2.本レビュー系

読書中レビュー・「妖怪にされちゃったモノ事典」を一旦まとめた

大きめの本屋をうろうろしていると、荒俣宏さんの新刊「妖怪にされちゃったモノ事典」という本を発見。

自分は基本的に荒俣宏さんの新刊で辞典系が出ていたら即買うというルールがあるため、裏を見て三千円か地味に高いなとか言いつつも、気がついたら購入していました。

これまでの経験からして、全部読むと情報量が爆発してレビューを書けなくなるため、まだパラパラ見た限りですが、今のうちに一時まとめをしておきます。

広告

荒俣宏さんの新刊「妖怪にされちゃったモノ事典」

まずは荒俣宏さんの新刊「妖怪にされちゃったモノ事典」の概要を紹介していきます。

youkai-saretamono

この本では、主に妖怪の核となるアイデア、例えば枯葉が幽霊に見えた、とかジュゴンが人魚に見えた、とかそういうところの枯葉とかジュゴンとかについて語られる本。

荒俣宏さんは、なんでか色々な分野について知識がやばい方ですが、妖怪は特に専門領域とのことで、雑学的情報のオンパレードになることが期待されます。

ちなみにこれまでにもアラマタ大辞典みたいなタイトルでいくつか事典系が出ていて、それらがマイナー情報が豊富で良かったので、自分は荒俣宏、事典で新刊が出るとまあなんだかんだいって大体買います。

 

ただパッと読んだ感じでは本書は比較的マイルド気味。全然それでも情報量は多すぎるくらいですが、もっとマニアックなのを予想していたからちょっとだけ意外。

とか思いつつ、早速読み始めました!

 

荒俣宏さんの新刊「妖怪にされちゃったモノ事典」で面白かった点

まず読んでみての感想としては、全てが番外編のコラムのようだ、と感じました。

普通の本でも章と章の間にコラムとしてちょっとした雑学とかエピソードみたいなのが挟まることってあるじゃないですか。

この本だと全部がそれです。

つまり、雑学の宝庫

今のところで面白いなと思ったのは、「鬼」の言葉のもとは「いない(存在しない)こと」を表す「穏(おぬ)」という言葉であるということと、ツチノコみたいに足がないトカゲ、あるいは足のある蛇みたいなのは世界ではそんなにレアではないという話

前者については、「じゃあ、鬼ごっこって、実は鬼だと思っていたら逃げている方こそが鬼(おぬ)だったのか?前提が崩れるぞ!」と思ったり、

後者については、「これか!これが最近『ファクトフルネス』で言っていた文化によって常識が違う例なのか!?」と思ってタイムリーさを感じたりしました。

factfullness-top
アップデートを怠った常識はチンパンジーにも劣る『ファクトフルネス』最近本屋に行くと大抵平積みされている『ファクトフルネス』という本。 今日はその本についてレビューをしていきたいと思います。 ...

ちなみに中国にはずんぐりした胴体とめっちゃ短い手足のオオアジタトカゲというのがいて、それが本書で写真があるんですが、まさにツチノコでした。

ただ割とレアな生き物みたいでフリー素材とかなかったので鬼になる方は本書かトカゲ図鑑みたいなので確認ください。

終わりに

ここまでざっくり15分くらい読んだところでの感想をまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

読み進めるにつれて、徐々に情報を付け足していこうかなと思ってます。

荒俣、図鑑、とか荒俣、事典は大体あたりといっても過言ではないので、どこかで見かけたらぜひ読んでみてください。

ではまた。良い読書ライフを!

 

雑学を身に着ける方法とオススメの本!物知りになるには?世界有数の雑学大国の日本。 その雑学の多さは、四季があることが一つの要因といわれており、日本では様々な自然環境についての様々な雑学...

https://nicoichi-read.com/search-book/

別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です