ブログ×ユーチューブ本を読んで学んだこと

ブログ×ユーチューブ本を読んで学んだこと

年末に友人と話して、「これからはYoutubeくらいは嗜みとしてできといた方がいいよー」と言われ、ちょっとYoutubeを学び始めたたkるです。

なんかいい本ないものか、と思って本屋をうろうろしていると、ベストマッチングな1冊を発見。

それがこちら『世界一やさしい ブログ×YouTubeの教科書 1年生』です。

内容としては、半分はブログの作り方についてですが、もう半分は、Youtubeでの動画の作り方とSEOなどについてで、それをどうブログと相乗効果を生み出していくか、というもの。

「あ、求めてたのコレだわ!」

と思い購入して実家で読んでました。

今日は、この『世界一やさしい ブログ×YouTubeの教科書 1年生』での個人的な学びをシェアしていきます。

 

Youtube動画作成に必要なおすすめアイテム

本書を読んでの学びの一つ目としては、最低限用意すべき器具が分かった点。

個人的に欲しいな、と思ったのはスマホ用撮影器具と、動画編集ソフト。

スマホ用撮影器具として、スマートフォンホルダーとか、歩きながらでも手ブレしないスタビライザースティックなどは便利だなと思いました。

また、編集ソフトのおすすめは、vivavideoというのが無料で始められるスマホアプリとしていい感じかなと思いました。

Youtube動画のSEO対策について

2つ目の学びとしては、動画におけるSEO対策について知れたことです。

動画SEOとしては、ブログ同様に、タイトル、説明文に凝っていくのはもちろん、ユーチューブ内での検索に利用されるタグが大切。

また、ブログと動画で相互に行き来するのが理想なので、ブログのURLを説明文に入れるのも忘れるな!とのことで、逆にブログにユーチューブの動画を埋め込むのも忘れずに行い、相乗効果を狙っていきましょう。

マネタイズのコツ!YouTubeアドセンスの条件

Youtubeの商業利用として、マネタイズのポイントはYoutubeアドセンスというGoogleのサービスがメインとなるようです。

これは、ブログに貼るアドセンスと同様だそうですね。

ただYoutubeの場合、条件が厳しくて、

・チャンネル登録1000人以上

・過去12カ月の動画の総再生時間4000時間以上

を満たす必要があります。

一見すると途方もなさそうな条件ですが、ブログとの相乗効果を利用するとちょっと楽になります。

「ブログ読者が多ければ埋め込みが活きてくる!」と本書で書かれているのですが、実際、もし1日の訪問者数1000人のブログページで、3分の動画が流れるとすると、1日当たりの再生時間は、

3/60時間×1000人=50時間/日

となり50時間。80日で条件の4000時間を突破できる計算です。

なるほど!ブログのPV数があるとYoutubeも始めやすいということですね。

終わりに

本書では、「世界一やさしい」と書かれている通り本当に触りの部分を詳しく解説してくれていてわかりやすかったです。

最低限必要な器具としての、動画編集の無料アプリとか、あると便利な自撮り器具とかも紹介されているので、今年はユーチューバー始めようかなという人にオススメの1冊。

特にブログを持っている人や、ブログも併せて始めようと思っている人にはオススメです。