小説レビュー

群ようこ「れんげ荘シリーズ」の続編・読む順番まとめ

群ようこさんの「れんげ荘シリーズ」の続編・読む順番をまとめていきます。

たkる
たkる
大手広告代理店を45歳で早期退職し、安アパートでシンプル+スロウライフを送る主人公の物語です。

ではまずは群ようこ「れんげ荘シリーズ」とはどのような物語か?から見ていきましょう。

広告

群ようこ「れんげ荘シリーズ」とは?

まずは「れんげ荘シリーズ」とはどのような物語なのかを簡単に紹介します。

rengesou

れんげ荘シリーズはネコ小説に強い作家・群ようこさんによるほのぼの系小説シリーズ。

有名広告代理店を四十五歳で早期退職した主人公が、都内の安アパート「れんげ荘」へと引っ越し、個性豊かなアパートメンバーとともに緩やかなときを過ごす・・・。

という物語。

仕事や両親などから解放されてシンプル&スローライフを送るというサラリーマンの夢を描いた作品でもあります。

月10万円で生きていくというシンプルライフをコツも学べます。

群ようこ「れんげ荘シリーズ」の続編・読む順番まとめ

rengeso-top

続いては群ようこ「れんげ荘シリーズ」の続編・読む順番を紹介します。

2020年8月現在は第4巻まで刊行中!

  1. れんげ荘
    created by Rinker
    角川春樹事務所
    ¥123
    (2020/10/01 22:26:38時点 Amazon調べ-詳細)

  2. 働かないの
    created by Rinker
    ¥130
    (2020/10/01 22:26:39時点 Amazon調べ-詳細)

  3. ネコと昼寝
  4. 散歩するネコ
    created by Rinker
    ¥1,540
    (2020/10/01 22:26:40時点 Amazon調べ-詳細)

第4巻が最近発売されました!チェック漏れしてた人はぜひどうぞ。

群ようこ「れんげ荘シリーズ」のレビューまとめ

群ようこ「れんげ荘シリーズ」を実際に読んだ人の感想を最後に見ていきましょう。

通勤の苦を打ち消すほどのパワー

ゆるやかな日常を描いた「れんげ荘シリーズ」は、毎日の通勤を強いられるサラリーマンにも人気。

どのくらいすごいかというと、通勤が苦じゃなくなるほど!

・・・この辺は人それぞれ難易度はあるかと思いますが、通勤がキツイ人は本書を読むのも手です。

早期退職して無職になるという選択肢

本シリーズでは、勤め上げた会社を45歳で早期退職し、無職となった主人公が描かれます。

この生き方は日本ではあまり一般的ではありませんが、一つの選択肢として存在しているのは確か。

様々なしがらみの中でもそんな生き方もあると知れる小説です。

30代以降に響きだす作品

本書の根本にあるテーマは、すでにある程度勝手の分かった会社の仕事、高齢となった両親があったりというような、30代以降の中年世代に響きやすいものとなっています。

そんなしがらみを抱えつつ、全部投げ出して(表現が悪いですが・・)安アパートで暮らしてみたいものよ・・・

と思ったらぜひ本書を読んでみましょう。きっと響くはずです。

終わりに!群ようこさんの「パンとスープと猫日和シリーズ」もぜひどうぞ!同テイストです。

こんな感じが簡単ですが、「れんげ荘シリーズ」でした。

群ようこさんの作品としては他にも「パンとスープと猫日和シリーズ」もテイストが似ているのでぜひどうぞ!

詳細↓

・・・母の死をきっかけに脱サラしてスープカフェをするストーリーです。

ではまた。良い読書ライフを!

別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です