読む順番

【完結間近!】『創竜伝シリーズ』の読む順番まとめ【全15巻】

souryuden

田中芳樹さんの『創竜伝シリーズ』のあらすじと読む順番をまとめていきます。

中国に伝わる「四海竜王」の生まれ変わりである4兄弟が現代日本を舞台に、悪と戦う伝奇アクション小説です。

たkる
たkる
実はこの作品、第1作から第13作は2003年に発売され、その後新刊がストップ、満を持して発売された14巻(2019年)にて、次巻での完結が発表されています。

よろしくお願いいたします。

田中芳樹の伝奇アクション小説『創竜伝シリーズ』とは?

souryuden-synopsisまずは『創竜伝シリーズ』とはどのような物語かを紹介していきます。

『創竜伝シリーズ』は田中芳樹さんによる小説で、1989年から続いている超連載期間の長い作品となります。

ストーリーとしては中国に伝わる「四海竜王(しかいりゅうおう)」の生まれ変わりである4人兄弟が、現代日本の新宿に住み、人界、天界の悪と戦っていくという物語。

4人のキャラクターはこんな感じです。

  • 長男:竜堂 始(りゅうどう はじめ)・・頑固でストイックな活字中毒。前世は東海青竜王敖広
  • 次男:竜堂 続(りゅうどう つづく)・・オシャレで美形な冷血漢。前世は南海紅竜王敖紹。
  • 三男:竜堂 終(りゅうどう おわる)・・喧嘩好きな熱血漢。前世は西海白竜王敖閏
  • 四男:竜堂 余(りゅうどう あまる)・・おとなしい超能力者。前世は北海黒竜王敖炎

四男に余という名を与えるのはびっくりしました!

『創竜伝シリーズ』の読む順番【全15巻完結予定】

souryuden-order続いては『創竜伝シリーズ』の読む順番を紹介していきます。

実はこの作品、第1作から第13作は2003年に発売され、その後新刊がストップ、満を持して発売された14巻(2019年)にて、次巻での完結が発表されています。

読む順番は以下の通り。

  • 創竜伝 1 超能力四兄弟
  • 創竜伝 2 摩天楼の四兄弟ドラゴン
  • 創竜伝 3 逆襲の四兄弟ドラゴン
  • 創竜伝 4 四兄弟ドラゴン脱出行
  • 創竜伝 5 蜃気楼都市ミラージュ・シティ【番外編】
  • 創竜伝 6 染血の夢ブラッディ・ドリーム
  • 創竜伝 7 黄土のドラゴン
  • 創竜伝 8 仙境のドラゴン
  • 創竜伝 9 妖世紀のドラゴン
  • 創竜伝 10 大英帝国最後の日
  • 創竜伝 11 銀月王伝奇【番外編】
  • 創竜伝 12 竜王風雲録【番外編】
  • 創竜伝 13 噴火列島
  • 創竜伝 14 月への門
  • 創竜伝 15(2020年発売予定!)

 

たkる
たkる
第14巻の裏表紙にて次巻での完結との情報が・・・!

 

『創竜伝シリーズ』のアニメ化情報

続いては『創竜伝シリーズ』のアニメ化情報です。

アニメ化情報としては1991年~1993年に全12話のOVAとなっています。原作で言うと1~4巻の内容。

かなり古いですが、一応現在でもDVDが購入可能です。

 

『創竜伝シリーズ』の漫画化情報

続いては『創竜伝シリーズ』の漫画化情報です。

漫画としては、以下の2作が出ています。

  • 『創竜伝』(単行本5巻、文庫本2巻)
  • 『水都の四兄弟 創竜伝・外伝』(未完)
たkる
たkる
漫画版はランバート・クラーク 編までで完結となっています。

終わりに

ここまで『創竜伝シリーズ』のあらすじ、読む順番、アニメ化、漫画化情報をまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

10年もの沈黙を破り新刊登場となった作品です。ぜひ復習の上読破してみてください。

ではまた。良い読書ライフを!

同じ著者の別シリーズ

薬師寺涼子の怪奇事件簿シリーズの読む順番!最新刊は『白魔のクリスマス』最近、最新刊『白魔のクリスマス』が発売された田中芳樹さんの『薬師寺涼子の怪奇事件簿シリーズ』の読む順番をまとめていきます。 よろし...
別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?

nicoichi-top「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」

「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番をまとめています。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も知れちゃいます!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認していってはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く