読む順番

DenFujitaのユダヤの商法シリーズの読む順番

DenFujita(藤田田)さんのユダヤの商法シリーズが新版になって登場したようです。

今日はこの「DenFujitaの商法シリーズ」の読む順番についてまとめていきます。

DenFujitaとは何者なのか?

まずは藤田田さんとは何者なのか、という話から始めていきます。

藤田田(DenFujita)さんは、ユダヤ人(ユダヤ教徒)の大商人で、日本で唯一人、ユダヤ商人のライセンスを得ているというすごい人です。

で、その著作となるのが、「DenFujitaの商法シリーズ」(ユダヤの商法シリーズとも呼ばれる)となります。

内容としてはユダヤ商人が大切にしているビジネスの基礎とか法則を著者の経験を交えつつ解説していくというもので、1972年とかに発売されたビジネス名著です。

元々ファンも多い著作だったみたいで、これがこの度新版になって復活した!というのがこれまでの流れ。

DenFujitaの商法シリーズ新版の読む順番

ではここから、最近本屋で見かけるようになったユダヤの商法シリーズの新版の読む順番をまとめていきます。

現在確認できているのは以下の通り。

1.本当に儲けたいなら、お金が欲しいなら 頭のいい奴のマネをしろ(Den Fujitaの商法1の新装版)

2.毎年生まれる100万人にフォローされる商売を考えよ 金持ちだけが持つ超発想(Den Fujitaの商法2の新装版)

3.この先20年使えて「莫大な資産」を生み出すビジネス脳の作り方(Den Fujitaの商法3の新装版)

4.今すぐ行動しビジネスの勝率を劇的に上げるクレイジーな戦略論(Den Fujitaの商法4の新装版)

重要な点をまとめていく!という内容なので、まあ特に厳密な順番があるわけではないですが、一応刊行順に読むとよいかなと思います。

第1巻↓

第2巻↓

 

第3巻↓

第4巻↓

終わりに

ここまで『DenFujitaの商法シリーズ』の読む順番を簡単にまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

自分もまだ全部は読んでいないのですが、ちょっと読んだ感じでは基礎基本がしっかりまとまっているうえ、さらに著者の独自の視点とか体験談も加わっているいい本だなという印象を受けました。

今後トレンドになりそうな作品です。

成功を掴みたい人はいまのうちにぜひ読んでおきましょう!

ではまた。良い読書ライフを!