シリーズごと PRあり

輪渡颯介「古道具屋 皆塵堂」シリーズ読む順番と新刊情報まとめ!読みやすい時代ホラー小説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

本記事では輪渡颯介さんの「古道具屋 皆塵堂」シリーズについて、あらすじ読む順番、このシリーズが好きな人におすすめの本、を紹介します。

本記事では本好きのライターさんに書いてもらいました!
たkる
たkる
読みやすい時代ホラー小説で8巻まで出ています。

最新情報

2023/12/15 闇試し 古道具屋 皆塵堂 (講談社文庫)

輪渡颯介さんの「古道具屋 皆塵堂」シリーズとは?

「古道具屋 皆塵堂」シリーズとは、曰くつきの品物が集まる古道具屋「皆塵堂」を中心に巻き起こる様々な事件や不思議な出来事を解決していくという、

  • 怪談要素あり
  • 人情要素あり
  • そして謎解き要素もある

そんな物語です。

第1巻の主人公は幽霊の見える太一郎という若者ですが、第2巻の主人公は益治郎と、巻ごとに主人公の異なる点が特徴です。

登場する幽霊たちの描写はホラー小説のような雰囲気を漂わせています。

短編構成で語り口もあっさりとしているため、比較的読みやすい時代小説と言えます。

たkる
たkる
読みやすい時代ホラー小説ですね!

「古道具屋 皆塵堂」シリーズの読む順番と新刊情報

kodougu-kaijindo-top

続いては「古道具屋 皆塵堂」シリーズの読む順番を解説します。

刊行情報は以下の通り。

順番

  • 1. 古道具屋 皆塵堂
  • 2. 猫除け 古道具屋 皆塵堂
  • 3. 蔵盗み 古道具屋 皆塵堂
  • 4. 迎え猫 古道具屋 皆塵堂
  • 5. 祟り婿 古道具屋 皆塵堂
  • 6. 影憑き 古道具屋 皆塵堂
  • 7. 夢の猫 古道具屋 皆塵堂
  • 8. 呪い禍 古道具屋 皆塵堂
  • 9. 髪追い 古道具屋 皆塵堂(2022/4)
  • 10. 怨返し 古道具屋 皆塵堂(2023/3/15)
  • 11.闇試し 古道具屋 皆塵堂 (講談社文庫・2023/12/15)

ではそれぞれのあらすじ(ネタバレなし)を見ていきましょう。

第1巻「古道具屋 皆塵堂」の概要

修行に出された太一郎が皆塵堂で働き始めると、曰くつきの品物のために早速幽霊絡みの不思議な出来事が起こる展開になります。

周囲の人に助けられながら日々を過ごす中で、太一郎は思い出せない自分の過去があることを知って…。

第2巻「猫除け」の概要

親族に騙され失意の中で江戸に出てきた庄三郎は、恨みを晴らすべく丑の刻参りを実行しようと考え、皆塵堂へその道具を買いにやって来ます。

その縁によって皆塵堂に居候することになった庄三郎が、しっかりと前を向けるようになるまでの物語です。

第3巻「蔵盗み」の概要

新しく皆塵堂の奉公人となった益治郎の目的は、なんと盗人の手引きをするため。

小間物問屋の手代をしていた益治郎は、身に覚えのない罪により店を追い出されてしまいました。

恩人である盗人に店への復讐を持ちかけられて、皆塵堂に潜入することになり…?

第4巻「迎え猫」の概要

第1巻の主人公である太一郎の幼馴染、巳之助が活躍する巻です。

猫に囲まれて暮らしたいという夢を抱く巳之助の周りに次から次へと猫が集まり、皆塵堂も猫だらけに。

猫が大好きな巳之助が考え出したとある計画、そしてその結末はいかに。

第5巻「祟り婿」の概要

皆塵堂の奉公人になると押しかけてきたのは、連介という幽霊や呪いを全く信じないと主張する男でした。

幽霊が見える太一郎のことは嘘つきだと決め付けてしまいます。その連介の婿入り先では祟りのような現象が続いていて…?

単行本↓

文庫↓

第6巻「影憑き」の概要

悪友たちと遊び回り、放蕩三昧だった円九郎。

遂に賽銭泥棒という悪事に手を出したせいで、幽霊に憑りつかれたまま皆塵堂に預けられることとなりました。

皆塵堂にやってくると幽霊が見えるようになりますが、それでも生来の怠け癖は中々治らないもので…。

第7巻「夢の猫」の概要

亡くなった父親の残した借金を返済するために、根付を売りに皆塵堂を訪れたおきみという女の子。

彼女は後ろ足の先だけが白いという特徴を持った黒猫が登場する夢の出来事が、現実でも同じように起こるという不思議な事象に見舞われていました。

第8巻「呪い禍」の概要

15年間も料理奉公をしていた麻四郎は突然その修行を辞めることになってしまいました。

行くあてのない麻四郎が新しく働くことになったのは、古道具のお店である皆塵堂。そこで働いている内に、麻四郎の家系に纏わる因縁話が判明して…?

