シリーズごと PRあり

佐伯 泰英「芋洗河岸」シリーズの読む順番と新刊情報まとめ

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

佐伯 泰英「芋洗河岸」シリーズの読む順番は「刊行順」がおすすめです。

「芋洗河岸」シリーズの読む順番と新刊情報をまとめます。

最新情報

2024/3/13 「未だ謎 芋洗河岸(3) (光文社文庫)」発売【完結】

第1巻↓

最新刊↓

セット↓

created by Rinker
ノーブランド品
¥4,790
(2024/05/23 23:07:56時点 Amazon調べ-詳細)

佐伯 泰英「芋洗河岸」シリーズとは?

まずは概要です。

タイトル 「芋洗河岸」シリーズ
作者 佐伯 泰英
出版社 光文社
既刊 3巻
メディア化

こんなシリーズ↓

神田明神下にある一口長屋に、妻子連れの侍が流れ着く。
藩を食いつめ美濃を出てきた、その名は小此木善次郎。
職業なし、金もなし、どこかとぼけたこの侍、じつは剣の達人と知れる。
親切な住人や大家が揃う一口長屋に溶け込む一家だったが、長屋には隠された秘密があると知れ、
善次郎はやがてその秘密の渦に巻き込まれていく――

 

ファンによる評価は以下の通り!

□総合評価

0.0
星5つ中の0.0(0人のレビュー)
とても良い0%
良い0%
普通0%
イマイチ0%
つまらなかった0%

 

みんなのコメント!

まだレビューがありません。あなたの意見をぜひ聞かせてください。

 

シリーズのレビューをお願いします!!









 

「芋洗河岸」シリーズの読む順番と新刊情報まとめ

続いては読む順番です。

現在の刊行情報は以下の通り。

◆「芋洗河岸」の読む順番

  1. 陰流苗木
  2. 用心棒稼業
  3. 未だ謎

※タイトルを押すと該当部分まで飛べます。

では、それぞれを見ていきましょう。

 

1.陰流苗木

まずはシリーズ第1巻の『陰流苗木』です。

あらすじは以下の通り。

職業なし、住むあてなし。しかしその侍、剣の達人。 美濃を食いつめた浪人・小此木善次郎が、江戸に大旋風を巻き起こす

 

2.用心棒稼業

続いてはシリーズ第2巻の『用心棒稼業』です。

あらすじは以下の通り。

剣の達人・小此木善次郎。 舞い込む仕事に、狙われる長屋。 さあ、どうする?

 

3.未だ謎

続いてはシリーズ第3巻の『未だ謎』です。

created by Rinker
光文社
¥858
(2024/05/23 23:07:59時点 Amazon調べ-詳細)

あらすじは以下の通り。

なぜ、ここに来たのか。善次郎が見出す答えとは。 神田明神下の長屋に悪の手が伸び、最大の危機が訪れる!? 迫力と感動、これが佐伯泰英。

 

owarini

簡単ですが芋洗河岸シリーズの解説でした。

ぜひ読んでみてください。

ではまた。良い読書ライフを!

別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

シリーズ本をまとめる本好き
たkる
たkると申します。大学生のとき読書に目覚めてそれからは年100~300冊くらい読んでます。 読書傾向は乱読で、本を買っては読み、読んでは書き、を繰り返しています。 本サイトではシリーズものの小説や読書グッズのおすすめをメインに紹介していきますのでよろしくお願いいたします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA