小説レビュー

私立探偵フィリップ・マーロウの読む順番、続編まとめ『ただの眠りを』

アメリカの作家・レイモンド・チャンドラーによるミステリー小説シリーズ「私立探偵フィリップ・マーロウ」について、読む順番をまとめていきます。

よろしくお願いいたします。

広告

あらすじ!私立探偵フィリップ・マーロウとは?

まずは「私立探偵フィリップ・マーロウシリーズ」について簡単に紹介します。

ooinarunemuri

「私立探偵フィリップ・マーロウ」は、アメリカの作家・レイモンド・チャンドラーによるミステリー小説シリーズです。

このフィリップ・マーロウは、シャーロック・ホームズと並んで世界的に有名な探偵の一人と言われているそうですね!

主人公は、

命令への不服従にはいささか実績のある男

とのことで、ハードボイルドな世界観。

映画化も多数なされているので名言も多数あります。

  • 「撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ」(『大いなる眠り』)
  • 「ハードでなければ生きていけない、ジェントルでなければ生きていく気にもなれない」(『プレイバック』)

などもこの私立探偵フィリップ・マーロウシリーズの言葉です。

特撮ドラマ『仮面ライダーW』の登場人物・鳴海荘吉も使用!

アニメ「コードギアス」でも引用されている!

読む順番!私立探偵フィリップ・マーロウの続編まとめ

filip-marow

ちなみにこの「私立探偵フィリップ・マーロウシリーズ」の刊行作品ですが、まずアメリカの推理小説家レイモンド・チャンドラーが書いた以下の7作品があります。

で、それ以外にもレイモンド・チャンドラーの死後、別の作家が続編を書いた作品もいくつかあるんです。

ちなみに第1巻~第3巻はそれぞれチャンドラー作品の続編となっています。

  • 『プードル・スプリングス物語』‥チャンドラーの遺稿を別著者が引き継ぎ完成
  • 『夢を見るかもしれない』‥『大いなる眠り』の続編
  • 『黒い瞳のブロンド』‥『ロング・グッドバイ』の続篇

そして完全オリジナルな新刊が『ただの眠りをです。

読んだ人の感想↓

なかなか複雑ですが、著者が変わってもいいよ!という人は気になるやつを読んでいけばいいのかなと。

そんな感じです。ではまた。よい読書ライフを!

フロスト警部シリーズの読む順番とあらすじまとめR.D.ウィングフィールドの著作『フロスト警部シリーズ』の読む順番についてまとめていきます。 R.D.ウィングフィールド『フロスト警部...
赤川次郎「三毛猫ホームズシリーズ」の読む順番!最新刊は「裁きの日」赤川次郎氏の推理小説である『三毛猫ホームズ』シリーズ。 ネコが主人公という独特の設定と読みやすい文章でファンを引き付ける人気シリー...
別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です