シリーズごと

【警視庁殺人分析班、捜査一課十一係】「如月塔子シリーズ」の読む順番と続編新刊まとめ!公安編あり

『石の繭』から始まる警視庁殺人分析班シリーズ」(主人公・如月塔子シリーズ)の続編、読む順番をまとめていきます。

このシリーズ紛らわしくて、

  • 単行本・・・捜査一課十一係
  • 文庫・・・殺人分析班

となっています。

あと同じ世界線の対となる小説・警視庁公安分析班シリーズもスタートしたのでここも併せてみていきます。

たkる
たkる
奇数巻と偶数巻で内容が変わるという特殊な警察ミステリーです。

ではそんな「警視庁殺人分析班シリーズ」のまずはあらすじから見ていきましょう。

\最新情報/

単行本

  • 2020/11/6 13巻「賢者の棘 警視庁捜査一課十一係」発売

文庫

  • 2020/11/13に第11巻「凪の残響」の文庫が発売!
  • 2021年11月16日 第12巻「天空の鏡(講談社文庫)」発売

単行本最新刊↓

広告

「石の繭 警視庁殺人分析班シリーズ」とは?捜査一課十一係と同じく如月塔子が主人公!

まずは「石の繭 警視庁殺人分析班シリーズ」とはどのような物語なのかを簡単に解説します。

ishinomayu1

シリーズとしては、女性警察官・如月塔子(きさらぎ とうこ)を主人公にした警察小説となっています。第1巻では石造の中に埋め込まれた殺人事件が起き、それを主人公たちが捜査していきます。

ちなみに「奇数巻では骨太な警察小説になるよう直球勝負を目指し、偶数巻ではトリックやアクションの要素を増やして変化球を投げる」という特徴があるシリーズとしても有名です。

ちなみに同じ著者から「捜査一課十一係シリーズ」というのも出ていて混乱した人もいるかもですが、これは同じシリーズです。

  • 単行本・・・捜査一課十一係
  • 文庫・・・殺人分析班

と副タイトルが変わる構成。

読んだ人の感想。

・・・まさかの犯人からのアプローチ!

・・・特殊部隊系ではない!

第1巻↓

「警視庁殺人分析班・如月塔子シリーズ」の読む順番・続編、新刊情報まとめ

satujinbunseki

続いては「石の繭 警視庁殺人分析班シリーズ」の読む順番を紹介していきます。

現在刊行中の作品は以下の通り。

ショップ付き一覧↓

ショップ付き一覧を開く

1 石の繭

2 蟻の階段

3 水晶の鼓動

4 虚空の糸

5 聖者の凶数

6 女神の骨格

7 蝶の力学

8 雨色の仔羊

9 奈落の偶像

10 鷹の砦

11 凪の残響

12 天空の鏡

13 賢者の棘 警視庁捜査一課十一係

 

タイトルのみ一覧

  • 1 石の繭
  • 2 蟻の階段
  • 3 水晶の鼓動
  • 4 虚空の糸
  • 5 聖者の凶数
  • 6 女神の骨格
  • 7 蝶の力学
  • 8 雨色の仔羊
  • 9 奈落の偶像
  • 10 鷹の砦
  • 11 凪の残響
  • 12 天空の鏡
  • 13 賢者の棘(2020.11 単行本のみ)
たkる
たkる
2022年1月現在は第12巻まで文庫化されています!

読んだ人の感想。

ドラマ化「石の繭 警視庁殺人分析班シリーズ」の映像化情報

ishinomayu

続いては「石の繭 警視庁殺人分析班シリーズ」のドラマ化情報です。

これまでに3作品がドラマ化されており対象は以下の通り。

主演は木村文乃さんです。

◆主なキャスト

  • 如月塔子〈26〉(捜査一課巡査部長) – 木村文乃
  • 鷹野秀昭〈32〉(捜査一課警部補) – 青木崇高
  • 神谷太一〈57〉(捜査一課課長) – 段田安則
  • 早瀬泰之〈52〉(捜査一課係長) – 渡辺いっけい
  • 門脇仁志〈41〉(捜査一課警部補) – 平岳大
  • 徳重英次〈57〉(捜査一課巡査部長) – 北見敏之
  • 尾留川圭介〈29〉(捜査一課巡査部長) – 小柳友

ドラマを見た人の感想。

ちなみにドラマの配信については、

石の繭の場合、Amazon Prime、Hulu、U~NEXT、Paravi、FODプレミアムです。

ざっくり比較するとこんな感じ。

AmazonPrime 月額500円/30日間無料
FOD PREMIUM 月額888円/2週間無料
Paravi 月額1,017円/2週間無料
Hulu 月額1,026円/2週間無料
U-NEXT 月額2,189円/31日間無料

※本ページの内容は2020/10/28現在のものです。最新の情報は上記サイト内で確認ください。

まあ契約しているところがあればそこで、なければ他にもいろいろ特典があって最安なAmazonPrimeVideoで見ていきましょう!

\30日間無料/

AmazonPrime

新シリーズ「警視庁公安分析班シリーズ」の読む順番

最後に「警視庁殺人分析班シリーズ」の番外編情報です。

2020年ごろから公安部に異動した刑事・鷹野秀昭を主人公とした「警視庁公安分析班シリーズ」がスタート。

こちらは「警視庁殺人分析班シリーズ」と世界線が被っており、今後はコラボが期待されます。

順番は以下の通り。

  • 1.邪神の天秤 警視庁公安分析班(2021.03)
  • 2.偽神の審判 警視庁公安分析班 (2021.05)

ともに文庫化済み

スピンオフドラマ「悪の波動 殺人分析班」

番外編のスピンオフとして「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」がドラマ化なされています。

という感じ!

そんな感じが「警視庁殺人分析班シリーズ」でした。ぜひ読んでみてください。

たkる
たkる
ちなみにAudible版も出ています!

ではまた。よい読書ライフを!

himekawareiko-order
【2021年最新刊発売】姫川玲子シリーズ原作の読む順番とあらすじまとめ2019年にドラマが放送された誉田哲也さんの小説『姫川玲子シリーズ』の読む順番と各巻のあらすじ、ドラマ化情報などについてまとめていきます...
keishicho-bunshosousakan
【2021年最新化】警視庁文書捜査官シリーズの読む順番と新刊情報【未解決の女原作】麻見和史さんの小説「警視庁文書捜査官シリーズ」の読む順番をまとめていきます。ドラマ「未解決の女」の原作シリーズです。 \最新情...
別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

関連コンテンツ(広告あり)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。