ビジネス書・実用書レビュー

ブロガーも参考になる「ワークマン」のSNS戦略とかマーケティングの話!

作業服のワークマンというショップがありまして、元々は知る人ぞ知る!みたいな渋い店舗だったんです。

それが数年前から割とよく見るようになったなーと思っていたら、ワークマンプラスとして一般向けに売り出し始めて、それが成功したとのこと。

売り方を変えただけで売り上げを2倍にしたというから驚きです。

で、ワークマンに関する本も出ていてその本も読んでみたんですが、戦略が面白い。

特にSNSマーケティングに関して、ブロガーにとっても着目すべき企業だと思ったので、以下にワークマンについて紹介します。

広告

ワークマンとは?ベイシアグループの作業服ショップです。

まずはワークマンについて簡単に解説します。

workman1

ワークマンは群馬の伊勢崎に本拠地を持つ物販チェーン「ベイシアグループ」の作業服ショップです。

原価率65%という他にはない戦略で、高機能ながらも価格は980円〜2980円と激安!他の追随を許さない独自ポジションを築いてきた企業と言えます。

売上高としてはベイシアグループ6事業で約1兆円。最近伸びている企業でもあります。

このワークマン、作業服チェーンとしては圧倒的にポジションを持っていたんですが、それが最近一般向けに売り出してきたというのでその戦略を記した本も出ています。

ワークマン本で学んだSNSマーケティングのコツ!ブロガーにとっても重要だと思う

workman-book

ここからはこのワークマン本で学んだ内容の紹介になるんですが、以下のような施策を打っています。

  • SASUKEのようなファッションショー
  • アンバサダーマーケティング
  • プロレス調の対決マーケティング(対デカトロン)

これらは企業としての施策ではあるものの、それに協力する立場としてのブロガーだったり、個人として商品を売り出していく際にも重要だと感じました。

以下で、詳しく解説します。

SASUKEのようなファッションショー

まず一つ目として異例のファッションショーを企画し、話題を呼んだイベントがあります。

それがSA○UKE風ファッションショーです。

企業的にSASUKEとは言えないみたいで、過酷ファッションショーとかそんなネーミングになったそうなんですが、これの内容はこんな感じ。

暴風雨を再現し、ワークマン商品の機能性を知ってもらう

これが本当にすごかったみたいで、モデルの人とかびしょ濡れで立っているだけでもやっと・・みたいな感じだったそう。

これが話題を呼び、ショー後にテレビ局の人とかも暴風雨を体験してみたい!みたいになったりして想像以上に盛り上がったそうです。

しかも、これ、面白いだけじゃなく、実際にワークマンの商品のPRにもなっているのがポイントで、暴風雨でも大丈夫!みたいなところをちゃんとアピールしつつさらに話題も呼んでいるという点が非常にうまい企画だなと思いました。

たkる
たkる
目的に沿っていて面白いが最強

アンバサダーマーケティング

sns-matom

続いてはアンバサダーマーケティングのうまさです。

アンバサダーマーケティングというのは、インフルエンサーに自社の商品を紹介してもらうという作戦のことを指していて、ワークマンではこれをうまく回している点も特筆できます。

というのも、ワークマンはAmazonや楽天には商品を出しておらず自社ECサイト+リアル店舗の2つでのみ商品を販売しています。(楽天は送料無料化の時に辞めたそうです)

集客の仕方として大手ショッピングモールのパワーを使っていません。

たkる
たkる
にもかかわらず伸びている!

なのでより集客が大事になっていて、ここをインフルエンサーと二人三脚で行なっているという点がすごいです。

ちなみにアンバサダーには報酬を渡していないそうですが、アンバサダーたちとは密に連携し、商品開発から販売戦略まで一緒に考えてやっているとのこと。

(アンバサダーのPV数がどれだけ増えたかについてはワークマンの担当者も計測して一緒に考えてくれる。)

たkる
たkる
金だけじゃないアンバサダーとの繋がりが強い!

ちなみにブロガー的にいうと一応A8.netではアフィリエイトがあります。(利率1%)

あと、バズったブログとコメントのやり取りをして疑問解消を即日したりとかその辺の広報の有能さもすごい!

プロレス調の対決マーケティング(対デカトロン)

3つ目にすごいなと思ったのがプロレス調の対決マーケティングです。

ワークマンはポジションが独自なので、ぶっちゃけライバルがいないそうなんですが、海外のスポーツ用品大手「デカトロン」は何かとベンチマークとしていたそう。

社員が海外に行く際には必ずデカトロンに寄るように!とか言いつけが出るくらいリスペクトしているとのこと。

で、このデカトロンが日本に来るのはあらかじめ読んでいて、完全に競合するわけではないこのデカトロンを、敢えて仮想敵として仕立てて西南戦争っぽいテイストでライバル視したマーケティングをしかけました。

これが成功したそうで、ライバルがいることで話題性が上がり、結果として両者の売り上げがいい感じに伸びたそうです。

たkる
たkる
ブルーオーシャンでも火種を起こすというのが新しいなと思いました。

最後にワークマンのおすすめ主力アイテムを紹介するよ!

こんな感じで、かなりマーケティングがうまいワークマンなんですが、最後にワークマンのおすすめ主力アイテムを紹介します。マジで高機能でびっくりしました。

  • ICEASSIST
  • アスレシューズ
  • 防寒シューズ「ケベックNEO」

放熱率89.8%「ICEASSIST」

まずは夏場に使えるTシャツとしての「ICEASSIST」です。

ice-assist

ワークマン公式サイトより引用

こちらはなんと放熱率が89.8%。これがどのくらいすごいのかは実は分かっていないんですが、多分超涼しい!

アスレシューズシリーズ

続いては安値ながらも耐久性の高い靴であるアスレシューズシリーズです。

asureshoes-light

ワークマン公式サイトより引用

こちらは価格帯によって幾つか種類があり、

  • アスレシューズライト(980円)・・・とにかく軽い
  • アスレシューズNEO(1500円)・・・
  • アスレシューズハイバウンズ(1980円)・・・弾む素材を使っている

といった感じ。980円のアスレシューズライトでフルマラソンを走りきった人のブログとかがバズったりもしたそう!

防寒ソックス「メリノウールソックス」

続いては防寒ソックスの「メリノウールソックス」です。

merinouru-sox

ワークマン公式サイトより引用

こちらはメリノウールというちょっといい羊の毛を100%使っている靴下で、にもかからず値段は580円と破格

本来なら2980円くらいするはずなので超よいみたいで、登山家ブロガーが発見しバズった商品でもあります

この時のやり取りとして、「すごく良い気がする・・」くらいのテンションで投稿したブログに、すかさずワークマン担当者がコメント返信、翌日には疑問解消されたブロガーが、「すごく良いことがわかった!」と再投稿してさらにバズった経緯ありです。

あと防寒シューズの「ケベックNEO」とかもあって、これも人気だそうです。

そんな感じがワークマンでした。

機能性の高いファッションに強い方はぜひワークマンをチェックしてみてはいかがでしょうか。

ではまた。良い読書ライフを!

別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です