読む順番

大沼紀子「真夜中のパン屋さんシリーズ」の読む順番まとめ

真夜中のパン屋さんシリーズの読む順番をまとめていきます。

よろしくお願いいたします。

大沼紀子『真夜中のパン屋さんシリーズ』とは

まずは大沼紀子『真夜中のパン屋さんシリーズ』とはどんな物語なのかを見ていきましょう。


真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ (ポプラ文庫)

ストーリーとしては、深夜営業がメインという風変わりなパン屋を舞台に、そこにやってくるお客さんとか、店員たちの抱える課題と向き合っていくという流れとなっています。

オカルト要素とかはないですが、流石は真夜中というべきか、やってくるお客さんも訳アリの人が多くて、ストーカー、オカマ、ネグレクト親とかバラエティ豊かです。

『真夜中のパン屋さんシリーズ』の読む順番【全6巻完結】

続いては大沼紀子『真夜中のパン屋さんシリーズ』の読む順番をまとめていきます。

刊行中の作品は以下の通り。全6巻完結です。

営業時間が午後11時から午前5時までという原作のパン屋「ブランジェリークレバヤシ」にちなんで、時間が徐々に進んでいるのが特徴。

ちなみに子供向けに文字が大きくなった図書館版というのも出ています。

 

真夜中のパン屋さんのテレビドラマ化情報について

真夜中のパン屋さんシリーズは2013年にドラマ化がなされています。

放送局はNHKBSプレミアムで、主演は滝沢秀明。

主なキャストは以下の通りです。

暮林 陽介・・・滝沢秀明【主演】
柳 弘基・・・桐山照史
篠崎 希実・・・土屋太鳳(少女期:信太真妃)
暮林 美和子・・・伊藤歩
水野 こだま・・・藤野大輝
斑目 裕也・・・六角精児
ソフィア・・・ムロツヨシ

 

終わりに

ここまで簡単にではありますが『真夜中のパン屋さんシリーズ』の読む順番とあらすじを紹介してきました。いかがだったでしょうか。

ポップなタイトルとは裏腹に、微妙に重たいテーマを扱う作品なので、読む際は気合を入れていきましょう。※文体はそこまで重くないですが

あと飯テロ要素はほとんどないので、深夜に読んでも大丈夫です。

では今日はこの辺で。よい読書ライフを。