9. 髪追い 古道具屋 皆塵堂(2022/4)

続いては第9巻の「髪追い 古道具屋 皆塵堂」です。

備前屋が封印したいわくつきの髪を開けてしまい・・

というストーリー。

10. 怨返し 古道具屋 皆塵堂(2023/3/15)

続いては第10巻の「怨返し 古道具屋 皆塵堂」です。

こちらではいわくつきの恩人の遺品をめぐり、憑いている幽霊の謎を解き明かしていきます。

11.闇試し 古道具屋 皆塵堂 (講談社文庫・2023/12/15)

続いては第11巻の「闇試し 古道具屋 皆塵堂」です。

あらすじは以下の通り。

古道具屋銀杏屋の若旦那太一郎は、幽霊が見える。修業先だった曰く物ばかり集める皆塵堂に降りかかる幽霊騒ぎの数々にかかわってきた。
銀杏屋に浅草森田町の札差大和屋の養女お縫がやって来た。まだ十歳くらいに見えるが、年は十三歳。綺麗な女中と下男を連れ、ふるまいは堂に入っていて、売りたい壺があるという。太一郎は壺に執着する幽霊に気づき、札差を贔屓にしたい番頭の勧めで壺を買おうとする。お縫は太一郎を一軒の袋物屋に連れて行く、その家で太一郎は壺に執着するおかみさんの幽霊を見るが、それに気づいたお縫は、皆の目の前で壺を叩き割ってしまう。壺に執着していた幽霊は消え去ってしまった。
お縫は、太一郎が幽霊が見えるのを知っていて、自分にも見えないものか試したくて、幽霊の出そうなあちこちに太一郎を引きずりまわしたいらしい。
だが太一郎は、お縫の人懐っこい笑顔に悪い予感を抱いていた……。
太一郎のように幽霊を見たいお嬢様に皆塵堂の面々が翻弄される。はたしてその正体は?
「皆塵堂」シリーズに新キャラクター登場!

 

「古道具屋 皆塵堂」シリーズが好きな人におすすめしたい本3選

そんな感じが「古道具屋 皆塵堂」シリーズでした。

最後にこのシリーズが好きな人におすすめしたい本3選を紹介します。

ばけたま長屋

「古道具屋 皆塵堂」シリーズの作者、輪渡颯介さんの怪談ミステリーです。指物師の弦次は独立して、とある長屋に引っ越すことになりました。

しかしその長屋は、実は幽霊が出るという曰くつきの物件だったのです。謎を解いて事件を解決する、人情味のある物語です。

おそろし 三島屋変調百物語事始

宮部みゆきさんの「三島屋変調百物語」シリーズ第1巻です。江戸の三島屋で行われる「変わり百物語」では、訪れた客がそれぞれ怖い話などを語っていきます。人々の思いが詰まった怪談話を読みたいという方におすすめです。

mishimaya
【第9巻発売】宮部みゆき『三島屋変調百物語シリーズ』の読む順番と新刊情報!ホラー時代小説です。宮部みゆきさんの小説『三島屋シリーズ』の読む順番をまとめていきます。 旅館の娘・おちかが、袋物屋に行儀見習いの修行に出され、そこで...

しゃばけ

畠中恵さんの「しゃばけ」シリーズは、幽霊ではなく妖が登場する物語です。長崎屋というお店の病弱な若旦那は、妖を見るという不思議な力を持っていました。その若旦那の周りで殺人事件が発生して…?怪異もの、人情ものが好きな方におすすめです。

shabake
2023最新!しゃばけシリーズの読む順番と新刊、番外編まとめ【病弱若旦那と妖!『こいごころ』】畠中恵さんの代表作『しゃばけシリーズ』 病弱若旦那とそれを助ける妖たちのドタバタハートフルストーリーですね。 今日はその「し...

そんな感じです。ではまた。良い読書ライフを。

別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

シリーズ本をまとめる本好き
たkる
たkると申します。大学生のとき読書に目覚めてそれからは年100~300冊くらい読んでます。 読書傾向は乱読で、本を買っては読み、読んでは書き、を繰り返しています。 本サイトではシリーズものの小説や読書グッズのおすすめをメインに紹介していきますのでよろしくお願いいたします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA