パソコン操作が苦手なアフィリエイト初心者にオススメな本『3行で儲かるアフィリエイト』

パソコン操作が苦手なアフィリエイト初心者にオススメな本『3行で儲かるアフィリエイト』

副業解禁が叫ばれている今日この頃。

・老後に備えて、何か副業を始めてみようかと思う。

・まずは素人でも取り組みやすいと噂のアフィリエイトをやってみようと思う。

・でも、パソコン得意じゃないし、そもそも何から始めればいいのかよくわらない。

そう考えている人も多いのではないでしょうか。

そんな人にオススメの1冊が『3行で儲かるアフィリエイト』です。

タイトルからすると、簡単そうすぎて逆になにやら詐欺臭い感じもしますが、実はこの本かなり丁寧でわかりやすい1冊です。

用意すべきパソコンやディスプレイのスペックや価格帯から、記事を書く上での知識の仕入れ方、サイトの作り方、記事の書き方まで、とにかくすべての詰まりがちポイントが網羅されています。

「本書を隅々まで読めば必ず成功できる」

と書かれている通り、初心者にオススメな1冊です。

今日は、この『3行で儲かるアフィリエイト』の内容を紹介していきたいと思います。

アフィリエイトの事前準備について

アフィリエイトを始めるうえでの事前準備としては、まずはパソコン環境の用意が挙げられています。

やっぱりビジネスをするからにはいいパソコンが必要なのか?

と思う方もいるかもしれませんが、アフィリエイトは記事を書くだけなのでそこそこの性能があれば十分です。

具体的には、パソコンは8万円以上くらいのものであればOKで、作業中に見やすいようにディスプレイは23インチ以上のものが推奨とのこと。

自分の感覚でも、調べ物をしつつ記事を書くときなどは複数画面を開きながら作業をすることが多いので、ディスプレイは大きいに越したことはないかな、と思います。

イメージが付かない人は漫画喫茶などで作業をしてみると、ディスプレイの大きさの効果が体感できるかと思います。

↑は自分が初めてインターネットカフェで作業をしたときの感想。

夜とかは8時間で1000円とかなので、けっこうコスパいいです。

知識を仕入れるためにまず覚えるべき4つのサイト

続いては、記事を書く上で必要となる知識の仕入れ方についてです。

アフィリエイト記事は基本的には、読者の悩みを解決することが利益につながります。

なので、正しい知識を仕入れることは非常に重要で、そのための知識の仕入れ先についても本書では書かれています。

本書でまず覚えるべき4つの情報の調べ方としては、

・Google検索

・ヤフー知恵袋

・教えて!Goo

・Wikipedia

が挙げられています。王道なノウハウサイトたちですね。

ヤフー知恵袋や教えて!Gooなどのサイトでは、実際に誰かが悩みを持っている内容を知ることができるので、ニーズのあるテーマを知るうえでも役立ちます。

Google検索については、知識が欲しい場合は「○○とは」とするのがコツだそうです。そうすると解説系のサイトが出てきやすくなるのだといいます。

上級編としては、画像検索や動画検索などを駆使していくことなども挙げられています。

この辺からきっちり説明してくれているのはかなりありがたいですね!

ポテチ(物販)を売るか、ダイヤモンド(情報商材)を売るか

知識を集めてよし書けそう!となったら実際に記事を書いていくわけですが、その前に収益化の仕組みについて学んでいきましょう。

アフィリエイトのやり方としては、大きく3種類に分かれています。

一つはグーグルアドセンスのようなクリック型の広告掲載。これはサイト上に設置した広告がクリックされた際に1クリック数円とかの単価で収入が入る仕組みです。

2つ目としては情報商材を販売するスタイル。「○○で成功する方法」というようなノウハウや教材を有料で販売していくビジネスモデルです。1つ売れば数千円から数万円の利益を得られるものの、いわばダイヤモンドを売るようなビジネスなので信頼性が重視され、あまり初心者向けとは言えません。

3つ目は物販系のアフィリエイト。これはAmazonとか楽天とかで売られているような商品を紹介するタイプのスタイル。1つ当たりの収入は数十円~数百円と薄利多売なビジネスモデルですが、ポテチを売るように簡単に売れるので初心者向けであると著者は述べています。

本書では、3つ目の物販アフィリエイトに特化して、正しいサイトの作り方を解説してくれています。

まずはブログを量産せよ!本番は100個作ってから!

では実際のサイトの作り方を見ていきましょう。

まず、本書では、アフィリエイトサイトにはパワーブログと量産ブログの2種類があると説明されています。

これはいわばデパートか屋台かの違いで、初心者がいきなりデパートのような大型ブログを作るのは難しいので、まずは屋台のような小さなブログを量産していくことが重要です。

小さな屋台でも、いい位置に店を設置できれば客は取り込めます。

ちなみに、デパート一軒作るよりも、屋台100軒作る方が楽で、しかも稼ぎやすいそうですね。

なので、とにかく作りまくれ!

というのが本書のメッセージです。

デパートを作るような本番は100個作ってからだといいます。

これは自分も同感で、マーケティングやライティングの知識がないうちに大きなサイトを作ってもいまいちうまくいかずにメゲてしまうことが多い。

それだったら、小さなサイトで小さく成功体験を重ねて、これなら行ける!というのを掴んでから勝負をかけるほうが効率的だなと思います。

一つのブログは最低10記事、各記事アフィリエイトリンクは一つずつ

そして実際のサイト作成の上でのノウハウについては以下のように書かれています。

・記事タイトルは「商品名×送料無料」などの購入率の高いキーワードを狙う

・アフィリエイトリンクは1記事1つ

・一つのブログには最低10記事を書こう!

・一日30アクセスあれば当り

・当りが出たらミラーブログを作り量産せよ

コツはとにかく当りが出るまでガンガンサイトを作り続けること。うまくいけば最初の報酬は1週間以内に入ってくることもあるそうですが、その辺はセンスと運次第ですかね。

で、当りがでたら同じような内容で、しかし全く同じではなくコンセプトの異なるミラーサイトを量産する。

同じブログで別記事を書くよりも、別ブログを立ち上げたほうが収入が上がりやすいんだそうです。

記事のアフィリエイトのコツは、コピーライティングやセールスライティングの知識は必要なく、商品を使って見ての感想などを日記風で書いて、最後の3行でアフィリエイト商品の紹介をするとさりげなくてよい!とのこと。

ここにきてタイトル回収ですね!

売ろう売ろうという意図が前面に出ないからこそ、逆によく売れるのだそうです。

終わりに

本書は、自分も数か月に1回は必ず読み直している量産型ブログ作成のバイブルともいえる1冊です。

初めての人が最初の報酬を得るまでの流れが非常にわかりやすく書かれているので初心者の方に超オススメ!

新たにアフィリエイトを始めて見ようという方や、始めて見たけど結果が出ぬ!という方はぜひ読んでみてください。

 

その他個人的にオススメなアフィリエイト本たち

いずれ記事を書くつもりなんですが、せっかくなので個人的に何度も読み直しているオススメアフィリエイト本を紹介していきます。

・沈黙ウェブマーケティング

マンガ形式のストーリーと詳しい解説という形式で進んでいくマーケティングとライティングに関する本です。マンガ形式で一見色物かなと思われがちですが内容はかなり詳細でガチです。

 

・ブログ飯

専業アフィリエイターとして活躍する染谷氏が、ブログを始めてから飯を食っていけるようになるまでにやってきた内容がまとめられたノンフィクション本です。稼ぐためには何をどのくらいの基準で行えばいいのかを知ることができます。

 

・ロングテールアフィリエイトの極意

ロングテールアフィリエイトの考え方やキーワード選定などについてこれでもかとまとめてある1冊。「ロングテールってあの売れ筋でなくて売り上げで言うと小さいけど長く売れるニッチな商品を売っていくあれだべ、知ってる知ってる」という人にこそ読んでほしい1冊。