小説レビュー

階段島第3巻「汚れた赤を恋と呼ぶんだ」の感想レビュー

階段島シリーズ第3巻「汚れた赤を恋と呼ぶんだ」のレビューをしていきます。

こちらは階段島から一旦離れて現代社会編です。

広告

階段島シリーズ第3巻「汚れた赤を恋と呼ぶんだ」の概要

yogoreta-aka-koi

まずは階段島シリーズ第3巻「汚れた赤を恋と呼ぶんだ」の概要です。

【実写映画化!】階段島シリーズの読む順番!きみの世界に青が鳴るで完結2019年4月25日に最終巻『きみの世界に、青が鳴る』が発売された河野裕さんの小説「階段島シリーズ」。 今日は、この階段島...

こちらでは、階段島に捨て去られた人格の方の話ではなく、階段島に人格の一部を捨てるまでの話と、捨て去った後の残りの人格の話。

現実世界の七草と、魔女を探す安達という少女が、魔女を探して色々と調べたり、実際に魔女に会った人の話を聞いたりしていきます。

 

階段島シリーズ第3巻「汚れた赤を恋と呼ぶんだ」のレビュー【ネタバレあり】

本書は主にストーリー上必要パートという感じで、エンターテイメント性はあんまり高くはないです。

むしろこの巻では、七草も由宇もウダウダしていてらしくない

でもそれこそが階段島に自分の一部を捨てたということなんだという意味で考えると世界観の表現力はすごいと思う。

あとあと聞いてきそうな伏線が多いのでまあやっぱり読んだ方がいい巻なんだろうと感じる。

ネタバレありで第3巻をざっくりいうと、階段島に来るための手順として「引き算の魔女」に出会うための方法を探す安達という少女、そしてその少女と手を組んで捜査を進めていく七草の話と、七草の学校に転校してきた由宇と七草の話で二段構成

安達、七草サイドの話は、階段島OBみたいな人の話を聞いたりとか。

七草、由宇サイドの話でいうと、七草は真辺由宇へのこだわりを捨て、由宇は七草への甘えを捨てる、という賢者の贈り物みたいな展開で2人はそれぞれ階段島に入っていきます。

最後には魔女のひみつにもっとも近い人物も階段島へ乱入してきて、第4巻が荒れそうな予感。

魔女は一人じゃない、というような伏線もありそう。

終わりに

ここまで第3巻「汚れた赤を恋と呼ぶんだ」のあらすじと感想をまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

第1巻、第2巻とは結構テイストが違って、ごちゃごちゃしているのと、全体的に歯切れが悪い展開が続くので、苦手な人はまあ最悪読み飛ばしてもいい巻かなとは思いました。

(伏線とかあるから本当は読んだ方がいいとは思うけど)

挫折しそうな人は上のあらすじだけ見て、第4巻へGOしてみてください。

ではまた。良い読書ライフを!

第3巻↓

第4巻↓

 

『いなくなれ群青』のシュールな名言たち!すれ違いつつ真理を突く表現集河野裕さんの小説『いなくなれ群青』の世界観とかキャラとかちょっとシュールな名言とかを紹介していきます。 よろしくお願いいたします。...
konoshirosaeuso
本レビュー・階段島2巻目『その白さえ嘘だとしても』階段島シリーズ2冊目、『その白さえ嘘だとしても』を読んだので、その感想を書いていきたいと思います。 よろしくお願いいたします。 ...
【実写映画化!】階段島シリーズの読む順番!きみの世界に青が鳴るで完結2019年4月25日に最終巻『きみの世界に、青が鳴る』が発売された河野裕さんの小説「階段島シリーズ」。 今日は、この階段島...
河野裕『さよならの言い方なんて知らない。4』の読む順番!『ウォータビスケットのテーマ』の改題です。 本記事では、河野裕さんの新作『さよならの言い方なんて知らない。』の読む順番と魅力について解説します。 このシリーズは何...
別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です