読む順番

白川紺子『下鴨アンティークシリーズ』の読む順番

アンティーク着物×ファンタジー!

白川紺子さんの小説『下鴨アンティークシリーズ』の読む順番をまとめていきます。

白川紺子『下鴨アンティーク』シリーズとは

白川紺子さんの『下鴨アンティーク』シリーズとはどんなお話なのかを見ていきましょう。

『下鴨アンティークシリーズ』はその名前の通り京都の下鴨を舞台にした着物ミステリーです。

旧華族の名家の娘・野々宮鹿乃は、アンティーク着物マニアの女子高生。ひょんなことから「開けてはいけない」と言われていた蔵を開いてしまいます。

すると、祖母の残した着物付喪神が現れ、鹿乃はその願いを叶えるために奔走する…

というストーリーです。

はんなりした関西弁と、着物に関する雑学が豊富なのが魅力の作品。

シリーズ化されており、基本的にはアンティーク着物に関する未練というかちょっとしたミステリーを解いていく感じの内容です。

 

『下鴨アンティーク』シリーズの読む順番

では続いて『下鴨アンティーク』シリーズの読む順番をまとめていきます。

現在刊行中の作品は以下の通り。※リンクはAmazonに飛びます

まとめ買いもオススメ↓


[まとめ買い] 下鴨アンティーク

下鴨アンティークの漫画化情報

元々は小説が原作の下鴨アンティークシリーズですが、実はコミカライズ化されています。

それがこちら。込由野しほさんの作で、可愛い感じの絵柄ですね。

 

終わりに

ここまで、白川紺子『下鴨アンティーク』シリーズの読む順番をまとめてきましたがいかがだったでしょうか。

〇〇×ミステリー(ファンタジー)みたいな本は多いですが、アンティーク着物というのはかなりマニアックで斬新ですね。

着物好きな方などにはかなり刺さるシリーズなのではないかと思います。

ちょっと京都に行こうかなというときにでもぜひ読んでみてください。着物に詳しくなれます。

◆オススメ記事

RELATED POST