シリーズごと PRあり

大沢在昌「ボディガード・キリ」シリーズの読む順番と新刊情報まとめ

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

大沢在昌「ボディガード・キリ」シリーズの読む順番は「刊行順」がおすすめです。

「ボディガード・キリ」シリーズの読む順番と新刊情報をまとめます。

最新情報

2023年12月15日第3巻『予幻』単行本で発売!

第1巻↓

最新刊(3巻)⇩

created by Rinker
¥2,156
(2024/02/27 19:02:14時点 Amazon調べ-詳細)

広告

大沢在昌「ボディガード・キリ」シリーズとは?

まずは概要です。

タイトル 「ボディガード・キリ」シリーズ
作者 大沢在昌
出版社 徳間文庫
既刊 3(2023/12に最新刊発売)
メディア化 なし

作者の大沢在昌は新宿鮫シリーズ狩人シリーズなどで知られるハードボイルド系に強い作家さんですね。

今作は、凄腕のボディーガード・キリを主人公にした物語!

ファンによる評価は以下の通り!

□総合評価

0.0
Rated 0.0 out of 5
星5つ中の0.0(0人のレビュー)
とても良い0%
良い0%
普通0%
イマイチ0%
つまらなかった0%

 

みんなのコメント!

まだレビューがありません。あなたの意見をぜひ聞かせてください。

 

シリーズのレビューをお願いします!!




 

「ボディガード・キリ」シリーズの読む順番と新刊情報まとめ

続いては読む順番です。

現在の刊行情報は以下の通り。

◆「ボディガード・キリ」の読む順番

  1. 獣眼
  2. 爆身
  3. 予幻

※タイトルを押すと該当部分まで飛べます。

では、それぞれを見ていきましょう。

 

1.獣眼

まずはシリーズ第1巻の『獣眼』です。

あらすじは以下の通り。

素性不明の腕利きボディガード・キリのもとに仕事の依頼が舞い込んだ。対象は森野さやかという十七歳の少女。ミッションは、昼夜を問わず一週間、彼女を完全警護すること。さやかには人の過去を見抜き、未来を予知する特別な能力が開花する可能性があるという。「神眼」と呼ばれるその驚異的な能力の継承者は、何者かに命を狙われていた。そしてさやかの父・河田俊也が銃殺された――。

 

2.爆身

続いてはシリーズ第2巻の『爆身 』です。

created by Rinker
¥950
(2024/02/27 19:02:14時点 Amazon調べ-詳細)

あらすじは以下の通り。

本名、年齢不詳。凄腕のボディガード・キリ。依頼人との打ち合わせ場所に指定されたホテルに到着した途端、ホテルが爆発した! しかも爆死したのは依頼人のトマス・リー。ニュージーランド在住のフィッシングガイドだが、その正体は増本貢介という日本人だった。リーにキリを紹介した大物フィクサー・睦月の話では、増本は生前「自分は呪われている」と話していたという。増本は呪い殺されたのか!? キリは睦月から事件の調査を依頼される……。

 

3.予幻

続いてはシリーズ第3巻の『予幻』です。

2023年12月15日に単行本で発売!

created by Rinker
¥2,156
(2024/02/27 19:02:14時点 Amazon調べ-詳細)

あらすじは以下の通り。

対象:岡崎紅火(べにか)、女子大学院生。
世界の未来を握る娘を護れ!
本名、年齢不詳のボディガード・キリの熾烈な闘い

 

owarini

簡単ですがボディガード・キリシリーズの解説でした。

ぜひ読んでみてください。

ではまた。良い読書ライフを!

◆同じ著者の別シリーズ!

sinjyukusame-order
【2022年最新は黒石】大沢在昌「新宿鮫シリーズ」の原作小説読む順番と新刊情報まとめ2021年に8年ぶりの最新刊が発売された大沢在昌さんのハードボイルド小説「新宿鮫シリーズ」。 本来チームで動くはずの警察の捜査班で...
kariudo-top
大沢在昌「狩人シリーズ」の読む順番と続編まとめ!北→砂→黒→雨→冬と続きます。 本記事は大沢在昌さんの「狩人シリーズ」の続編、読む順番をまとめる内容です。 お疲れ様です、シリーズ本に詳しい本好きのた...
別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

シリーズ本をまとめる本好き
たkる
たkると申します。大学生のとき読書に目覚めてそれからは年100~300冊くらい読んでます。 読書傾向は乱読で、本を買っては読み、読んでは書き、を繰り返しています。 本サイトではシリーズものの小説や読書グッズのおすすめをメインに紹介していきますのでよろしくお願いいたします。
\ Follow me /
関連コンテンツ(広告あり)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA