4.本の読み方

24時間本を読める場所!コワーキングスペースBizComfortが深夜の読書におすすめ!

bizcomfort-gotanda

本を読める場所については色々追求しているたkるです。

これまで、朝7時〜夜1時くらいまでは本を読むスペースを確保したんですが、夜1時〜朝7時までの時間帯に関しては良いスペースがありませんでした

マクドナルドとかコンビニのイートインはあるにはあるんですが、ぶっちゃけあんまり快適ではない・・!

どうしたものか(家で読めや!というツッコミは無しにして)と考えていたところ、ついに最後のピースが埋まりました

答えは24時間営業のコワーキングスペース「BizComfort」にありました。

これ↓

たkる
たkる
というわけでBizComfortを見学してきました!

コワーキングスペース「BizComfort」とは?24時間本が読み放題な読書場所です。

Bizcomfortについて紹介していきます。

bizcomfort
引用:https://bizcomfort.jp

BizComfortというのは全国に10以上の拠点を持つコワーキングスペースで、基本的には無人で営業しており、カードキーにより24時間利用可能というそんな場所になっています。

拠点(一部)↓

bizcomfort-location

で、このBizComfortなんですが、料金が安くてこんな感じ。(場所にもよるんですが五反田の場合)

  • 土日のみプラン・・月4000円(1拠点土日のみ)
  • 全日プラン・・月12000円(1拠点平日も可能)
  • 全拠点プラン・・・月18000円(どの拠点でもいつでもOK)
  • ライトプラン・・・月2000円〜(どの拠点でも2回まで行ける、それ以降は1回千円or二千円で場所による従量課金)

コワーキングスペースとしては破格の安さとなっています。

たkる
たkる
土日プランでいうと土日8回フルで使えば1日あたり500円、24時間で割ると1時間あたりは20円・・・!
bizcomfort-gotanda

で、何があるのかというとこんな感じのオフィスチェア付きの自習スペースとちょっとリクライニングなシート、そして別料金となりますが会議室もあります。

たkる
たkる
つまり、一人読書から複数人での読書会まで全部ここで事足りるわけだ・・・!

というやつを見つけて早速見学してきました!

>>BIZcomfort公式サイトはこちら。

BizComfort五反田を見学してきた訪問レビュー!見晴らしが良くて読書も捗る!

というわけでBizComfortを見学してきました。

まず外観はこんな感じ。

bizcomfort-gaikan

階段を上ると、扉があるのでカードキーをかざします。

入るといきなりソファです(笑)

ここにヒトが座っているとちょっとだけ気まずい感があることに後々気が付きました。

土曜の朝9時というめっちゃ意識の高い時間帯だったこともあり、100席以上あるなか、埋まっていたのはわずか数席・・・!めっちゃいい感じ!

gotanda-biz-drink ウォーターサーバーもあり水分補給もバッチリできそうでした。

ちなみに自粛の影響は?となんとなく聞いてみた(2020年3月現在)ところ、逆に申し込みは増えているとのこと。

急にテレワークが始まって困っている人とかもいるみたいです。

まあ収まってからの方が良いかと思いますとBizcomfortの担当の人に言われ、自分はそんなに困っていないのでじゃあ収まってからにしようかな!と思いました。

たkる
たkる
とりあえずWEBで土日プランの仮申し込みだけした!

ちなみに別料金だけど会議卓とかも15分単位とかで借りられます。

BIZcomfortの料金プラン!読書場所としてはライトプランが強いと思うんだ!

ちなみに概要のところでもちょっと紹介したんですが、BIZ comfortに関しては料金プランがいくつかあります。

  • 土日のみプラン・・月4000円(1拠点土日のみ)
  • 全日プラン・・月12000円(1拠点平日も可能)
  • 全拠点プラン・・・月18000円(どの拠点でもいつでもOK)
  • ライトプラン・・・月2000円〜(どの拠点でも2回まで行ける、それ以降は1回千円or二千円で場所による従量課金)

個人的におすすめなのがライトプランで、これは月に2回まではどの拠点でも自由に使って良いよー!というルール。

2回以下しか使わなかった場合でも最低料金の2000円は取られますが、どこでも使える点が強いです。

また、3回以上使った場合も1回1000円or2000円(場所による、五反田は2000円の方)で良心的な追加料金となっています。

五反田の場合は土日の方が空いているそうなので土日プランもいい感じですが、オフィス街じゃないエリアとかだとライトプランでふらーっと入っていくのもノマドっぽくていいんじゃないかなと思っています。

Bizcomfortは全国60拠点もあるので大体どこでもいけます!

たkる
たkる
自分も土日プランからライトプランに移行しました!品川大井町とかも行っています!

・・・割と拠点ごとでテイストが違っていて楽しい!

P.S.ちょっとBIZcomfortな旅でもするか!って思い立って、静岡までいったこともある(東京在住)

・・・そんな感じでライトプランを持っておけば大体どこでもいけるから最強です。

これまでに見つけた時間帯ごとの本を読む場所の最適解まとめ!

という感じがBizComfortでした。

これを使えば土日のカフェ混みすぎ問題は完全に解消され(五反田は土日は空いているらしい!)、さらに深夜の本読む場所問題も併せて解決されそう!

まずは土日プランで試してみて、良さそうだったら全日プランにして、最終的には全拠点プランにランクアップしたい!

と思いました。

これがやりたい↓

nomado-nanmin
自宅を放棄してノマド難民読書ブロガーになる方法を考えてみた「家、高くね?」 と思って、ノマド読書ブロガーになる方法を試作し始めた自分の、現時点で考えられうる最高の策をシェアします。 ...

ちなみにこれまでに見つけた時間帯ごとの読書場所の最適解はこんな感じ!

  • 朝7時〜11時・・・カフェでモーニングを食べつつ読書
  • 11時〜16時・・・図書館とかブックカフェとか(普通のカフェは混んでいる)
    ※平日の12時〜13時はすべての飲食店が混み出すのでそこは移動に当てる
  • 16時〜20時・・・居酒屋(この時間は居酒屋が空いている)
  • 20時〜23時・・・遅くまでやっているカフェ(逆にカフェが空きだす)
  • 23時〜夜1時・・・遅くまでやっている居酒屋(今度逆に居酒屋が空きだす)
  • 夜1時〜朝7時・・・BizComfort←New!!!

まあ、家で本を読む派の人にはそんなに重要ではないかと思いますが、そんなノウハウでした。

ではまた。良い読書ライフを!

たkる
たkる
BIZcomfortで僕と握手!
izakaya-read
夜に読書ができるオススメの居酒屋はTORIKIZOKU★【高度な本好き裏話】高度な本好きの裏事情シリーズ第2弾です。 今日はこれの元ネタを紹介していきます。 https://twitter.com/t...
toilet-cafe
カフェはトイレをキャッシュポイント(有料化)すべきだと思うんだ!割と外食が多いたkるです。 自分なぜか本を自宅ではあんまり読めなくて、本を読もうと思ったら必然的にカフェとかに出る必要があるカフェ...
hakata-mentaiko
本好きにおすすめの街・博多の魅力とは?カフェと本屋とブックオフが強いこないだ博多に行ったんですが、そしたらすごく過ごしやすかったんです。 なぜかというと、 ・カフェがほぼ全種類あるんじゃな...
0
別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です