小説レビュー

富樫倫太郎・小説「北条早雲シリーズ」の読む順番と新刊情報まとめ【2020最新】

富樫倫太郎さんによる小説が始まった「北条早雲シリーズ」。

今日はこの作品について、あらすじと読む順番を解説していきます。

たkる
たkる
2020年5月現在第4巻まで発売中。第5巻(完結編)も6月下旬に発売予定とのこと!

 

広告

富樫倫太郎著の小説「北条早雲シリーズ」とは?理想に生きる男の熱い生き様が味わえる作品です

hojyo-souun-arasuji

まずは富樫倫太郎さんの「北条早雲シリーズ」について概要を紹介します。

主人公は、斎藤道三、松永久秀と並ぶ戦国の三大悪人と言われる北条早雲。

一介の浪人から戦国大名に成り上がった男と言われていました。

その北条早雲について、新たに明らかになった新史料をもとに描かれた北条早雲の新「一代記」が富樫倫太郎さんの「北条早雲シリーズ」です。

ストーリーとしては、放浪の僧・宗哲から薫陶を受けた備中の小国の次男坊新九郎が、動乱の世を終息させるためにあえて悪人になる道を突き進みます。

やがて早雲は今川家の家督争いに乗じて伊豆一国をおさめる大名になり、さらに、相模、武蔵と勢力を拡大していきます。

その過程はさながた「悪人に俺はなる!」と理想を掲げて海に出た、戦国時代のワンピース!

歴史小説にありがちな難しい言い回しや、難解な用語は一切なし!歴史が苦手な人にもスイスイ読めるのが特徴です。

たkる
たkる
動乱の時代をどう生き抜くかは早雲に聞け!
created by Rinker
中央公論新社
¥946
(2020/10/01 11:25:48時点 Amazon調べ-詳細)

小説「北条早雲シリーズ」の読む順番と新刊情報

houjyo-souun-order

ではそんな富樫倫太郎著「北条早雲シリーズ」について読む順番を紹介します。

富樫倫太郎著「北条早雲シリーズ」は北条早雲の人生を描いている作品となるため、第1巻から順に読むのが理想です。

順番は以下の通り。

文庫版でも2020年4月に第3巻相模侵攻編が発売されます。続いて第4巻、第5巻も順次出版予定です。

北条早雲1 青春飛翔編

まずはシリーズ第1巻の「北条早雲1 青春飛翔編」です。

こちらでは、備中の小国の主の次男新九郎が、僧宗哲から思ったものに人はなれると諭されるところから物語がスタートします。

やがて京にのぼった新九郎はこの世の地獄絵図の戦乱を終息するために、あえて悪人の汚名をかぶり戦をなくすための戦に身を投じていく・・

created by Rinker
中央公論新社
¥946
(2020/10/01 11:25:48時点 Amazon調べ-詳細)

北条早雲2 悪人覚醒編

続いてはシリーズ第2巻の「北条早雲2 悪人覚醒編」です。

こちらでは、今川家の内乱を制圧するため伊豆に入った新九郎が、守護山内上杉氏の圧政を目の当たりにします。

これをみた早雲は、自ら悪人となって伊豆を奪い農民を救おうと試みる。

しかし、多勢に無勢で窮地に陥った新九郎の軍を救ったのは意外な勢力で・・・

created by Rinker
中央公論新社
¥902
(2020/10/01 11:25:49時点 Amazon調べ-詳細)

北条早雲3 相模侵攻編

続いてはシリーズ第3巻の「北条早雲3 相模侵攻編」です。

こちらでは、伊豆統治をはじめた新九郎は名を宗瑞と改めます

自分が統治すれば農民のためになると信じ、相模に侵攻を開始した早雲だったが、山内上杉氏の激しい抵抗にさらされます。

追い込まれた早雲は小田原城を手に入れるために命がけの大芝居をうつことにする・・・

created by Rinker
¥815
(2020/10/01 11:25:50時点 Amazon調べ-詳細)

北条早雲4 明鏡止水編

続いてはシリーズ第4巻の「北条早雲4 明鏡止水編」です。

山内上杉氏の反撃に合い、最終的に小田原城を手放した宗瑞

さらに伊豆に大地震が発生!困難の末、再び小田原城を取り戻したもの最愛の弟弥次郎を失います。

その上、敵対していた山内上杉氏と扇谷上杉氏が歴史的和解。関東制圧に暗雲がたちこめる・・。

果たしてこの窮地を切り抜けることはできるのか・・・!?

created by Rinker
中央公論新社
¥880
(2020/10/01 15:16:42時点 Amazon調べ-詳細)

北条早雲5 疾風怒濤編

続いてはシリーズ第5巻の「北条早雲5 疾風怒濤編」です。

権現山において上杉連合軍に大敗北を喫して敗走する宗瑞軍。宗瑞の幼なじみ門都普は自らの命を犠牲にして、事態を打開します。

そしてついに、伊豆、相模を手に入れる決着が着き・・・

大河長編堂々の完結!

created by Rinker
中央公論新社
¥836
(2020/10/01 11:25:51時点 Amazon調べ-詳細)

北条早雲シリーズの番外編は「軍配者3部作」

続いては番外編情報です。

実を言うと、北条早雲シリーズは同じ著者・富樫倫太郎が先駆けて書いた軍配者シリーズから派生したものです。

なので、北条早雲シリーズから見ると軍配者シリーズが番外編の立ち位置となります。

具体的には以下の3冊です。

軍配者の養成機関・足利学校で早雲の軍配者・風間小太郎、信玄の軍配者・武田信玄、謙信の軍配者・宇佐美太郎の3人が川中島で敵同士であいまみえる展開を3部作で描いています。

こちらもまるで漫画やアニメを見ているようにキャラ立ちしているので、抵抗感なく読めます

そして大河ロマンの読み応え感もバッチリ

たkる
たkる
どちらから読んでも楽しめます。

終わりに。北条早雲シリーズは歴史嫌いの人にもおすすめ

ここまで北条早雲シリーズについて紹介してきましたがいかがでしょうか。

北条早雲シリーズは歴史小説好きにもおすすめですが、歴史小説が苦手で読んだことのないという人にもおすすめです。

(専門用語が少なく、展開もスピーディなため)

本書を読めば、まるで歴史上の人物が自分の近くにいる人かのように身近に感じられるはずです。

ぜひ読んでみてください。ではまた。良い読書ライフを!

created by Rinker
中央公論新社
¥946
(2020/10/01 11:25:48時点 Amazon調べ-詳細)

富樫倫太郎『SROシリーズ』の読む順番まとめ! 最新刊は「名前のない馬たち」富樫倫太郎さんの小説『SROシリーズ』の読む順番とあらすじをまとめていきます。 よろしくお願いいたします。 富樫倫太郎『SROシ...
seikatuanzen0kakari
富樫倫太郎『生活安全課0係シリーズ』の読む順番富樫 倫太郎『生活安全課0係シリーズ』の読む順番をまとめていきます。 富樫 倫太郎『生活安全課0係シリーズ』とは? まずは富樫 倫太...
別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です