シリーズごと

【2022年最新】神様の用心棒シリーズの読む順番と新刊情報まとめ

「神様の用心棒」シリーズの読む順番と新刊情報をまとめます。

2020年からスタートした大人気時代ファンタジーです。

最新情報

2022/5 第4巻発売

広告

霜月 りつ「神様の用心棒」シリーズとは?

まずは概要です。

タイトル 神様の用心棒
作者 霜月 りつ
出版社 マイナビ出版
(マイナビ出版ファン文庫)
既刊 4巻
メディア化 なし

神様の子守はじめました。」シリーズなどで知られる霜月 りつさんの新作時代ファンタジーです。

戦死した主人公・兎月が神社の用心棒として復活させられ、最終的に兎になるために、修行として闇と戦う・・!

というストーリー。

神様は子どもで主人公も復活の影響で記憶が抜け気味・・という補完関係が新しいですね。

かなり人気で、読む順番は重要なので以下の項でしっかりチェックしてください。

第1巻↓

「神様の用心棒」シリーズの読む順番と新刊情報まとめ

続いては読む順番です。

現在の刊行情報は以下の通り。

ショップ付き一覧↓

1~10巻を開く

1.神様の用心棒 ~うさぎは闇を駆け抜ける~ (マイナビ出版ファン文庫)

2.神様の用心棒 ~うさぎは玄夜に跳ねる~ (マイナビ出版ファン文庫)

3.神様の用心棒 ~うさぎは梅香に酔う~ (マイナビ出版ファン文庫)

4.神様の用心棒 ~うさぎは桜と夢を見る~ (マイナビ出版ファン文庫)

 

タイトルのみ一覧↓

  • 1.神様の用心棒 ~うさぎは闇を駆け抜ける~ (2020/1/21)
  • 2.神様の用心棒 ~うさぎは玄夜に跳ねる~
  • 3.神様の用心棒 ~うさぎは梅香に酔う~
  • 4.神様の用心棒 ~うさぎは桜と夢を見る~(2022/5/29)

それぞれのあらすじを見ていきましょう。

1.~うさぎは闇を駆け抜ける~ (2020/1/21)

まずは第1巻の「うさぎは闇を駆け抜ける」です。

あらすじは以下の通り。

刀――兼定を持った辻斬りの正体とは…?

明治時代の北海道・函館。
戦争で負傷した兎月は目覚めると神社の境内にいた。
自分のことも思い出せない彼の前に神様と名乗る少年が現れ、死んだことを聞かされる。
兎月は修行として神社の用心棒となり参拝客の願いを叶えることに。
そして、願いを叶えることで少しずつ生前の記憶を取り戻していき、自身の正体を思い出したとき彼は――?

小さな神社の神様と記憶のない用心棒が北海道・函館に蔓延る闇を斬る。

大人気シリーズ『神様の子守はじめました。』(コスミック出版)の霜月りつが贈る、和風ファンタジー。

2.~うさぎは玄夜に跳ねる~

続いては第2巻の「うさぎは玄夜に跳ねる」です。

あらすじは以下の通り。

兎月の前に強敵が立ちはだかる! 彼を救う一筋の光――

時は明治――北海道の函館山の中腹にある『宇佐伎神社』。
戦で命を落とした兎月は、修行のため宇佐伎神社の用心棒としてよみがえり日々参拝客の願いを叶えている。
寒さも厳しくなってきたある日、境内には母の病の治癒を願うためにやってきた小雪の姿があった。
兎月は神社の主神であるツクヨミに病を治すことができないか相談するが…。

発売直後に重版の人気作!
和風人情ファンタジー待望の第二弾!

3.~うさぎは梅香に酔う~

続いては第3巻の「うさぎは梅香に酔う」です。

あらすじは以下の通り。

時は明治――北海道の函館山の中腹にある『宇佐伎神社』。
戦で命を落とした兎月は修行のため宇佐伎神社の用心棒としてよみがえり、日々参拝客の願いを叶えている。
春までの間、貿易商アーチー・パーシバルの屋敷の隣に社を移し、兎月もパーシバル邸に居候させてもらっている。
雪深い冬の朝、生前の戦の夢を見た兎月。それは目の前で仲間を失う悪夢。
これまで蓋をしていた想いを断ち切るため、ひとり五稜郭へ向かうことに…。

和風ファンタジー待望の第三弾!

五稜郭の夢
白魔の牙
恋、ふたつ
ヨコハマから来た、小さなレディ

4.~うさぎは桜と夢を見る~(2022/5/29)

続いては第4巻の「うさぎは桜と夢を見る」です。

あらすじは以下の通り。

時は明治――戦で命を落とした兎月は修行のため宇佐伎神社の用心棒としてよみがえり、日々参拝客の願いを叶えている。
宇佐伎神社の周りにも桜の蕾も膨らみ始めてきたある日、リズが悪夢にうなされると相談にやってきた。
悪夢の原因を探るべく兎月たちは、パーシバル邸に向かうことに――。

owarini

簡単ですが神様の用心棒シリーズの解説でした。

ぜひ読んでみてください。

ではまた。良い読書ライフを!

別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

関連コンテンツ(広告あり)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。