ネコ好き必見!テーマ別猫本オススメまとめ

ネコ好き必見!テーマ別猫本オススメまとめ

犬と並びペットとして定番の猫。熱狂的な信者も多く、「犬は家族ネコは宗教」という言葉もあるほど。

今日はそんな猫に関する本をまとめました。

幸せになりたければねこと暮らしなさい

ねこ啓発の本です。

猫と人のかかわりは、約1年前にさかのぼります。キプロス島の遺跡から9500年前にねこと人間がともに埋葬されており、ねこ1万年説が浮上したそうです。

ねずみから作物を守ってくれた、なんとなく可愛いだけではこんな長い付き合いにはならない。

猫が人とともにいるのは、猫が人を成長させる力があるからというのが著者の主張です。

猫はあなたのコーチでありセラピスト。伝わってるはず、は人にも猫にも通用しません。

そしてそれは他のモノでは不十分で、ねこでなくてはならないと著者はいいます。

ねこほど幅広い効果を期待するにはカウンセラーを複数人にコンサルタントをつけねばならないがねこなら一緒に暮らすだけ。それに好きなものからは学びが大きい。

また、ビジネスモードのまま家族と接してしまうなどのミスはねこで解消できる。

巻末の著者に学びをくれたねこ(敬称略)は笑った。ねこリスペクトに溢れてる。どうせねこと接するなら学びを得た方がよいなとは思いました。

ねこ好き前提で書かれていますが、この前提なら是非読むべき本。


幸せになりたければねこと暮らしなさい

野良猫の拾い方

野良猫を拾って育てたい人の本。

野良猫の捕獲は素手でいきなりは難しい。あらかじめ餌付けし、専用のゲージを用意する必要があります。

そして、保護した野良猫はまず病院でワクチン接種とウイルス検査を。寄生虫についても検査が必要。ノミやダニは家中に広がるので特に迅速に。

低体温症の猫は猫をケースをいれ、ケースごとビニールを被せてそのままお湯につけて温めると良い。

猫にとっての5つの幸せの条件なども勉強になります。

逆に、飼いがノラになって2週間生きられる確率は1/3と言われています。野良猫を飼い猫にするときは責任をもって育てることが重要です。

野良猫を飼いたい人必見の一冊。


Amazon:野良猫の拾い方
楽天:野良猫の拾い方 [ 東京キャットガーディアン ]

猫にGPSをつけてみた

タイトルのGPSをつける話は第3章からです。それまではふつうに野良猫と著者の関わりとかが書かれています。

面白いのは、やはりGPSのくだり。著者は猫にGPSをつけて夜の移動ルートを観測したところ、夜に4kmを歩いていることが判明。猫のサイズからするとすごい距離ですね!しかも朝ごはんの時間にはしっかり帰ってくるという。

IoTは日本企業への警告である』という本によると、アメリカではや犬にマイクロチップは一般的みたいです。帰ってくると開くドアなどもあるそうですね。


猫にGPSをつけてみた 夜の森 半径二キロの大冒険

猫の事典

アイウエオ順で猫の関連ワードが説明されている事典。日向ぼっこと猫の品種が隣り合わせだったりして面白いですね。猫好きならパラパラ読んでても面白いはず。


ねこの事典

マスクねこと猫のことわざ&慣用句

猫に関することわざと慣用句がまとめてあります。4コマになっているので楽しく読めます。しかも、リサーチ範囲は日本にとどまらず、ロシアやイギリスなど世界中に伝わる慣用句を掲載しているのがすごいです。

言葉の猫マスターになりたい人にオススメ。


マスクねこと猫のことわざ&慣用句

写真集 必死すぎるネコ

必死すぎる猫の写真を集めた作品。ゴミのネットやねこじゃらしなどに本気になっている猫の画像は思わず笑ってしまいます。


写真集 必死すぎるネコ (タツミムック)

ポチャ猫ワンダフル


ぽちゃ猫ワンダー

ぽっちゃり系の猫の写真を集めた写真集です。

猫はデブ専という人にオススメ。

cat 名画のなかの猫

ルシアン・フロイドの「子猫抱く少女」のような名画のなかの猫を集めた本。厳かで猫を敬う気持ちが高まります。


Amazon:名画のなかの猫
楽天:名画のなかの猫/アンガス・ハイランド/キャロライン・ロバーツ/喜多直子

の世界史

猫に関する歴史というテーマで書かれた世界史の本です。

猫の歴史としては、200万年前にヤマネコが人に飼われ始め、紀元前1400年ごろにエジプトの壁画にもの絵があり、蛇の邪神を倒す絵とかもあるそうです。

中世までは街中で猫が迫害されたりしていたそうですね。

また中国では、知らないが家に入ってくるのはその家が傾く前兆とみなされる。どの家にネズミがはびこるかを見抜いているからだといいます。

また、は性的魅力や多産の象徴として描かれたり、物語では正直な犬に対して卑怯者としての立ち位置になることも。これは獲物に向かう際犬が突進していくのに対して、がそろりそろりと近づく事に起因するという説もあるそうです。

最近では、1993年にアメリカで、1995年にはイギリスで飼いの数が飼い犬を上回ったそうです。

巻末のの歴史年表が面白いです。

猫の歴史を学びたい人にオススメです。


Amazon:猫の世界史
楽天:猫の世界史 [ キャサリン・M.ロジャーズ ]

のパジャマ

レイ・ブラッドベリの短編集です。表題作が猫に関する話で、好きの男女が見つけたの所有権を巡って話し合うなかでお互いを認め仲良くなる話です。


猫のパジャマ (河出文庫)

吾輩はである

夏目漱石の代表作です。意外と通しで読んだ人は少ないのではないでしょうか。漫画で読めるタイプもあるので読書が苦手な人はこちらもオススメ。


吾輩は猫である (まんがで読破)

ニャンダフル! 日本の名作100選

日本の名作がの写真付きで紹介される。やけにスタイリッシュなネコが多いのが特徴です。


Amazon:ニャンダフル! 日本の名作100選
楽天:もう一度読みたいニャンダフル!日本の名作100選 [ ネコまる編集部 ]

を愛する人のための絵本ガイド

本ガイド。絵本編です。猫の絵本ってこんなにいっぱいあるんですね。自分は『ごろごろにゃんこ』くらいしか知りませんでした。


Amazon:猫を愛する人のための猫絵本ガイド

楽天:猫を愛する人のための猫絵本ガイド [ さわださちこ ]

参考までに目次を上げると以下のような分類です。

1.美しすぎる
2.いやしてくれる
3.友だちになりたい
4.働き者の
5.頼りになる
6.子どもごころがわかる
7.謎めいた
8.おともにしたい
9.名作のなかの
10.おもわず笑っちゃう
11.いい味出してる
12.心を温めてくれる
13.とわかり合うために

個人的には、働き者のというのが気になるところです。
このテーマで本をかける、作者のねこ力がすごい。

猫の本棚

猫本を探せる本。こちらは普通の本です。
ハードボイルドな猫本といったように、ねこを題材にした猫文学で結構マイナーな本までいろいろ紹介されているので、ネコ好きで読書好きならぜひ読んでおきたい1冊。


猫の本棚

まとめ

ネコ好きなら猫の知識は深めておきたいところです。猫は植物系のアロマが苦手だったり人間と大きく違う点もあるので知識は重要です。

旅行に行くとき、猫は家につくが犬は人につくので、預かり施設の人に懐いているとよい(私 をリセットする旅へ)そうですね。

このように猫本を読むと猫に関して詳しくなることができ、より猫と分かり合うことができます。

ぜひ猫本を読んで、ネコの知識を深めていきましょう。