小説レビュー

あさのあつこ『弥勒シリーズ』の全巻読む順番まとめ!第9巻『鬼を待つ』発売中

あさのあつこさんの時代小説『弥勒シリーズ』のあらすじと読む順番をまとめていきます。

たkる
たkる
あさのあつこさん初の時代小説!文庫版の表紙がめっちゃカッコいいです!

 

広告

あさのあつこ『弥勒シリーズ』とは

miroku-synopsis『弥勒シリーズ』について紹介していきます。

弥勒シリーズは、あさのあつこさんによる時代小説で、光文社より発売中の作品となります。


ストーリーとしては、小間物問屋遠野屋の若おかみ・おりんの水死体が発見され、同心・木暮信次郎がその事件の調査に乗り出していくという物語

人物描写が多彩で、人々の心の動きとか内面をうまく描き出して一気読みできる臨場感が魅力です。

あとこれは本編関係ないですが、文庫版の表紙がめっちゃカッコいいのでそこも着目しています。

たkる
たkる
全然そんな感じしないんですが、実はあさのあつこさん初の時代小説がこの弥勒シリーズなんだそうです。

ただ完成度は高くて、名刺がわりの10冊に入れる人多数!

あさのあつこ『弥勒シリーズ』の読む順番全巻まとめ

miroku-order続きまして、あさのあつこ『弥勒シリーズ』の読む順番をまとめていきます。

現在刊行中の作品は以下の通り。

1.弥勒の月 (光文社時代小説文庫)(2006年2月 光文社 / 2008年8月 光文社文庫)

 

2.夜叉桜 (光文社時代小説文庫)(2007年9月 光文社 / 2009年11月 光文社文庫)

 

3.木練柿(こねりがき) 「弥勒」シリーズ (光文社文庫)(2009年10月 光文社 / 2012年1月 光文社文庫)

 

4.東雲(しののめ)の途(みち) 「弥勒」シリーズ (光文社文庫)(2012年2月 光文社 / 2014年8月 光文社文庫)

 

5.冬天の昴 「弥勒」シリーズ (光文社文庫)(2014年3月 光文社 / 2016年11月 光文社文庫)

 

6.地に巣くう 「弥勒」シリーズ (光文社文庫)(2015年11月 光文社 / 2018年2月 光文社文庫)

 

7.花を呑む 「弥勒」シリーズ (光文社文庫)(2017年1月 光文社/2019年2月 光文社文庫)

 

8.雲の果(はたて) 弥勒シリーズ(2018年5月 光文社)

 

9.鬼を待つ 弥勒シリーズ(2019/5/30)

created by Rinker
光文社
¥1,760
(2020/11/27 16:02:16時点 Amazon調べ-詳細)

たkる
たkる
毎回切りが良いのでまだ続く…よね?とちょっとだけ不安になる!第8巻「雲の果」の文庫版も2020年2月に発売!
created by Rinker
光文社
¥770
(2020/11/27 16:02:17時点 Amazon調べ-詳細)

終わりに!弥勒シリーズは表紙だけでも一読の価値あり

ここまで簡単にではありますが、あさのあつこさんの弥勒シリーズについて紹介してきました。

実は自分はまだ未読なんですが、表紙カッコよすぎでは?ということで密かに着目していた作品シリーズではあります。

単行本も渋い表紙ですが、文庫版のほうが個人的には好き

ぜひ読んでみてください。ではまた。良い読書ライフを!

今流行の時代小説オススメまとめ読む順番記事のストックが溜まってきたので、時代小説のおすすめをまとめていきます。 基本的には今伸びているシリーズを中心にまとめたの...
今村翔吾さんのオススメ小説まとめ!今村翔吾さんのオススメ小説まとめていきます。 新規気鋭の小説家・今村翔吾さんとは何者なのか 作品を知るにはその作家のバックグラウンド...
佐伯泰英『居眠り磐音』原作シリーズの読む順番【決定版新刊情報も網羅】佐伯泰英さんの小説『居眠り磐音』シリーズの読む順番をまとめていきます。 以下であらすじから見ていきましょう。 佐伯泰英『...
別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です