係長の諸橋は「ハマの用心棒」と呼ばれ、暴力団には脅威の存在だ。地元の組織に潜入捜査中の警官が殺された。警察に対する挑戦か!? ラテン系の陽気な相棒・城島をはじめ、諸橋班が港ヨコハマを駆け抜ける!

 

2.禁断 横浜みなとみらい署暴対係

続いてはシリーズ第2巻の『禁断 横浜みなとみらい署暴対係』です。

あらすじは以下の通り。

横浜・元町で大学生がヘロイン中毒死した。暴力団・田家川組が事件に関与していると睨んだ神奈川県警みなとみらい署暴対係警部・諸橋は、ラテン系の陽気な相棒・城島と事務所を訪れる。ハマの用心棒――両親を抗争の巻き添えで失い、暴力団に対して深い憎悪を抱く諸橋のあだ名だ。事件を追っていた新聞記者、さらには田家川組の構成員まで本牧埠頭で殺害され、事件は急展開を見せる。

 

3.防波堤 横浜みなとみらい署暴対係

続いてはシリーズ第3巻の『防波堤 横浜みなとみらい署暴対係』です。こちらは短編集ですね。

あらすじは以下の通り。

「ハマの用心棒」と呼ばれ、暴力団から恐れられている神奈川県警みなとみらい署の暴対係長・諸橋。陽気な相棒・ジョーこと城島をはじめ、部下たちから尊敬、信頼されている。ある日、馴染みのやくざ・神野組唯一の組員・岩倉が身柄を拘束された。素人に手を出したという。昔気質の神野が素人に手を出すはずがない。諸橋と城島は岩倉の取調に立ち会う。
表題作「防波堤」他、横浜を舞台に悪と戦う諸橋班の活躍を描く6篇を収録。

4.臥龍 横浜みなとみらい署暴対係

続いてはシリーズ第4巻の『臥龍 横浜みなとみらい署暴対係』です。

あらすじは以下の通り。

みなとみらい署暴対係係長諸橋と相棒の城島は、居酒屋で暴れた半グレたちを検挙する。彼らは東京を縄張りにする「ダークドラゴン」と呼ばれる中国系のグループだった。翌々日、関東進出を目論む関西系の組長が管内で射殺される。横浜での抗争が懸念される中、捜査一

5.スクエア 横浜みなとみらい署暴対係

続いてはシリーズ第5巻の『スクエア 横浜みなとみらい署暴対係』です。

あらすじは以下の通り。

神奈川県警みなとみらい署刑事組織対策課暴暴力団対策係係長「ハマの用心棒」こと諸橋のもとを県警本部監察官の笹本が訪ねてきた。県警本部長が諸橋、そして相棒の城島との面会を希望しているという。横浜・山手の廃屋で、中国人の遺体が発見された。被害者は中華街で一財産を築いたが、三年前から消息不明だった。事件の背後に暴力団関与の疑いがあると判断した本部長の要請で、所轄外ながら捜査に加わることになった諸橋と城島だが――。

6.大義 横浜みなとみらい署暴対係

続いてはシリーズ第6巻の『大義 横浜みなとみらい署暴対係』です。こちらはスピンオフ短編集です。

あらすじは以下の通り。

俺たちの所轄(シマ)で暴力は許さない!
「ハマの用心棒」諸橋と陽気なラテン系の相棒・城島、
人間味溢れる刑事たちの活躍を描くスピンオフ集。

 

7.トランパー 横浜みなとみらい署暴対係

続いてはシリーズ第7巻の『トランパー』です。

created by Rinker
徳間書店
¥1,980
(2024/04/16 00:27:34時点 Amazon調べ-詳細)

あらすじは以下の通り。

港ヨコハマを暴力から守る「チーム諸橋」の活躍を描く「横浜みなとみらい署暴対係』シリーズ第7弾!

神奈川県警みなとみらい署刑事第一課暴力犯対策係係長・諸橋夏男。〈ハマの用心棒〉と呼ばれ、暴力団から一目も二目も置かれる存在だ。
大量の商品を注文して代金を支払わない「取り込み詐欺」に管内の暴力団・伊知田組が関与しているらしいが、確証がないという。
県警本部の永田二課長から問い合わせを受けた諸橋は、県警本部と合同で張り込みを開始、伊知田が所有する倉庫に品物が運ばれたのを確認するが、ガサ入れは空振りに終わった。誰かが情報を洩らしたのか!?

owarini

簡単ですが横浜みなとみらい署シリーズの解説でした。

ぜひ読んでみてください。

ではまた。良い読書ライフを!

別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

シリーズ本をまとめる本好き
たkる
たkると申します。大学生のとき読書に目覚めてそれからは年100~300冊くらい読んでます。 読書傾向は乱読で、本を買っては読み、読んでは書き、を繰り返しています。 本サイトではシリーズものの小説や読書グッズのおすすめをメインに紹介していきますのでよろしくお願いいたします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA